Asset 12 Asset 10 Asset 15 Asset 15 autodesk_icon_font_04_06_16_kl Asset 11 autodesk_icon_font_04_06_16_kl autodesk_icon_font_1_18_17_start_over-01
  • 日本

    現地通貨での販売価格、キャンペーンやイベント情報、オンラインによる購入、などをご覧いただくために、お住まいの国のサイトにリダイレクトします

    Stay on our U.S. site

Keyboard ALT + g to toggle grid overlay

バージョン別機能比較

AutoCAD Civil 3D 2018 と 2017 以前のバージョン

AutoCAD Civil 3D 2018 は、設計を最適化し、プロジェクトの品質を高め、詳細な設計作業を短縮し、プロジェクトの進行を合理化するための新しい強力なツールを提供します。

比較する製品を最大 3 つまで選択

既定の製品を比較対象から除外することはできません。

別の製品を選択してから、この製品の選択を解除してください。

比較する製品をこれ以上選択することはできません。いずれかの製品の選択を解除してから、別の製品を選択してください。

オンライン マップ データ

強化された圧力管コンテンツ

サイトを作成することなく計画線を作成

相対標高計画線

圧力管ネットワークのデータ ショートカットとデータ参照を作成

作業フォルダ以下の任意のレベルで Vault プロジェクトを作成

圧力管ネットワークの Vault のサポート

データ ショートカットを管理し、破損したショートカットの修復と DWG™ オブジェクトの置換を実行

オブジェクト タイプ フォルダ内のサブフォルダに格納されている Vault プロジェクト オブジェクトを表示

異なる Vault プロジェクト内に存在するオブジェクトへのデータ参照を作成

強化されたコリドー データ ショートカット(DREF)

管理作業を一元化し、設計標準の適用処理を改善

DREF サーフェスのキャッシュ

サブフォルダを使用してモデル データを整理

シンプルなドラッグ アンド ドロップ操作で複数の DREF を追加

InfraWorks 360 からパイプと道路を読み込み

縦断データを InfraWorks 360 に書き出し

ファイルと従属ファイルを A360 に保存

KML 形式や KMZ 形式でデータを書き出し

AutoCAD Civil 3D と InfraWorks 360 間でデータ交換

IFC (Industry Foundation Class)ファイルの読み込みと書き出し

ユーザー定義のプロパティ セットを使用可能

環状交差点ワークフローを InfraWorks 360 と統合

平面図作成シートに圧力管ネットワークを追加

平面図と縦断シートの作成

測量クエリーを保存して測量クエリー ビルダーで開く

再利用のための測量クエリー ファイルの書き出しと読み込み

点群オブジェクト

点群コンテキストのユーザ インタフェース

Autodesk® ReCap® (.RCS、.RCP)で処理された点群のサポート

点群からサーフェスを作成

TIN サーフェスから AutoCAD ソリッドを作成

非固定の縦断円弧と縦断放物曲線の追加オプション

縦断曲線の条件タイプのロックを解除して変更

固定および片側固定の縦断図形の機能強化

レイアウト縦断ジオメトリの固定方法をコントロールするオプション

縦断ビューにソリッドを投影

動的なオフセット縦断

接続されている線形

トラバース エディタ

外部参照からコリドーのターゲットを選択

コリドー ソリッドを抽出

数量レポート中のコリドーの 3D 領域

サブアセンブリの置換時に既存のコリドー ターゲットを保持

基線とオフセットの曲線部分でコリドーの間隔を変更

横断抽出ラインの増分を指定

視野解析

新しい設計基準ファイル

画層別に線形を選択して幅とターゲットとして使用

環状交差点を Autodesk InfraWorks 360 から AutoCAD Civil 3D に取り込み

サイト フィーチャ設計のコリドーを活用

設計の内側/外側コーナーのシェイプをモデル化

コリドー計画線の抽出ワークフロー

プロパティ データとコリドー ソリッドの自動関連付け

コリドーのコーナーのクリーンアップ

パーツ リストで圧力管ネットワーク パーツに積算費目を割り当て

横断抽出ライン グループのマテリアル リストとマテリアルを管理

投影された AutoCAD ソリッドの断面図を作成

パイプ ネットワークの切断ソリッドを作成

横断ビューの横断方向をコントロール

オフセット ジオメトリ

ターゲット パラメータをプレビューで表示

横断勾配摺り付けまたはカントをリンクに適用するための AOR 設定を適用

横断勾配摺り付けを適用するための入力/出力パラメータ タイプ

軌道サブアセンブリに対するカントの効果を表示するための[カント]タブ

ループ ジオメトリのサポート

オブジェクトから圧力管ネットワークを作成

スライド操作や移動操作により、平面図で複数の圧力管ネットワーク パーツを編集

勾配や標高により、縦断ビューで複数の圧力管ネットワーク パーツを編集

3D 平面コンパス設定を使用してコンパス平面を回転

回転グリップを使用して、圧力管継手と付帯装置(モデル)を回転

横断ビューに圧力管ネットワークを追加

縦断ビューに横断パイプを表示

圧力管ネットワーク パーツ リストをサイズ別に並べ替え

圧力管ネットワークから AutoCAD ソリッドを作成

パイプ ネットワークから AutoCAD ソリッドを作成

除外集水域を作成

配管のサイズ設定と解析

圧力管ネットワーク パイプ、継手、付帯装置テーブルの追加

コリドー ポイント コード ラベルの回避

プロパティ パレットでオブジェクト参照ラベルを変更

プロパティ パレットで参照文字オブジェクトのラベル付けをコントロール

横断パイプと圧力管縦断ビューのラベル

横断ビューの圧力管ラベル

プロパティ セット データをラベルに追加