2023 State of
Design & Make
by Autodesk

デジタル トランスフォーメーション(DX)で、ビジネス レジリエンス、持続可能性、人材管理を促進できます。各業界のビジネス リーダーから収集したインサイトをご覧ください。

ビジネス リーダー向けの、明確で実用的なインサイト

『State of Design & Make』は、オートデスクとイプソスが提携し、本年より毎年作成が行われる調査年鑑です 場所やオブジェクト、エクスペリエンスなどをデザイン・設計し、製造、建設、創造する“Design & Make” 業界の最新動向を世界的に調査しました。

2023 State of Design & Make

79%

が「自社の将来的な成長はデジタル ツールにかかっている」と回答


2/3 社

3 社のうち 2 社が「スキルのある人材を見つけるのに苦労している」と回答


8/10 人

10 人のうち 8 人のビジネス リーダーが「持続可能性への取り組みはビジネスにメリットをもたらす」と回答



調査内容を詳しく見る

将来に備えてデジタル成熟度を高める

デジタル テクノロジーやプロセスに投資した企業は、レジリエンスの向上や確実な成長を実現しています。

 

適切な人材の獲得がますます困難に

企業は必要なスキルを持たない人材を雇用し、そのトレーニングに投資するようになっています。

 

持続可能性を通じたビジネス機会

持続可能性の取り組みを求める顧客の声が、企業を後押しする推進力となっています。

 

2023 State of Design & Make

自社が次の時代へ備えるには?デジタルで設計、フィジカルで納品を行う業界に関するグローバルなデータとエキスパートによるインサイトを、こちらから入手してください。