Keyboard ALT + g to toggle grid overlay

Collaboration for Revit は BIM 360 Design になりました

2018 年 4 月 9 日をもって、Autodesk® Collaboration for Revit® サービスは、Autodesk® BIM 360™ Design となりました。クラウド シェアリング、データ管理、コラボレーションに対応する、BIM 360 を基盤とした新しいソリューションです。

Collaboration for Revit のサポートを継続

Collaboration for Revit をご契約いただいている場合は、Collaboration for Revit のサブスクリプションを引き続き更新できます。有効なサブスクリプションまたは契約を維持する限り、製品をご利用いただけます。

ただし、ドキュメント管理と設計コラボレーション モジュールも利用できる BIM 360 Design を最大限にご活用いただくことをお勧めします。

BIM 360 Design とは何ですか?

BIM 360 Design は、さまざまな場所で作業する多分野のチームのクラウド シェアリングや設計コラボレーションに対応する製品です。BIM 360 Design を利用すると、クラウドでの Revit モデルの共同作成、ワークシェアリング作業の管理、成果物に関するチーム全体のやり取りを調整できます。

FAQ

Collaboration for Revit の変更に関する詳細と、今後のご計画関する推奨についてご確認ください。