AutoCAD Plus 2025 の主な機能

Autodesk AutoCAD Plus 2025 ソフトウェアの最新機能をご覧ください。業種別ツールセット、新しい自動化機能、インサイトなどを利用できます。

AutoCAD Plus で 2D および 3D でモデリングされた、古い消防署の構築レイアウトの外側のワイヤフレーム。オートデスク アシスタント パレットが開いている

AutoLISP

Visual LISP IDE で AutoLISP を構築して実行し、自動化によってワークフローを合理化

スマート ブロック

以前の配置に基づいてブロックを自動的に配置したり、既存のブロックをすばやく検索して置換

オートデスク アシスタント

AutoCAD Plus の機能と設計課題に関連する役立つサポートとソリューションを利用

自分のインサイト

ユーザーに合わせて提案される便利な機能、マクロ、ヒントを使用して、プロジェクト完了までの時間を短縮

アクティビティ インサイト

複数のユーザーの詳細なイベント ログとバージョン履歴を使用して、重要な設計データにアクセス、追跡

マークアップ読み込みとマークアップ アシスト

紙または PDF の図面から取り込んだ改訂やフィードバックを統合し、更新を比較、レビュー、自動化

Autodesk Docs にプッシュ

CAD 図面シートを PDF にして AutoCAD Plus から Autodesk Docs に直接パブリッシュ

いつでも、どこでも使える AutoCAD

デスクトップ、Web、モバイルでの一貫性のある AutoCAD Plus エクスペリエンスにより、外出先でもアイデアを取り込み、共有、レビュー

トレース

既存の図面を変更することなく安全にレビューし、DWG ファイルにフィードバックを直接追加

業種別ツールセット

業種に特化したツールセットを使用して、数千種に及ぶパーツや追加機能を利用

Autodesk App Store と API

API を使用して AutoCAD Plus をカスタマイズし、カスタムの自動化を構築したり、1,000 を超えるサードパーティ製アプリケーションを利用

2D および 3D での設計構想

2D 作図ツールで設計し、リアリスティックな照光とマテリアルを使い 3D でモデリングして、アイデアをかたちに

AutoCAD Plus 2025 の新機能

Autodesk AI の活用によりインサイトの収集および自動化を実現する機能や、コラボレーション ワークフローを強化するツールを紹介します。

 

AutoCAD 2025 のリリース ノート(全文)を見る

AutoCAD Plus 2025 の新機能

新機能

スマート ブロック:検索と変換

Autodesk AI を活用して図面内のオブジェクトをすばやく検索し、新しく定義したブロック、既存のブロック、最近使用したブロック、またはブロック ライブラリから推奨されるブロックのインスタンスに変換できます。(ビデオ:50 秒)


新機能

スマート ブロック:オブジェクト検出テクニカル プレビュー

ブロックに変換するオブジェクトを Autodesk AI で自動認識することで設計効率を上げ、図面のクリーンアップ作業を迅速化します。この機能は開発中のテクノロジー プレビューであり、今後も展開、改善が継続されます。(ビデオ:42 秒)


強化

アクティビティ インサイト

詳細なマルチユーザー イベント ログ(バージョン履歴やファイル比較ツールを含む 35 種類以上のアクティビティのトラッキング)に加え、Autodesk Docs で管理されるファイル、ローカルに保存されたファイル、サードパーティのクラウド ストレージにホストされたファイルのサポートにより、重要な設計データにアクセスして常に情報を入手できます。(ビデオ:1 分 32 秒)


新機能

Autodesk Docs からのマークアップ読み込み

Autodesk Docs から PDF のマークアップを読み込んで連携できるようになりました。同期が完了すると、Autodesk Docs で作成したマークアップは AutoCAD Plus のトレース レイヤで引き続き更新されるため、アプリケーションを切り替えることなくフィードバックを確認し、取り込むことができます。(ビデオ:1 分 22 秒)


強化

ハッチング

おなじみの HATCH[ハッチング]コマンドがさらに便利になり、設計が見やすくなりました。既定のシェイプや閉じた境界を使用しなくても、パターン、塗り潰し、パスを使用して図面にテクスチャを追加できます。(ビデオ:1 分 6 秒)


新機能

ArcGIS® Basemaps

Esri の ArcGIS® ベースマップを使用すると、実際の地理情報を外構図の基盤として使用できます。高解像度の衛星画像と航空画像、OpenStreetMap、Streets、ライトグレーとダークグレーのモノクロ スタイルのマップという 5 つのスタイルのベースマップがあります。


AutoCAD Plus 2025 のその他の機能

設計ツールと機能の強化

AutoLISP

AutoLISP の自動化機能でワークフローを合理化したり、CAD 標準仕様の適用を自動化したりできます。過去に作成された数千のプログラムを、AutoCAD ベースのプログラムで利用できます。LSP、FAS、VLX ファイルに対応します。


スマート ブロック:配置

自動化機能によって、DWG ファイル内の適切なブロック配置と尺度を学習し、次のブロック挿入時に配置位置を提案します。作業に必要な手順が減り、作業時間が短縮します。(ビデオ:48 秒 英語)


スマート ブロック:置換

機械学習による提案や最近使用したブロックから 1 つ以上のブロックをすばやく見つけて選択し、置き換えることができます。置換ブロックを手動で指定することもできます。(ビデオ:1 分 英語)


自分のインサイト

AutoCAD Plus の使用状況に基づき個人やチームに合わせて提案されるインサイトを参照できます。インサイト コンテンツからは、利用者やチームごとにカスタマイズされた便利な機能、マクロ、ヒントといった実用的で詳細な情報を得ることができ、プロジェクト完了までの時間を短縮できます。(ビデオ:1 分 27 秒 英語)

AutoCAD Plus 2025 の自分のインサイト機能について

カウント

選択した領域または図面全体のブロック インスタンスまたはオブジェクト インスタンスのカウントを自動化します。プロパティに基づいてナビゲート、フィルタ、レビューを行い、フィールドとテーブルを作成して図面にカウントを表示します。


強化

マークアップ読み込みとマークアップ アシスト

設計に関するフィードバックの送信や反映をすばやく行えます。モバイルや PDF で読み込んだ紙図面からフィードバックを読み込み、変更内容を自動的に図面に反映できます。AutoCAD Plus は Autodesk AI を利用して、「移動」、「コピー」、「削除」などのコメントが含まれたマークアップ テキスト内の特定の指示を検出して実行します。(ビデオ:1 分 59 秒 英語)


強化

トレース

Web アプリおよびモバイル アプリや AutoCAD デスクトップで既存の図面を変更することなく、設計変更の注記やマークアップを追加できます。


Web 機能

AutoCAD Plus のサブスクリプション メンバーは、Web の AutoLISP API や PDF へのバッチ印刷など、Web での AutoCAD の追加機能を利用できます。


Apple シリコンのサポート

AutoCAD for Mac 2025 は、Intel および Apple シリコン(M シリーズ)のどちらのマシンでもネイティブに動作します。


Autodesk App Store

オートデスク公認の拡張機能で AutoCAD Plus をカスタマイズできます。


2D 作図、図面、注釈

配列

円形状または矩形状パターンでオブジェクトの作成と変更を行うことができます(パスに沿って作成と変更を行うこともできます)。


中心マークと中心線

中心線や中心マークを作成、編集できます。関連付けられたオブジェクトを移動すると、中心線や中心マークも自動的に移動します。


データ書き出し

オブジェクト、ブロック、属性から、図面上の情報など、さまざまな情報を抽出します。


データ リンク

Microsoft Excel スプレッドシートと図面内の表をリンクすると、データが同時に更新されるようになります。


寸法

寸法を自動的に作成します。選択したオブジェクトにカーソルを移動すると、実際に作成する前に、寸法のプレビューを確認できます。


ダイナミック ブロック

形状、サイズ、環境設定の変更など、ブロック参照に柔軟性とインテリジェンスが追加されました。


フィールド

文字内でフィールドを使用すると、フィールド値の変更に伴って自動的に更新されるテキストを表示できます。


レイアウト

図面シートのサイズを指定したり、タイトル ブロックを追加したり、モデルの複数のビューを表示します。


引出線

テキストやブロックなど、さまざまなコンテンツに引出線を作成できます。引出線の線分の書式設定やスタイルの定義も簡単です。


パラメトリック拘束

ジオメトリ拘束および寸法拘束を適用して、図面ジオメトリ間の関係を維持します。


パージ

簡単な選択方法とオブジェクトのプレビューを使用して、複数の不要なオブジェクトを一度に削除できます。


雲マーク

図面の変更箇所に雲マークを作成し、更新内容をすばやく確認できます。


式を適用したり、Microsoft Excel スプレッドシートにリンクしたり、データとシンボルをまとめたテーブルを作成したりできます。カウント機能を使用して、データをテーブルに自動的に読み込むことができます。


文字設定

マルチテキストで作成すると、文字スタイルや段落、位置合わせなどの書式設定ができます。文字、列、境界の書式を簡単に設定できます。


ビュー

ビューに名前を付けて保存することにより、特定のビューに簡単に戻って、すばやく参照したり、レイアウト ビューポートに適用したりできます。


3D モデリングおよびビジュアライゼーション

3D ナビゲーション(オービット、ViewCube、

ホイール)

3D ビューおよびナビゲーション ツールを使用して 3D モデルのオービット、旋回、ウォークスルー、フライスルーを行い、設計を効果的に表示できます。


モデルからドキュメントを作成

3D モデルから、ベース ビュー、投影ビュー、横断ビュー、詳細ビューを含む 2D 図面を生成できます。


点群

3D レーザ スキャナやその他のテクノロジーによって取得した点群ファイルをアタッチし、そのファイルに基づいて設計を開始できます。


レンダリング

照明やマテリアルを適用して 3D モデルをリアルに表示し、デザインを正確に伝えることができます。


クラウド レンダリング

ローカル コンピュータの処理能力やディスク容量を消費することなく、3D モデルをオンラインでレンダリングできます。


断面

断面オブジェクトを作成し、ソリッド、サーフェス、メッシュ、またはリージョンを通過する断面ビューを表示します。


ソリッド、サーフェス、メッシュ モデリング

ソリッド、サーフェス、メッシュ モデリング ツールを使用して、3D モデルをリアルに作成できます。


表示スタイル

表示スタイルを適用し、3D モデルのエッジ、照明、シェーディングの表示をコントロールします。


コラボレーション

DGN ファイル

DGN ファイルをアンダーレイとして読み込み、書き出し、またはアタッチして、それらのファイルからのデータを共有、再利用できます。


図面比較

現在のウィンドウを閉じることなく、図面の 2 つのバージョンを比較できます。


地理的位置とオンライン マップ

地理的位置情報を図面に挿入し、オンライン マップ サービスのマップを図面に表示します。


モデル参照と読み込み

Navisworks モデルを図面にアンダーレイとしてアタッチしたり、その他のアプリケーションからモデルを読み込んだりすることもできます。


PDF ファイル

PDF ファイルをアンダーレイとして読み込み、書き出し、またはアタッチして、それらのファイルからのデータを共有、再利用できます。


シート セット マネージャ

複数の図面をシート セットとして表示、アクセス、管理、出力できます。


Web やモバイルに保存

デスクトップの図面(外部参照を含む)を保存し、Web やモバイルで AutoCAD で表示、編集できます。


共有ビュー

Web ブラウザに図面のデザイン ビューをパブリッシュして、関係者に確認してもらったりコメントを付けてもらったりできます。


外部参照比較

外部参照(Xref)を含む図面の 2 つのバージョンを比較します。


インストールとカスタマイズ

アクション レコーダ

アクション マクロとして再生可能なコマンドや入力値を記録できます。


API(アプリケーション プログラミング インタフェース)

ActiveX、VBS、AutoLISP、Visual LISP、ObjectARX、JavaScript、.NET を使用して、図面とデータベースをコントロールできます。

詳細はこちら (英語)


浮動ウィンドウ(フローティング ウィンドウ)

1 つの同じ AutoCAD Plus インスタンスで、作図ウィンドウを並列表示したり、複数のモニタで表示したりできます。


CAD 標準チェッカー

CAD 標準仕様を定義、適用することによって、画層、線種、文字、寸法の一貫性を維持します。


CUI のカスタマイズ

ユーザー インタフェースをカスタマイズすることによって、アクセス性が向上し、使用頻度の高いタスクの作業手順の数を減らすことができます。


セキュリティで保護された読み込み

実行ファイル(実行可能ファイル)に対するセキュリティ上の制約を設けることで、悪意のある実行コードから保護します。


シンプルなインストーラ

簡単でカスタマイズ可能なインストールで、アプリケーションの設定時間が短縮されます。


スタート タブ

AutoCAD の新しい[スタート]タブで、ホーム画面からファイルやその他の役立つコンテンツに簡単に直接アクセスできます。


システム変数モニタ

優先値一覧に照らして、現在のシステム変数を監視できます。偏差が生じた場合は通知バルーンによって警告が表示されます。


TrustedDWG テクノロジー

TrustedDWG テクノロジーは、DWG ファイルがオートデスク以外のソフトウェアで最後に保存された場合、互換性が失われている可能性があることを知らせる警告を表示します。


Autodesk Access

ソフトウェアの更新に関するアラートが表示され、ワークフローを中断することなくソフトウェアの更新プログラムをインストールできます。新しい機能についてのチュートリアルをご覧ください。


AutoCAD Plus 2025 と以前のリリース

2D・3D CAD 作図、ドキュメント作成、コラボレーションの各種ツールは数百万人のユーザーからの信頼を得ています。Autodesk AI の活用によるインサイト収集および自動化の機能も含まれています。

AutoCAD Plus 2025

含まれる機能

  • Web で AutoCAD を利用:ソフトウェアをインストールせずに、任意のコンピュータから AutoCAD 図面を表示、作成、編集できます。*
  • モバイル で AutoCAD を利用:iOS および Android のデバイスで AutoCAD 図面を表示、作成、編集できます。
  • 統合ワークフロー:デスクトップ、Web、モバイル デバイスでスムーズに作業できます。*
  • クラウド ストレージへの接続:オートデスクのクラウドのほか、主要なクラウド ストレージから AutoCAD の DWG ファイルに直接アクセスできます。

2016 以降に追加された主な新機能

  • オートデスク アシスタント:AutoCAD を離れることなく、機能と設計課題に関連する役立つサポートとソリューションをすばやく利用できます。
  • アクティビティ インサイト:ファイルのプロパティ、バージョン履歴、比較ツールによって共有 DWG の詳細なイベント ログを確認できます。
  • ファイルを開くパフォーマンス:AutoCAD 2025 では、従来より平均で 2 倍速く 2D ファイルを開くことができます。AutoCAD 2024 との比較**
  • スマート ブロック:ブロックを自動的に配置して置き換えたり、オブジェクトを検索して新しいブロック、既存のブロック、推奨されるブロックに変換したりできます。
  • マークアップ アシストとマークアップ読み込み:フィードバックを読み込み、図面に変更を自動的に反映させます。
  • 自分のインサイト:作業時間を短縮する役立つヒントや新機能を紹介します。
  • AutoCAD Web に利用できる API:AutoCAD Web に利用できる AutoLISP API によってプロセスを自動化します。
  • トレース:既存の図面を変更することなく、DWG ファイルを安全にレビューし、フィードバックを直接追加できます。
  • カウント:カウント コマンドを使用してブロックやジオメトリのカウント作業を自動化します。
  • 共有:管理された図面コピーをチーム メンバーや同僚に送信すると、受信者はどこからでも図面にアクセスできます。
  • Autodesk Docs にプッシュ:CAD 図面シートを PDF にして AutoCAD から Autodesk Docs にプッシュします。
  • 図面履歴:図面に加えられた変更を経時的に確認できます(AutoCAD 2025 からアクティビティ インサイトと統合)。
  • 外部参照比較:現在の図面を閉じることなく外部参照の 2 つのバージョンを比較し、変更を適用できます。
  • ブロック パレット:デスクトップまたは AutoCAD Web アプリの[ライブラリ]タブでブロックを効率的に挿入できます。
  • クイック測定:マウスを重ねると、近接するすべての測定値(面積や周長など)が図面にすばやく表示されます。
  • トリムと延長(強化):既定の[クイック モード]で、すべての境界候補が自動的に選択されるようになりました。
  • パージ(一新):簡単な選択方法とオブジェクトのプレビューを使用して、複数の不要なオブジェクトを削除できます。
  • DWG 図面比較:現在のウィンドウを閉じることなく、2 つのバージョンの図面または外部参照を比較できます。
  • 点群データのアタッチ/抽出:3D レーザ スキャナやその他のテクノロジーで取得した点群ファイルをアタッチします。
  • PDF 読み込み:SHX フォント ファイル、塗り潰し、ラスター イメージ、TrueType テキストなどを含め、ジオメトリを PDF から図面に読み込めます。
  • いつでも、どこでも使える AutoCAD:AutoCAD は、デスクトップ、Web、モバイル デバイスから利用できます。*
  • Web およびモバイルへの保存:デスクトップから図面と図面に関連する外部参照を保存して、AutoCAD Web アプリやモバイル アプリで表示、編集できます。
  • 新しいビューおよびビューポート:保存済みのビューをレイアウトに簡単に追加できます。
  • 高解像度モニタのサポート:4K 以上の高解像度ディスプレイで設計を表示できます。
  • オフ スクリーン選択:画面移動して画面に表示されていなくても、オブジェクトの選択内容はそのまま保持されます。

2016 以降の機能向上

  • 2D グラフィックス:安定性、正確性、パフォーマンスが向上したほか、AutoCAD 2023 と比較して、レイアウト タブ間の切り替えが最大 9 倍に高速化しました。**
  • 浮動ウィンドウ:AutoCAD の別のインスタンスを開くことなく、作図ウィンドウを分離して並列表示したり、複数のモニタで表示したりできます。
  • シート セット マネージャ:オートデスクのプラットフォームでシート セットをよりすばやく出力できます。
  • 0.5 秒でデータを保存:毎回の保存操作にかかる時間が平均 1 秒短縮されました。
  • 短時間のインストール:ソリッド ステート ハード ドライブでは最大 50% 高速化
  • 新しいダーク テーマ:コントラストと鮮明度を改善し、青を基調とした現代的で洗練された画面
  • ユーザー インタフェース:フラット デザインのアイコン、直感的なダイアログ ボックスとツールバーで操作できます。
  • 3D ナビゲーションのパフォーマンス:最大で 10 倍高速化しました。
  • 新しい 2018.dwg ファイル形式により、保存、移動、コピーのパフォーマンスが向上しました。
  • Autodesk App Store では 1,000 以上の AutoCAD アプリがそろっています。
  • TrustedDWG ファイル形式。
  • 改善されたインストール:AutoCAD 2024 のインストールは、AutoCAD 2023 よりも最大 2 倍高速**

サポートおよびソフトウェアへのアクセス

  • 技術サポート
    • オートデスクの各種サポート:予約制電話、オンライン チャット(利用できない場合があります)、メールからサポート方法を選べます。
    • リモート デスクトップ サポート:スペシャリストが安全な通信手段を介してトラブルシューティングを直接サポートします。
    • オンライン リソース:ヘルプ ドキュメント、チュートリアル、トレーニング ビデオを取り揃えたナレッジ ベースやコミュニティ サポート フォーラムを利用できます。
  • 最新のソフトウェアを利用:最新のリリースや更新プログラムをすぐに利用できます。
  • 旧バージョンの利用:以前のリリースをダウンロードして使用できます。
  • 柔軟な契約期間:1 ヵ月、1 年間、または 3 年間のサブスクリプションから選べます。*
  • 管理ツール:Autodesk Account で、ソフトウェア ライセンス、ライセンスの割り当て、利用状況を簡単に管理できます。

*保守プランのお客様はご利用いただけません。
**一般的な性能テストと同様、これらの検証結果はコンピュータ、OS、フィルタ、あるいはソース データによって異なることをご承知おきください。テストの客観性、公平性を維持するためのあらゆる努力を行っていますが、テスト結果には誤差が生じる場合があります。製品情報と仕様は通知なく変更される場合があります。オートデスクはこの情報を「現状のまま」提供し、明示または黙示を問わず、どのような種類の保証もいたしません。© 2024 Autodesk, Inc.All rights reserved.
Advanced Support 付きの保守プランをご契約のお客様はご利用いただけます。