Asset 12 Asset 10 Asset 15 Asset 15 - - - - autodesk_icon_font_04_06_16_kl Asset 11 autodesk_icon_font_04_06_16_kl autodesk_icon_font_1_18_17_start_over-01

Keyboard ALT + g to toggle grid overlay

現代の設計者のための IoT 基礎

オートデスク

設計の未来

モノのインターネット(IoT)は、宣伝文句としてよく使用され聞き飽きた言葉のようにも思われますが、機械設計者に実際の利益をもたらします。IoT には、設計者がより優れた、よりスマートな製品を設計できる大きな可能性が秘められています。IoT によって、リアルな製品性能および新製品の能力をしっかりと考察できるようになり、モノの設計方法、製造方法、使用方法が変わります。

つながり合った製品のネットワークはますます広がり、機械設計者には新しいスキルが必要になります。スマート製品を設計するために、設計者はデジタルの側面と機械的側面をシームレスに統合する方法、および将来の設計に生かすためにビッグデータを利用する方法を学ばなくてはなりません。こうしたスキルは、設計者にとって、特に閉ループ設計プロセスや顧客価値の強化の可能性といった大きなメリットになります。IoT によって、設計者は設計した製品をライフサイクル全体を通じて追跡することができます。これにより、自分の設計が現実世界でどのように動作するかを把握することが可能になり、将来的にはより生産性と効率性に優れた製品を市場に投入できるようになります。クラウド、IoT プラットフォーム、スマート製品コンポーネント、ビッグデータを利用することで、産業革命の行方を操るのは設計者です。IoT は、設計者が価値のある考察を得て、最終的に設計を向上するために必要なテクノロジーとなり得ます。

この電子書籍をダウンロードして現代の機械設計者がIoT を実装する上でどのような製品設計や留意点があるのか考察していますのでぜひご一読ください。