オートデスク正規品ライセンス

ソフトウェア資産を管理するには

SAM の概要

ソフトウェア資産管理(SAM)とは、組織内のソフトウェア資産のライフサイクルを管理する取り組みです。

SAM の取り組みを的確に行うと、企業は複雑なライセンスを管理し、コンプライアンス違反を防ぐことができます。また、ライセンス数の過不足を把握することで、コスト節減にもつながります。

SAM の目的は、コンプライアンス違反を回避することだけではありません。データや作品の保護、生産性の強化、およびスマートなビジネスをサポートします。

企業における SAM の役割

コストの管理

ソフトウェア資産をニーズに適合させ、活用されていないライセンスの解約や再割り当てを行うことができます。

リスクの軽減

不正サイトからのダウンロードを防ぐことで、コンピュータがマルウェアに感染するリスクが低減します。

SAM の 3 つのステップ

  • 1)ポリシーと手順を作成する

    ソフトウェア管理の責任を明確にするために、ポリシーと手順を整備します。例として、ソフトウェア購入を一元化するプロセスや、ソフトウェアの使用に関する会社の方針声明などを盛り込みます。

  • 2)インストール済みソフトウェアを監査する

    ソフトウェア資産を調べて一覧を作成し、それを利用規約で許諾されている内容と照合して、ライセンスに準拠しているかどうかを判断します。これにより、古いソフトウェアや不必要なソフトウェアを見分けることもできます。

  • 3)定期監査のスケジュールを立てる

    事業が変化したり拡大したりしてもコンプライアンスを維持できるよう、定期的な内部監査のスケジュールを立てます。

ソフトウェアの管理に関する詳細情報

The Software Alliance(BSA)が SAM のベスト プラクティスと業界標準をまとめました。スマートなソフトウェア管理を今すぐ開始しましょう。

${RESELLERNAME}に紹介されたお客様へ

お客様の同意書

私は、オートデスクが私の氏名、メール アドレスを ${RESELLERNAME} と共有し、${RESELLERNAME} が製品インストールに関するサポートを提供し、マーケティング情報を配信するためにこの情報を使用することに同意します。この情報は、${RESELLERNAME} のプライバシー ステートメントに従って取り扱われることを了承します。

電子メール アドレスが必要です 入力された電子メール アドレスが無効です

${RESELLERNAME}