Keyboard ALT + g to toggle grid overlay

すべての設計者が使用すべき 4 つのシミュレーション方法

オートデスク

製品性能

長い間シミュレーションの妨げとなっていたのは、時間がかかり過ぎること、そして簡単に使用できないことでした。適切な条件を評価し、結果を解釈して、設計変更に正確に適用するために、シミュレーションにはエンジニアリングの専門知識が求められます。また、ソフトウェアを正しく操作するには一定レベルの専門性も必要で、押 すべきボタン、選択すべきオプション、モデルのセットアップに必要な準備すべてを知っていなければなりませんでした。

エンジニアリングの専門知識の必要性を減らすためにできること(またはすべきこと)はあまりありませんが、多くのシミュレーション製品のユーザーエクスペリエンスは向上しており、今は専門家でなくてもソフトウェアを使用できます。また、新しいハードウェアやクラウドコンピューティングを活用するために、多くの解析はマルチスレッド化され、以前のような障壁は解消され始めています。

また、シミュレーションはさまざまな場合に使用できます。設計プロセスの初期段階では、方向性の指針を提供するためにシミュレーションを使用し、潜在的な問題を警告したり、正しい道筋に向かっていることを確認できます。さらに進んだ段階では、要件がしっかりと満たされ、製品が仕様通りに機能することを裏付ける正確かつ明確な結果を得るために、専門のアナリストが完全なアセンブリに対する複雑なシミュレーションを設定する必要があるかもしれません。

データ収集に役立つさまざまなタイプの解析があり、情報に基づく意思決定を行いながら製品を設計していくことができます。以下のセクションでは、その中の 4 種類の解析、その解析から期待される結果、そこから得られた情報を設計に役立てる方法について説明していきます。