Keyboard ALT + g to toggle grid overlay

機能

メモリ効率の高い、スケーラブルなレイトレーサ

レイトレーシング レンダリング ソフトウェアの Arnold は、複雑なシーンを短時間で簡単にレンダリングする際に威力を発揮します。

  • サブサーフェス スキャッタリング

    レイトレーシング ベースの高性能なサブサーフェス スキャッタリングが、ポイント クラウドの調整を過去のものにします。

  • ヘアとファー

    カーブ プリミティブの効率的なレイトレースにより、わずかなメモリで複雑なヘアとファーをレンダリングできます。

  • モーション ブラー

    3D モーション ブラーは、シャドウ、ボリューム、間接照明、反射、屈折と正しく相互作用します。変形に対するモーション ブラーと回転モーションもサポートされています。

  • ボリューム

    Arnold のボリューム レンダリング システムで、煙、雲、霧、火砕流、炎などのエフェクトをレンダリングできます。

  • インスタンス

    Arnold は、変形やマテリアル オーバーライドのある数多くのシーン オブジェクトのインスタンスを効率的にレイトレースします。

  • サブディビジョンとディスプレイスメント

    Arnold は、Catmull-Clark サブディビジョン サーフェスをサポートしています。

  • OSL のサポート

    Arnold が、グローバル イルミネーション レンダラーのための高度なシェーディング言語である Open Shading Language(OSL)をサポートするようになりました。

  • ライト パス エクスプレッション

    AOV(任意の出力変数)を作成できる強力で柔軟性の高いライト パス エクスプレッションにより、制作のニーズに応えることができます。

  • 新機能

    アダプティブ サンプリング

    アダプティブ サンプリングの新しい手法で画像を調整することによって、完成品の品質を損なうことなくレンダリング時間を短縮できます。

  • 新機能

    トゥーン シェーダ

    ノンフォトリアリスティック ソリューションには高度なトゥーン シェーダが含まれており、輪郭フィルタと組み合わせて使用できます。

  • 新機能

    デノイズ

    Arnold に搭載されている 2 種類のデノイズ ソリューションにより、低品質のサンプリング設定を使用できるため、柔軟性がさらに向上します。

  • 新機能

    マテリアルの割り当てとオーバーライド

    オペレータにより、レンダリング時にシーンのどの部分でもオーバーライドでき、MaterialX などオープン標準のフレームワークがサポートされるようになりました。

  • 新機能 | Alembic プロシージャル

    Alembic プロシージャルにネイティブ対応したことで、Alembic ファイルを変換せずに直接レンダリングできるようになりました。

  • 新機能 | プロファイル API と構造化された統計情報

    広範なツールセットにより、パフォーマンスの問題を簡単に特定したり、レンダリング プロセスを最適化できます。

  • 標準サーフェス シェーダ

    省エネ型で強力な物理ベース シェーダが、さまざまなマテリアルや外観の作成に役立ちます。

  • 標準ヘア シェーダ

    ヘアとファーのレンダリング用に設計された物理ベース シェーダで、鏡面反射光の場合は d'Eon モデル、拡散反射光の場合は Zinke モデルが使用されます。

  • 柔軟性と拡張性に優れる API

    Arnold を外部アプリケーションと統合して、カスタム シェーダ、カメラ、ライト フィルタ、出力ドライバを作成できます。

  • スタンドアロンのコマンドライン レンダラー

    Arnold にはネイティブのシーン記述形式があり、これは可読形式のテキスト ファイルとして保存されます。これらのファイルは C/Python API で簡単に編集したり、読み書きすることができます。