Keyboard ALT + g to toggle grid overlay

機能

土木インフラストラクチャ設計の改善

Civil 3D では、設計と制作の効率を高め、ワークフローのコラボレーションを強化する機能を利用できます。

  • 相対標高計画線

    計画線をサーフェスから、またはサーフェスを基準にして取得して、サーフェスの変更に合わせて計画線が更新されます。

  • 動的なオフセット縦断

    既定の横断勾配を使用して動的なオフセット縦断を作成します。修正する場合は、縦断のプロパティを編集します。

  • 接続されている線形

    2 つの交差する線形とその縦断の間に摺り付けがある、動的にリンクされた新しい線形と縦断を作成します。

  • 配管のサイズ設定と解析

    パイプサイズの変更、インバートの再設定、動水勾配線とエネルギー勾配線の計算が標準規格 HEC-22 2009 に準拠して行われます。

  • 平面図と縦断シートの作成

    複数の平面図または縦断ビューを 1 つのシート上に配置することにより、平面図/平面図と縦断シート/縦断シートを作成できるようになりました。

  • 強化

    プロパティ セット データのラベル付け

    プロパティ セットを使用して、Civil 3D オブジェクトのラベルにカスタム データを追加できます。

  • 強化

    トラバース エディタ

    COGO 入力・編集ツールを使用して、トラバースの辺やサイドショットを表すポイント、線分、曲線を作成します。

  • コリドーのオーバーラップの解決(屈曲部)

    法面展開の条件で、コリドーの屈曲部ねじれを解決できるようになりました。

  • 強化 | InfraWorks との相互運用性

    Civil 3D 内で企画設計モデルを使用できます。

  • 強化 | 圧力配管ネットワーク

    圧力管ネットワークのパイプ、継手、付帯装置を、別のサイズまたは別のタイプのパーツとスワップすることができます。

その他の機能

土木設計

  • コリドーの設計

    コリドー モデリング用のツール。

  • コリドー計画線の抽出ワークフロー

    複数の計画線を簡単に抽出できます。

  • 高度な環状交差点の設計

    新しい環状交差点の設計を Civil 3D に取り込むことができます。

  • 線路線形レイアウト

    線路レイアウトを効率化します。

  • 点群

    点群データの使用と表示を行います。

  • 点群データからサーフェスを作成

    点群データから TIN サーフェスを作成できます。

  • サーフェス モデリング

    ツールを使用して動的サーフェスを作成します。

  • グレーディング

    グレーディング用の地形モデルを作成します。

  • 区画設計

    自動区画設計ツール。

  • 自然流下式パイプ ネットワーク

    汚水および雨水の排水システム用ツール。

  • 地質工学的モデリング

    プランニング、視覚化、地質工学データのモデリングを向上させるツール。

作図とドキュメント作成

  • プロパティ セット定義

    任意のオブジェクトに対して、データを作成して使用することができます。

  • プロパティ データをコリドー ソリッドに

    データと情報の変更を自動化することができます。

  • 施工図

    注釈付き施工図を作成できます。

ビジュアライゼーションと解析

  • 空間データ解析

    マッピング機能と解析機能を強化。

  • 雨水および汚水解析ソフトウェア

    動的なモデルを使用して雨水管理を行うことができます。

  • 自然流下式ネットワークの解析

    パイプとインバートを標準規格 HEC-22 2009 で計測します。

  • モデル解析

    動的QTOおよび土量計算ができます。

  • ビジュアル解析

    ビジュアライゼーションにより、土木設計をより詳細に理解できます。

コラボレーション

  • コリドー データ ショートカット(DREF)

    コリドーのデータ ショートカットを作成して共有できます。

  • DREF サーフェスのキャッシュ

    地形サーフェスをキャッシュし、Civil 3D の図面を広範囲に共有することができます。

  • 合理化された参照の作成

    シンプルなドラッグ アンド ドロップ操作で DREF を追加することができます。

  • Civil 3D で Navisworks を使う

    予測がより正確になります。

  • Civil 3D で Revit を使う

    構造設計と土木設計のコラボレーションを強化できます。

  • 3ds Max との相互運用性

    プロ品質のビジュアライゼーションを作成できます。

  • IFC の読み込みと書き出し

    IFC ファイルに対して、AutoCAD ソリッドの読み込みや書き込みを行うことができます。