Keyboard ALT + g to toggle grid overlay

IoT (モノのインターネット) とは?

IoT とは、インターネットに接続され、データの収集や交換を行える機器のネットワークを指しています。

新たな「創造の未来」においては、組み上げられた物体や製品にセンサーを埋め込み、その情報をデザインのプロセスへフィードバック可能。コネクトされたスマートな製品はクラウドと組み合わされることで、離れた場所にあり、以前はメーカーには見ることのできなかったデータのキャプチャーや分析、コントロール、マネージメントが実現します。メーカーは IoT クラウド サービスにより、製品に閉じ込められていた価値を解放し、革新的なサービスと収入オプションによりマネタイズが可能です。

IoT の経済価値は 2025 年までに最大で年間 11 兆ドルになると予測されており、その最大の牽引役がインダストリアル・インターネットです。

データの収集は容易でも、重要なのは、その意味するところを読み取ること。

IoT はデータ収集の、従来は見ることの無かった次元を露わにして、膨大かつ広大でダイナミックなデータセットを生み出します。新たなデータ分析テクノロジーとの組み合わせにより、メーカーへ製品やプロセス、サービスを向上させられる、現実にもとづいた継続的な知性を提供。メーカーは IoT インフラを構築する前に、そのデータのビジネス的な価値を確認する必要があります。

IoT が実現する新たなビジネス モデルの誕生

私たちは現在、産業革命以来の最大級の変化の渦中にいます。このディスラプションの中心が IoT です。コネクトされたスマートな製品は、顧客が製品やサービスをどう活用しているのかの、素晴らしい洞察を提供。この新たな理解と、メーカーが持つ深い製品知識との組み合わせによってビジネスモデルが急速に発展し、競争利益を生み出します。メーカーは IoT から収集したデータを、コストの低下や停止時間の削減、将来的なデザインの向上、さらにはインターネット経由による機器への新機能の提供などに活用可能。進歩的なメーカーは IoT によりビジネス モデルを、製品の一度限りの販売から継続的な PaaS の提供へと変容させています。

インダストリアル IoT は 2020 年までに世界の GDP の 16% を包含します。

産業用途向け IoT

IoT のメリットは魅力的ですが、そうしたメリットを提供する新進のテクノロジー群、確立されたテクノロジー群の両方をマスターすることは困難です。「創造の未来」においては、製品を簡単にコネクトする能力が重要です。そうした複雑なチャレンジへの対応をサポートするため、オートデスクは Fusion Connect という新たなソリューションを発表しました (日本国内での提供は未定)。このコーディング不要の IoT クラウド サービスにより、メーカーは製品のコネクトや分析、マネージメントをプログラマー チーム無しに実現。Fusion Connect はビジネスの成長に寄り添える、低価格なソリューションになっています。