Keyboard ALT + g to toggle grid overlay

オートデスク、VFX ソフトウェアの最新版 Flame® 20th Anniversary Edition を 10 月より 提供開始

Banner image credits

~ エフェクト、オーディオ、エディトリアル、コンフォーム、グレーディングなどの機能統合を強化 ~

オートデスク株式会社(本社:東京都中央区、社長:ルイス・グレスパン)は、ビジュアルエフェクト、エディトリアル、リアルタイム カラーグレーディング用ソフトウェア、Autodesk® Flame® Premium 2013 の最新版の一部となる「Flame 20th Anniversary Edition(フレイム 20 周年記念エディション)」を本年 10 月より製品サポート「Autodesk Subscription」契約者向けに提供開始します。

最新版では、複雑なタスク実行の性能向上、新しいクリエイティブ ワークスペースの採用、エディトリアル タイムラインの統合、GPU パイプライン強化などの機能強化を行い、制作作業を効率的かつ集中して行えるように環境を整備しました。また、RAW フォーマットを ACES 準拠カラースペースに適用するために必要なカラートランスフォームを使用して、16-bit、4K 映像対応のソニーF65 デジタル シネマ カメラフォーマットをネイティブでサポートします。

最新版の主な特長

  • 新しいクリエイティブワークスペース
    • 主要なポストプロダクション ツールをクリエイティブ環境に統合し、
    エディトリアル タイムライン全体を Flame Desktop、Batch、Action 
    と密接に連携
    • ワークフローを新たに設計し直し、メディアへのアクセスを向上
    • タスクに基づくワークフローにより、主要なフィニッシング タスクやクリエ
    イティブ ツールにワンクリックでアクセス可能   
  • 統合されたエディトリアルとエフェクトのタイムライン
    • タイムライン内のコンテキストでの作業を効率的に行えるように、タイム
    ラインのデザインを変更。これにより、タイムラインの新規構築や、
    オフラインカットの適合をデスクトップ上で行うことが可能
  • 強化された GPU パイプライン
    • GPU/CPU プロセッシング パイプラインを再設計し、より早いコンポ
    ジッティングと、Batch と Action におけるビジュアル エフェクトの開発
    を実現

Autodesk Flame Premium 紹介サイト

以上

◆ 報道関係者問い合わせ窓口