Civil 3D
reCAPTCHA で保護されています。また、Google の「プライバシー ポリシー」および「利用規約」が適用されます。

警告:

ご使用のオペレーティング システムでは、製品体験版をダウンロードできません。

体験版を選択

どの製品を試しますか?

ダウンロードを開始する前に、次の点をご確認ください。

使用可能なプラットフォーム

    動作環境を確認

    体験版のファイル サイズ(推定最大サイズ)

    推奨

    10 Mbps のインターネット接続
    すべてのアクティブなアプリケーション(ウイルス チェック ソフトウェアを含む)を閉じてください


    ファイルの表示だけが必要な場合

    ソフトウェアをダウンロードする必要はありません。
    無償のツールを入手してファイルを開いて表示します。

    さあ、始めましょう

    このソフトウェアを次の資格で使用します。

    体験版を開始

    30 日間無償ですべての機能をご利用いただけます。

    オペレーティング システム:

    ご使用のオペレーティング システムを選択してください。

    このソフトウェアはお使いのオペレーティング システムと互換性がない可能性がありますが、ダウンロードして別のマシンでインストールすることができます。

    言語を選択してください。

    お知らせです。

    オートデスクは、世界中の学生と教員向けのソフトウェアを提供しています。無償の教育機関限定ライセンスは教育目的でのみご利用いただけます。営利目的で使用するには、有償のサブスクリプション プランをご購入いただく必要があります。

    オートデスク製品の教育機関限定ライセンスの利用資格を確認する

    今すぐ SheerID を介してご利用資格の認証手続きを行ってください。

    個人用/趣味用 Fusion 360 のダウンロード

    愛好家/非商用ユーザー向けの Fusion 360 は、無償の機能限定版です。利用資格を満たす場合のみご利用いただけます。次の基本機能が含まれます。

    • 標準的な 2D/3D CAD ツール
    • 電子機器(機能限定):回路図シート 2 点、レイヤ 2 点、80 cm2 の基板領域
    • 製造(基本機能):2.5 軸加工、3 軸加工、旋盤、熱溶解積層造形(FFF)、ファブリケーション
    • ローカル レンダリングのみ
    • 最大 10 点のアクティブで編集可能な Fusion 360 ドキュメント、無制限の非アクティブなドキュメント
    • 単一ユーザーのデータ管理のみに対応
    • サポートはフォーラムのみ利用可能
    • 読み込み/書き出しは一部ファイル タイプのみが可能

    全機能へのアクセスをご希望の場合は、Fusion 360 の 30 日間無償体験版をまずはお試しください。

    電話番号の確認

    携帯電話に送信される確認コードを入力して、アカウントを認証してください。

    電話番号を入力してください

    確認方法を選択

    音声(通話) SMS(メッセージ)

    末尾 の電話番号に送信された確認コードを入力してください 再送信

    確認コードは 10 分間有効です 確認

    コードが正しくありません。もう一度お試しください。

    お仕事についてお聞かせください。

    注釈のあるものを除き、すべて必須入力項目です。

      お住まいの国を選択してください(必須)。

      居住国の情報は、所定の体験期間を提供するために使用されます。一部の国では、お客様の居住地に基づき、その国独自の体験期間が設定されています。
      reCAPTCHA で保護されています。また、Google の「プライバシー ポリシー」および「利用規約」が適用されます。
      ダウンロードを開始しています。
      完了したら、ダウンロードしたファイルをコンピュータ上の場所に保存してください。体験版の試用を開始するには、インストールを実行します。

      InfraWorks
      プランニング、設計、解析のための地理空間およびエンジニアリングの BIM/CIM プラットフォーム
      今すぐダウンロード

      Revit
      BIM 対応の強力なツールを使用して建物の計画、設計、施工、管理を行えます。
      今すぐダウンロード

      Navisworks Manage
      干渉チェックと高度なコーディネーション、5D 解析、シミュレーション ツールにより、プロジェクトの成果をコントロールできます。
      今すぐダウンロード

      ウェビナー: Civil 3D と InfraWorks の新機能(2022)— 2021 年 4 月 27日。今すぐ登録

      Civil 3D

      Civil 3D 2022 で土木設計ワークフローを改善

      作業を合理化し、データの整合性を確保し、変更にすばやく対応できます。

      機能

      Civil 3D の新機能

      土木設計ソフトウェア Civil 3D® の最新機能をご紹介します。注: Civil 3D の一部の機能は、Architecture, Engineering & Construction Collection でのみ使用できます。

      • ビデオ: 整地最適化の拡張機能の概要

        整地の最適化

        AEC COLLECTION のみ

        複雑で手間のかかる整地プロセスを自動化できます。その先の設計のために地形サーフェスと 3D ジオメトリを最適化します。(ビデオ: 1 分 58 秒)(英語)

      • Civil 3D の接続線形ワークフローの拡張機能

        接続されている線形

        ジオメトリ オプションなどが拡張され、複雑なインターチェンジを設計する際のコントロール性が向上しました。(ビデオ: 1 分 43 秒)(英語)

      • Civil 3D のプロジェクト エクスプローラでの圧力管ネットワークのワークフロー

        プロジェクト エクスプローラの圧力管ネットワークのサポート

        AEC COLLECTION のみ

        プロジェクト エクスプローラの[圧力管ネットワーク]タブを使用すると、自然流下式パイプ配管を選択できます。

      以前のリリースの機能

      • ビデオ: Civil 3D のプロジェクト エクスプローラの概要

        Civil 3D のプロジェクト エクスプローラ

        AEC Collection 限定

        レビューとレポート作成のための直感的なツールを使用して、Civil 3D モデルで設計情報を検討、共有できます。(ビデオ:2 分 英語)

      • ビデオ: BIM 360 Design による Collaboration for Civil 3D の機能強化

        Collaboration for Civil 3D

        クラウドベースの Collaboration for Civil 3D では、より多くのファイル タイプをより迅速に処理し、プロジェクトを簡単にナビゲートできます。(ビデオ: 1 分 20 秒)(英語)

      • Civil 3D での橋梁オブジェクトのサポートの機能強化

        橋梁オブジェクトのサポート

        橋梁の一般的なオブジェクト サブタイプを割り当てたり、既存の橋梁の画層を設定したりできます。

      • ビデオ: Connector for ArcGIS の機能強化

        Connector for ArcGIS

        Autodesk Connector for ArcGIS のジオメトリのアップグレード、編集とセーブ バック機能、その他の機能強化を利用できます。(ビデオ: 1 分 55 秒)(英語)

      • ビデオ: Civil 3D の圧力管ネットワークの機能強化

        圧力管ネットワーク

        特定の角度のスナップ、パイプへのスナップ、PVI 曲げの追加など、圧力管ネットワークに新機能が加わり、さらに便利になりました。(ビデオ: 1 分 57 秒)(英語)

      • ビデオ: Civil 3D の縦断ビューの軌道帯のアップデート

        縦断ビューの軌道帯

        新しい設定の作成、追加の縦断帯情報の入力、軌道プロジェクトのニーズに基づいたカント データの修正が可能です。(ビデオ:1 分 47 秒)(英語)

      • 橋梁設計の相互運用性

        InfraWorks と Civil 3D 間で橋梁モデルをリンクします。(ビデオ: 1 分 02 秒)

      • 圧力管ネットワーク

        圧力管のレイアウトと編集で、より柔軟で効率的な設計が可能になりました。(ビデオ: 2 分 02 秒)

      • Dynamo プレーヤー

        Civil 3D に Dynamo スクリプトを簡単に直接配置して実行することができます。設計自動化タスクのためのスクリプトを作成して共有できます。(ビデオ: 1 分 37 秒)

      • Connector for ArcGIS

        ArcGIS データを Civil 3D 図面に取り込み、必要に応じてフィーチャを更新し、そのデータをArcGIS で使用するために保存したり、パブリッシュしたりできます。

      • Dynamo for Civil 3D

        Dynamo を使用してプログラミングと設計を自動化できます。ビジュアル環境でスクリプトとルーチンを定義して、ワークフローを設計し、迅速化できます。

      • 線路と中心線の書き出し

        指定した許容差または間隔に基づいて線路を作成します。この線路は、親線形、縦断、カントの修正に合わせて動的に調整されます。

      • 雨水および汚水解析

        設計された雨水ごとに個別の放水条件を設定し、副流域ごとの無次元 Hydrographs を使用して、ADS による新しい貯水池を使用します。

      • 自然流下式ネットワークの解析

        [自然流下式ネットワークの解析]ダイアログを使用して、配管 ネットワークを解析し、結果を適用します。

      • AutoCAD での BIM 360 ファイル ロック

        BIM 360 に保存されている DWG ファイルと DWT ファイルを AutoCAD で開くと、自動的にロック/ロック解除されます。

      ${RESELLERNAME}に紹介されたお客様へ

      お客様の同意書

      私は、オートデスクが私の氏名、メール アドレスを ${RESELLERNAME} と共有し、${RESELLERNAME} が製品インストールに関するサポートを提供し、マーケティング情報を配信するためにこの情報を使用することに同意します。この情報は、${RESELLERNAME} のプライバシー ステートメントに従って取り扱われることを了承します。

      電子メール アドレスが必要です 入力された電子メール アドレスが無効です

      ${RESELLERNAME}