Keyboard ALT + g to toggle grid overlay

2020 年 10 月 15 日

都市デジタルツインの実装に向けた
データプラットフォームを整備
~ 2 社による協業プロジェクトが始動~

清水建設株式会社(本社:東京都中央区/代表取締役社長:井上 和幸)とオートデスク株式会社(本社:東京都中央区/代表取締役社長:織田 浩義)は、スマートシティのキーとなる都市デジタルツインの社会実装に向け、その基盤・データプラットフォームを整備する協業プロジェクトを始動させます。

都市デジタルツインとは、フィジカル(現実)空間とサイバー(仮想)空間の双方に建物と街を構築し同期させることを意味します。フィジカル空間でセンシングしたリアルタイムデータをサイバー空間でシミュレーションし、実空間にフィードバックしアップデートすることで、より QOL の高い街づくりが可能になります。

協業の第一弾は、清水建設の不動産開発案件である豊洲 6 丁目プロジェクトの周辺エリアを対象とする都市デジタルツインの構築です。 BIM 活用や建物・都市のスマート化に取り組む建設会社の知見と建設ICT企業の先進的なテクノロジーを融合し、国内で初めてオートデスクのクラウドサービスを活用した都市デジタルツインのデータプラットフォームを整備します。清水建設はそのプラットフォーム上に建物・インフラの BIM・CIM モデル、広域地形モデル、シミュレーションデータを統合した豊洲 6 丁目プロジェクトのサイバー空間を構築し、人流・物流・交通・防災機能の最適化を図る課題解決型のスマートシティ事業を推進します。

清水建設は今後、データプラットフォームとそのオープンな開発環境をスタートアップ企業等に提供するとともに、豊洲エリアにおけるスマートシティ化のノウハウを全国の都市開発提案に展開することで、ビジネスチャンスを拡大します。さらには、企画設計段階の各種シミュレーションや施工段階のプロジェクト管理、竣工後の運営管理にも「都市デジタルツイン」のプラットフォームを活用し、デジタルゼネコンのトップランナーを目指します。

また、オートデスクは、情報やクラウド、モバイル、ビッグデータなどのプラットフォームテクノロジーや IoT を、製造、建築・土木、メディア&エンターテインメント業界など、広範囲に及ぶ分野の企業や組織・ビジネスモデルと組み合わせ、事業拡大のための新たな手法の創造、プロセスや業界の動きを変革する新しいビジネスデザインを支援します。

ゼネコンの持つノウハウを生かして、「リアル空間」」のみならず、 ICT を使ってインフラを含む「デジタル空間」を創造する組織。

  • 仮称)豊洲六丁目 4-2・3 街区プロジェクトの計画概要

  • 都市デジタルツインプラットフォーム

  • 都市デジタルツイン