Keyboard ALT + g to toggle grid overlay

Wiretap デベロッパー センター

Autodesk® Wiretap™ は、クロスプラットフォームのクライアント/サーバ アクセス プロトコルであり、クライアント システムは Autodesk Inferno®、Autodesk Flame®、Autodesk Flint®、Autodesk Fire®、Autodesk Smoke®、Autodesk Conform® などの高度なシステム アプリケーションのメディアとメタデータの参照、読み取り、書き込みをリモートで実行できます。Wiretap SDK には、メディアとメタデータにリモート アクセスするための、クライアント側プログラミング インタフェースが備わっています。

 

クライアント API はソフトウェア開発キット(SDK)としてパッケージ化されており、開発者は施設内のリモート Wiretap サーバとやり取りするスタンドアロン アプリケーションを作成できます。これを使用することにより、Wiretap サーバのすべての機能にアクセスしながら、C++ または Python™ でクライアント アプリケーションを開発できます。この SDK は、Windows®、Mac®、Linux® のプラットフォームをサポートしています。最新リリースでは Fire は使用できなくなりましたが、Wiretap は旧バージョンの Autodesk アプリケーションとの下位互換性を保持しています。

Wiretap SDK

Wiretap SDK を使用すると、Wiretap クライアントを作成できます。この Wiretap クライアントは、Wiretap クライアント API を使用して Wiretap サーバと通信するプログラムです。Wiretap クライアントは、デスクトップ アプリケーションまたは Web アプリケーション、別のアプリケーションのプラグイン、Python モジュール、バッチ ファイルのいずれかの形式で作成できます。通常、特定の Wiretap クライアントは、特定の Wiretap サーバ実装(IFFFS Wiretap サーバや Backburner Wiretap サーバなど)と通信します。

  • コマンド ライン ツール

    API の動作が即座にわかるため、コマンド ライン ツールの使用をすべてのユーザにお勧めします。Wiretap Client SDK の tools フォルダには、コマンドラインから実行できる実行可能プログラムが多数用意されています。これらは、API の機能を把握するのに便利です。

  • C++ クラスとライブラリ

    経験豊富な C++ 開発者は、これらのクラスを使用して独自の Wiretap クライアントをプログラミングできます。Wiretap Client SDK には、Windows、Linux、Mac OSX などのさまざまな OS 向けのクライアント アプリケーションを作成できる .h/.lib ファイルが付属しています。

  • Python モジュールをベースに使用すると、コンパイルなしですぐに実行できるスクリプトを作成できます。利用者が多く、使いやすい Python スクリプト言語をサポートしているため、製作施設では Autodesk Wiretap を製作工程に簡単に統合できます。

SDK を使用する

  • 登録後、Autodesk Wiretap ライセンス契約の内容を確認のうえ、ダウンロードしてください。Wiretap SDK と Python(多数のコード サンプルを含む)もご利用いただけます。

  • Wiretap SDK 開発者用ガイドは、SDK の利用方法を学ぶ際に役立つガイドです。

  • Flame フォーラムの Wiretap に関する SDK ディスカッションにご参加ください。注: 件名にプログラミング言語を入れてください(C++ や Python など)。これにより、投稿をスムーズに処理できるようになります。