• 日本

    現地通貨での販売価格、キャンペーンやイベント情報、オンラインによる購入、などをご覧いただくために、お住まいの国のサイトにリダイレクトします

    Stay on our U.S. site

Keyboard ALT + g to toggle grid overlay

2019 年 12 月 19 日

Autodesk と欧エアバス 、ジェネレーティブ デザインがものづくりと建築にもたらすインパクト

航空機製造大手のエアバスは、ラスベガスのサンズ・コンベンション・センターで 2019 年 11 月 19 日(火)~ 21日(木)に開催された「Autodesk University」において、ジェネレーティブ デザインを活用していかにエンジニアリング、アーキテクチャ、ならびにシステム分野での複雑な課題に対処しているのか詳細を明らかにしました。

 

性能および安全性の基準を上回る、より軽量な航空機用コンポーネントの開発と、より効率的で経済性の高いビジネスが可能となると共に、従業員のニーズへの優れた対応や、航空機による移動が環境にもたらす悪影響も抑えることができるようになります。

 

エアバスは、さらに航空機用部品を製造するための工程と空間の改善にも着手しています。従業員の労働条件の改善と生産性の向上を容易に達成できるように合理化された物流を実現する、適応性の高い DGNB および LEED 認定工場のレイアウト構築のために、ジェネレーティブ デザインの採用が検討されています。

 

〔エアバス製造工場〕

 

2015 年に、エアバスはバイオニック パーティションの開発において、ジェネレーティブ デザインの概念実証を初めて行いました。先進的なデザイン・設計と製造工程を採用したことで、従来の工程よりも構造をより強固に、かつ軽量化することが可能になります。バイオニック パーテーションは、乗客の座席と乗務員のキッチンを隔てる壁となるため、キャビンアテンダント用のジャンプシートも支えるようになっています。

 

〔バイオニック パーティションの配置を検証〕

 

この新しい設計アプローチを A320 の航空機の在庫において展開すれば、年間 50 万メートルトン近くに及ぶ CO2 の排出量を削減できると予測されています。

 

エアバスは、バイオニック パーティション 2.0 の開発にも着手しています。3D プリントしたプラスティック製の型を使い、航空機への応用性が実証されている合金で鋳造することができるため、従来品と同程度の強度と軽量性および低価格化を実現することができます。

 

さらにジェネレーティブ デザインを活用して、 A320 の垂直尾翼(VTP)の前縁を含む、他の構造的な航空機用コンポーネントの見直しを図っています。航空機の VTP (垂直安定板)は、方向安定性をもたらし、左右方向の動きに起因する空気力学的な非効率性を低減することを目的としています。

 

〔ジェネレーティブ デザインによって 3D プリントされた垂直尾翼〕

 

エアバスは自社工場の建築設計、レイアウト、およびワークフローにジェネレーティブ デザインの活用を検討しています。様々な工具が必要とされる A350 の翼の組立ラインに合わせて、工具の場所と移動経路を最適に配置し、混雑や障害を最小限に抑えて工場の構成をいかに行うことができるのか検証を行っています。これにより、物流をより効率化し、より充実した労働力を擁してエンジンの組立をより迅速に行うことが可能になります。ジェネレーティブ デザインを活用することにより、型破りな占有面積を持つより大きな建物または、より小さな矩形の占有面積に収まるように最適化された工場を実現することができます。

 

〔エアバス組立工場イメージデザイン〕

 

関連記事