Keyboard ALT + g to toggle grid overlay

Civil 3D 2019 の新機能

設計、生産、コラボレーション、データ交換をさらに効率化した Civil 3D® 2019 の新機能と機能強化は、設計から設計図書作成までのワークフローを強化します。

  • 縦断

    縦断曲線のサポートにより、オフセット縦断の精度が向上しました。

  • サブアセンブリ

    60 以上のサブアセンブリが追加され、コリドー機能が拡張されました。

  • 断面

    表示プロパティで、より詳細なコントロールが可能になり、3D ソリッド オブジェクトをより正確に表現できるようになりました。

  • 圧力配管

    継手と付帯装置が追加されたことにより、より多くの設計標準に対応できるようになりました。

  • プロパティ セット データのラベル付け

    プロパティ セットを使用して、カスタム データを Civil 3D オブジェクトのラベルに追加できます。

  • 強化 | InfraWorks の相互運用性

    Civil 3D 内で企画設計モデルを使用することができます。

  • 高度な環状交差点の設計

    新しい環状交差点の設計を Civil 3D に取り込むことができます。

  • Civil 3D で Navisworks を使う

    予測がより正確になります。

  • Civil 3D で Revit を使う

    構造設計と土木設計のコラボレーションが強化されます。