Keyboard ALT + g to toggle grid overlay

  • Civil 3D から Revit に地形をリンク

    Autodesk Desktop Connector を使用して、Civil 3D から BIM 360 にサーフェスをパブリッシュします。その後、Revit で地形を参照します。(ビデオ: 1 分 英語)

  • 鉄道設計用の新機能

    XML のカントとオフセット線形をサポートする鉄道サブアセンブリにより、線路コリドーのモデリング プロセスを改善できます。
    (ビデオ: 48 秒 英語)

  • 曲線と摺り付け緩和曲線の線形

    中心線の線形をすばやく設定する機能が、複雑なジオメトリで強化されました。既存のグレーディングの上下に最適縦断を作成することもできます。(ビデオ: 57 秒 英語)

  • DREF 要素のパフォーマンスを最適化

    DREF 要素を変更した後の自動アラートや更新などの効率化機能を使用して、プロジェクトを合理化します。(ビデオ: 47 秒 英語)

  • 縦断

    縦断曲線のサポートにより、オフセット縦断の精度が向上しました。

    詳細はこちら

  • サブアセンブリ

    60 以上のサブアセンブリが追加され、コリドー機能が拡張されました。

    詳細はこちら

  • 断面

    表示プロパティで、より詳細なコントロールが可能になり、3D ソリッド オブジェクトをより正確に表現できるようになりました。

    詳細はこちら

  • 圧力配管

    継手と付帯装置が追加されたことにより、より多くの設計標準に対応できるようになりました。

    詳細はこちら

  • プロパティ セット データのラベル付け

    プロパティ セットを使用して、カスタム データを Civil 3D オブジェクトのラベルに追加できます。

  • 強化点 | InfraWorks との相互運用性

    Civil 3D 内で企画設計モデルを使用することができます。

  • 高度な環状交差点の設計

    新しい環状交差点の設計を Civil 3D に取り込むことができます。

  • Civil 3D で Revit を使う

    構造設計と土木設計のコラボレーションが強化されます。