Keyboard ALT + g to toggle grid overlay

AutoCAD 業種別ツールセット付き

AutoCAD ソフトウェアのサブスクリプションでは、機械設計ツール、建築設計ツール、モデルベースの GIS およびマッピング機能など、業種別ツールセットに加え、Web アプリ、モバイル アプリをご利用いただけます。

業種別ツールセットにより作業のスピードと正確性を向上

AutoCAD® には、建築設計、土木設計、機械設計、電気制御設計など、さまざまな業界専用の機能やライブラリが含まれるようになりました。

設計タスクをわずかな時間で完了できます。ドアの挿入、部品表の生成、PLC I/O 図面の作成など、一般的な処理を自動化します。業界ライブラリでは、750,000 個以上のインテリジェントなオブジェクトとパーツを利用できます。

AutoCAD Web とモバイル アプリで、時間や場所を問わずに作業可能

AutoCAD サブスクリプションがあれば、デスクトップ、Web、モバイルなど、あらゆるプラットフォームで DWG™ ファイルにアクセスし、外出先でも作業できます。デスクトップ、Web ブラウザ、スマートフォン間でデータや図面を簡単に移動できます。

含まれる内容

業種別ツールセットでは業種に特化した機能を利用できるため、すばやく簡単な作業が実現します。

  • 詳細、ビューなどを作成できます。
  • 作業や注釈を自動化できます。
  • ルールに基づいたワークフローで専門規格を適用して、集計表、リスト、表を生成できます。
  • 記号、パーツ、詳細コンポーネントのライブラリを利用できます。

必要なツールセットのみを、必要なときにダウンロードして使用できます。

保守プランまたはサブスクリプションを既にご契約の場合:

1 つになった AutoCAD のメリットをご覧ください。

基本となる AutoCAD 2D および 3D CAD ソフトウェアには、設計とドキュメント作成に対応した革新的なツールが含まれています。

  • ソリッド、サーフェス、メッシュ オブジェクトを使用して 2D ジオメトリおよび 3D モデルを作成、編集できます。
  • テキスト、寸法値、引出線、表を使用して図面に注釈を付けます。
  • リボンやツール パレットをカスタマイズできます。
  • アドオン アプリケーションや API を使用してカスタマイズできます。
  • オブジェクト データをテーブルに抽出します。
  • PDF ファイルからデータをアタッチして読み込みます。

建築製図、ドキュメント、集計表に対応する機能、作図作業の自動化に対応する機能が追加されました。

  • 業種に特化したツールを使用して、平面図、断面図、立面図、その他の建築設計図面を作成できます。
  • 壁、ドア、窓などの機能が追加されました。
  • AIA 2nd Edition、BS1192、DIN 276、ISYBAU Long Format、ISYBAU Short Format、STLB の各レイヤ規格に対応した 8,000 点を超えるインテリジェントな建築オブジェクトおよび建築スタイルを使用できます。

電気制御システムを作成、修正、ドキュメント作成できる電気制御設計機能が追加されました。

  • パネル レイアウトや回路図などの電気図面を、専用ツールを使って作成できます。
  • プロジェクトに基づいた構造で、整理された図面に一貫性のあるプロジェクト標準を使用できます。
  • AS、GB、IEC、IEC-60617、JIC、JIS、NFPA、IEEE の各規格に対応した 65,000 点を超えるインテリジェントな電気制御設計シンボル ライブラリを使用できます。

GIS トポロジを AutoCAD に組み込むことにより、計画、設計、データ管理に CAD データと GIS データを使用し、維持できます。

  • AutoCAD の環境でマップと GIS の情報を作成、管理、伝達できます。
  • タスクベースのツールを使用して GIS データを管理し、設計データと集約できます。
  • ファイル、データベース、Web サービスに保存されている空間データにアクセスできます。
  • 電力(北米)、電力(欧州)、水道、下水道、ガス業種の標準データ スキーマ、自動化されたビジネス ワークフロー、レポート テンプレートを利用できます。

製造業向けの機械設計の作成、修正、ドキュメント作成に利用できる規格に基づいたパーツとツールのライブラリが追加されました。

  • 機械コンポーネントの生成、寸法記入、部品表(BOM)の作成などの機械設計タスクを自動化
  • 製品設計で部品やアセンブリなどの図面を、専用ツールを使って作成できます。
  • ISO、ANSI、DIN、JIS、BSI、CSN、GB の各規格に準拠した 70 万点を超えるインテリジェントな製造パーツ、機能、記号を使用できます。

AutoCAD 環境で MEP ビルディング システムの作図、設計、ドキュメント作成を行える機能が追加されました。

  • MEP システム設計の正確な構造ドキュメントを作成できます。
  • タスクベースのツールを使用して、ビルディング システム向けの MEP 図面を作成できます。
  • AIA 2nd Edition、BS1192 Descriptive、BS1192 – AUG Version 2 標準、DIN 276、ISYBAU Long Format、ISYBAU Short Format、STLB の各レイヤ規格に対応した 10,500 点を超えるインテリジェントな MEP オブジェクトを使用できます。

P&ID の作成および 3D プラント設計モデルへの統合をサポートする機能が追加されました。

  • アイソメ図、オルソ図、部品表レポートを生成し、共有できます。
  • 工事に関連するプロセス情報、3D モデル、基本設計情報を統合するプロジェクト アプローチにより、複数のファイルにまたがるデータの整合性を保持しながら配管設計ができるようになります。
  • ANSI や DIN など 40 種類の規格に対応した 400 点を超えるインテリジェントなプラントオブジェクト ライブラリを使用できます。ライブラリには機器テンプレート、サポート テンプレート、構造部材などが含まれています。

ラスター イメージから DWG™ オブジェクトへの変換をサポートするラスター/ベクトル変換ツールが追加されました。使い慣れた AutoCAD 環境で、スキャン図面を編集できます。

  • イメージの斑点除去、縦横比補正、鏡像、タッチアップが行えます。
  • ラスター領域やプリミティブには AutoCAD の標準コマンドを使用できます。ラスターイメージ、線分、円弧、円を簡単に削除できます。
  • ラスター イメージから線分やポリラインを作成し、ラスター ファイルをベクトル図面に変換します。
  • Civil 3D 土木設計ソフトウェアと AutoCAD Map 3D ツールセットで地理イメージを表示、分析します。

どこにいても AutoCAD のパワーを活用

  • モバイル デバイスを使用して、AutoCAD 図面をいつでもどこでも表示、作成、編集、共有できます。
  • 現場スタッフに常に最新の図面を提供できます。
  • 更新内容にリアルタイムにアクセスできます。

任意のコンピュータから AutoCAD にアクセスできます。

  • AutoCAD 図面を表示、作成、編集できます。
  • どこからでも最新の図面で作業できます。
  • 更新内容にリアルタイムにアクセスできます。