Asset 12 Asset 10 Asset 15 Asset 15 autodesk_icon_font_04_06_16_kl Asset 11 autodesk_icon_font_04_06_16_kl autodesk_icon_font_1_18_17_start_over-01

Keyboard ALT + g to toggle grid overlay

Revit でプロジェクト チームの連携を強化

Collaboration for Revit® サービスは、異なる専門分野、場所、会社から成るプロジェクト チームに、Revit モデルへの一元化されたアクセスを提供し、クラウドによる共同作業を可能にします。

BIM コラボレーション ソフトウェアの機能

  • Revit クラウド ワークシェアリング

    ビルディング インフォメーション モデリング(BIM)プロセスを活用し、異なった場所にいるプロジェクト チーム メンバーが共同でモデルを作成できます。

  • Communicator チャット ツール

    Revit のクラウド ソリューションによって、チーム メンバーは、BIM プロジェクト モデル内でリアルタイムにチャットで直接確認し合うことができます。

  • BIM 360 Team との統合

    プロジェクト チーム全体で、Revit ユーザーではない関係者も、モデルを表示し、コメントやマークアップを入力できます。

  • モデルとユーザーを管理

    Revit 内から BIM 360 Team プロジェクトのモデルを管理できます。

Collaboration for Revit を使う理由

  • BIM コラボレーションの強化

    Revit モデルでの円滑で効率的なコラボレーションを実現し、コスト効率を向上させます。 

  • プロジェクトの工期を短縮

    チーム メンバーは最新のモデルにすばやくアクセスできます。 

  • より多くのプロジェクトを獲得

    高度な BIM コラボレーションが要求される、複数の場所、ジョイント ベンチャー、IPD デリバリー モデル、リモート チーム などのプロジェクトを実施できます。

  • チーム全体を連携

    コミュニケーション フローの改善によって、プロジェクトの透明性を高め、レビューや承認プロセスを短縮できます。

ユーザ事例

Corgan 社と Gensler 社の空港プロジェクト コラボレーション

Corgan 社と Gensler 社の空港コラボレーション

設計会社の Corgan 社とGensler 社は、建設会社 Turner 社、PCL 社との共同事業で、LAX Midfield Satellite コンコースの複雑なプロジェクトを手掛ける分散されたチームの連携に Collaboration for Revit と BIM 360 Team を利用しています。

Hennebery Eddy 社と Fentress 社が Collaboration for Revit を利用して協力

Hennebery Eddy 社と Fentress 社がプロジェクトで協力

Collaboration for Revit と BIM 360 Team は、オレゴン州のポートランド国際空港プロジェクトを手掛ける設計会社の共同作業に使用されています。Fentress 社のシニア アソシエートアーキテクト コーリー・オクスナー氏は、「チーム メンバーがすぐそばにいても、離れていても変わりません。その距離が 5 フィートでも、2,000 マイルでも同じように共同で作業できます」と語ります。

Collaboration for Revit: Newman Architects 社のユーザ事例

クラウド ベースの BIM を使う Newman Architects 社

総合建築設計会社 Newman Architects では、Collaboration for Revit を使用し、プロジェクト チームがクラウド上の Revit プロジェクト ファイルに一元的にアクセスできるようにしています。

事例を読む(英語)