よくある質問(FAQ)

ソフトウェアの不正コピー

ソフトウェアの不正コピーとは何ですか?

ソフトウェアの不正コピーとは、次のような著作権侵害行為によって不正に使用されるソフトウェアです。 

  • ソフトウェアの改変、改ざん
  • キーやアカウントのコピー、販売
  • ライセンス利用規約に違反する使用(例:ソフトウェアがコピーされ、ライセンスで許可される以上の台数のコンピューターで使用されているなど) 

ソフトウェアの不正コピーを使用すると、企業やユーザーがマルウェアなどのセキュリティ脅威にさらされ、業務効率の低下につながる可能性があります。法的な使用許諾を受けた正規のオートデスク ソフトウェアのみが、オートデスクの保証やサポートの対象となり、最新機能やセキュリティ更新プログラム、前バージョンの利用なども可能となります。

不正ソフトウェアを使用するとどのようなリスクがありますか?

不正ソフトウェアを使用すると、個人および組織にリスクがもたらされます。不正ソフトウェアの多くは改変され、悪意のあるコードが組み込まれている可能性があり、次のような問題を引き起こすおそれがあります。 

  • データや業務ファイルを破損または漏洩させるマルウェアにさらされるリスクが増す 
  • ソフトウェアの誤作動や不具合によって、設計・プロセス・製品・構造などの安全性・品質・整合性が損なわれる可能性が増す 
  • カスタマー サポート、更新プログラム、技術文書などへのアクセスが制限される

不正ソフトウェアを使用した場合、お客様およびお客様の会社が著作権侵害などで訴えられ、民事罰および刑事罰が科される可能性もあります。 

正規のオートデスク ソフトウェアとは何ですか?

正規のオートデスク ソフトウェアとは、オートデスクまたはオートデスク認定販売パートナーから直接購入された、法的な使用許諾を受けるソフトウェアです。製品ドキュメントやオートデスクの利用規約に記載されるとおりに動作します。不正ソフトウェアによくある脆弱性の心配はありません。

不正ソフトウェアを持っている場合、どうすればよいですか?

不正ソフトウェアをアンインストールし、正規のソフトウェアをオートデスクまたはオートデスク認定販売パートナーから直接購入することをお勧めします。不正ソフトウェアの販売者に関する情報をお持ちの場合は、オートデスクに報告してください。オートデスクが対処いたします。

私はなぜ、不正なソフトウェアを使用してしまったのでしょうか?

残念ながら、不正ソフトウェアとは知らずに購入してしまうケースはよくあります。認定を受けていない販売者が認定販売パートナーを装って不正ソフトウェアを極端な低価格で販売するケースがよく見られるほか、不正ソフトウェアがコンピュータ ハードウェアと組み合わせて販売される場合もあります。オートデスク ソフトウェアは、必ずオートデスク公式オンライン ストアまたはオートデスク認定販売パートナーからご購入ください。

不正なオートデスク ソフトウェアの使用には法的なリスクがありますか?

不正ソフトウェアの使用は著作権侵害行為であり、民事罰および刑事罰が科される可能性があります。オートデスクの利用規約は、適用されるすべての法律に準拠してオートデスク ソフトウェアを使用することをすべてのお客様に求めるとともに、不正に使用、アクセス、または複製することを禁じています。

使用しているソフトウェアが正規品かどうかは、どうすれば判別できますか?この点についてオートデスクはどのようなサポートを提供していますか?

個人および組織がソフトウェアの状態を確認する方法はいくつかあります。ソフトウェア管理の手法を実践することで、使用中のライセンスを確認し、把握することができます。また、オートデスクは不正なソフトウェアを検出した場合にユーザーに通知するほか、オートデスク利用規約に従って監査を実施することがあります。

教職員と学生用の教育用オートデスク ソフトウェアを営利目的で使用することはできますか?

いいえ。オートデスクの教育機関限定ライセンスを商用・業務用、商用トレーニングなどの営利目的で使用することはできません。教職員・学生用のオートデスク教育機関限定ライセンスを営利目的で使用している場合は、www.autodesk.co.jp/products にアクセスして、適切な製品の購入オプションをご確認ください。

オートデスク ソフトウェアの不正使用が疑われるケースを報告するには、どうすればよいですか?

こちらから匿名でご報告ください。

よくある質問(FAQ)をさらに表示

監査(ソフトウェア ライセンス レビュー)

オートデスクは、監査(ソフトウェア ライセンス レビュー)の実施時期をどのように決定しますか?

オートデスクは毎年一定数のサブスクリプション ユーザーにご連絡し、オートデスク利用規約に準拠していることを確認します。監査(ソフトウェア ライセンス レビュー)は、お客様がオートデスク サブスクリプションの利用状況を評価し、最適化するうえでも役立ちます。監査(ソフトウェア ライセンス レビュー)の対象となるお客様は、サブスクリプションの登録情報やアクティベーション情報などのさまざまな基準に基づいて選ばれます。

監査(ソフトウェア ライセンス レビュー)の対象に選ばれると、どのような方法で通知されますか?

監査(ソフトウェア ライセンス レビュー)の対象に選ばれたお客様には、オートデスクからご連絡を差し上げます。対象として選ばれたお客様には、最初の調査から問題解決までの全プロセスにご協力いただきます。

Autodesk Inventory Tool とは何ですか?

Autodesk Inventory Tool(AIT)とは、お客様のデバイスをスキャンし、インストールおよび使用されているすべてのオートデスク製品のインベントリを作成するための公認ツールです。

AIT の実行に必要な動作環境を教えてください。

AIT は、Microsoft .NET Framework v4.5.2 以降がインストールされた Windows マシンで動作します。Microsoft WMI (Windows Management Instrumentation) を使用して Windows デバイスと通信し、インベントリ データを収集します。 


AIT を実行する際には、デバイスの認証情報と、スキャンする各 Windows デバイスへのネットワーク アクセス、WMI をクエリするための権限が必要となります。Windows ファイアウォールは、WMI 通信または SMB 通信を許可するように設定する必要があります。  AIT は、各デバイス上で実行するように環境設定することもできます。また、Microsoft System Center などのインベントリ ツールを使用して自動化することもできます。 

AIT はどのような情報を収集しますか?

AIT は、Windows デバイスから次の情報を収集します。  

  • デバイスのハードウェアと環境設定 
  • Windows オペレーティング システム
  • インストールされているオートデスク ソフトウェア(インストールされている MSI)
  • オートデスク ソフトウェアのインストール/アンインストール ログ
  • オートデスク ソフトウェアのライセンス データ
  • オートデスク ソフトウェアで最後に使用されたデータ 

AIT が効果的なツールである理由は何ですか?

  • 現在のシステムで把握されていない資産を迅速にスキャンできるオプション 
  • エージェントレス型のソリューション 
  • オートデスク製品のライセンス情報を識別できない現在のシステムを強化
  • ネットワークへの影響を最小限に抑えつつ迅速に結果を取得するための詳細な環境設定
  • 永続的なスキャンまたは 1 回きりのスキャンのオプションを選択し、完全に自動化可能
  • 追加のデータベース要件が不要
  • オンプレミス型のソリューション
  • すべての結果は、オートデスクに送信する前にプレーン テキスト形式で確認可能 
よくある質問(FAQ)をさらに表示

ソフトウェアの管理

オートデスク ソフトウェア資産を管理するメリットは何ですか?

企業はソフトウェア管理をスマートに行うことで、複雑なライセンスを管理し、コンプライアンス違反を防ぐことができます。また、ライセンス数の過不足を把握することで、コスト節減にもつながります。ソフトウェア管理の目的は、コンプライアンス違反の回避だけではありません。データや業務を保護し、生産性を強化し、スマートなビジネスをサポートするうえでも役立ちます。

ソフトウェア管理方法におけるよくある間違いには、どのようなものがありますか?

  • ソフトウェア ライセンス契約/利用規約はすべて同じだと考える
  • 従業員が不正なソフトウェアをダウンロードする
  • コンピューターをクリーンアップしないまま再利用する
  • ログイン認証情報を共有する
  • ユーザー/部署ごとにソフトウェアを購入する

オートデスクはソフトウェア資産管理のサポートを提供しますか?

はい。詳細については、「ソフトウェアの管理」をご覧ください。また、効果的なソフトウェア管理戦略について、サポート担当者にご相談いただくこともできます。