• 日本

    現地通貨での販売価格、キャンペーンやイベント情報、オンラインによる購入、などをご覧いただくために、お住まいの国のサイトにリダイレクトします

    Stay on our U.S. site

Keyboard ALT + g to toggle grid overlay

機能

Flame 2021 の新機能

Flame® 2021 には、GPU による高速の焦点ぼけエフェクトや、機械学習を使用して人間の顔を区分する機能、画像/エフェクト処理用ツールセットの強化機能などが追加されています。

  • 人間の顔の抽出と物理的な焦点ぼけ

    GPU による高速フォーカス送りの新しい焦点ぼけ効果をお試しください。人間の顔領域セマンティック キーヤーと機械学習を利用して、アルファ マットを抽出します。

  • Dolly Vision HDR オーサリングおよび表示のワークフロー

    Dolly Vision HDR のアニメーション化可能なメタデータの読み込み、オーサリング、表示、書き出しを行います。

  • 統合・強化されたフィニッシング機能

    カラー グレーディングとエフェクトの作業内容を、専用のグレード ビンおよびリファレンス比較領域のエクスプローラーに保存して呼び出せます。

Flame 2020

  • エフェクトの環境:グループ

    視覚的に整理できる構造を利用してショットをフィルタリングし、比較や調整を行えます。(ビデオ:1 分 33 秒 英語)

  • エフェクトの環境:レイアウト

    ビューポート、ストーリーボード、メディア パネル、タイムライン エフェクト パイプラインなどを設定して、レイアウトをカスタマイズできます。(ビデオ:1 分 06 秒 英語)

  • 選択可能な 3D モーション ベクトル モード

    CG レンダリングや分析を行ったモーション ベクトルを、選択した 3D オブジェクトに直接入力してマスクと組み合わせることができます。(ビデオ:1 分 02 秒 英語)

  • セマンティック キーヤーで空を抽出

    ワンクリックで空を選択表示し、雲を除去したり、空の背景に処理を追加するなど、さまざまな処理を行えます。
    (ビデオ:50 秒 英語)

  • Z 深度マップ ジェネレータ

    動画のシーン デプス修正に機械学習を使い、カメラとの距離に応じてカラー補正、エフェクトの適用を行います。

  • 人間の顔の法線マップ ジェネレータ

    3D サーフェス方向のバンプ マッピングの作成に機械学習を用いて、カラー補正、リライティング、レタッチを行います。

その他の機能

  • 3D コンポジティング(Action)

    Flame、Flame Assist、Flare

    従来の 2D コンポジティングと同じインタラクティブな操作で、強力な 3D ビジュアル エフェクトを効率的に制作できます。
    (ビデオ:2 分 25 秒 英語)

    詳細はこちら (英語)

  • ノードベースのコンポジティング(Batch)

    Flame、Flare

    Batch は、タイムラインおよびデスクトップと統合された環境で、2D 要素と 3D 要素を繰り返し効率的に合成できます。
    (ビデオ:3 分 32 秒 英語)

  • MasterGrade:クリエイティブなカラー ツール

    Flame、Flame Assist、Flare

    3 タイプのカラー スペース(映像、Log、シーンリニア)のグレーディングに最適化された 3 つのモードを提供します。
    (ビデオ:1 分 55 秒 英語)

  • Cryptomatte レンダー パスに対応

    再レンダリングをリクエストしなくても、暗号化されたオブジェクト、アセット、マテリアルを Flame および Flare で利用できます。

  • 屈折

    サーフェス マテリアルの特性をもとに背景オブジェクトの歪み方を変えることで、現実空間で起こる屈折を 3D オブジェクト上で再現できるようになりました。

  • イメージ ノード用のクリエイティブな FX

    Flame、Flare

    カメラ レンズ エフェクトの物理的なグレア、ビューティー ワーク、クリーン アップなどの用途に対応する A2Beauty と Washer Matchbox のツールです。

  • コンフォーム

    Flame、Flame Assist

    マルチレイヤ タイムラインをより迅速に作成できます。単一のタスクベースの領域で、高度なコンフォーム ツールとトラブルシューティング ツールを使用できます。

    詳細はこちら(英語)

  • [Effects]タブ:タスクベースの環境を構築

    Flame、Flame Assist、Flare

    カラー グレーディング ツールのショット間にわたるルールの適用に、さまざまなエフェクトを使用できます。

  • イメージ タイムライン FX と Batch ノード

    Flame、Flare

    カラー、ビューティー ワーク、制作過程での修正作業、フリーフォームの制作物用のツールセットを統合しました。あらゆるイメージに使用できます。

  • 編集用タイムライン

    Flame、Flame Assist

    プロジェクトを管理したり、一貫性のあるルックを作成したりできます。また、カラー グレーディング済みのショットや 3D VFX ショットを編集上の意図に正確に一致させることができます。

    詳細はこちら(英語)

  • 自動 Background Reactor

    Linux Flame を使用した再生時に、自動キャッシュが利用できるようになり、クリエイティブなルック デブ作業を短時間で行えます。

  • メディア管理

    Flame、Flame Assist

    新しい形式のサポートと、共有機能と処理機能の強化によって、メディアを快適に管理できるようになりました。

    詳細はこちら(英語)

  • Matchbox API

    Flame、Flame Assist、Flare

    GPU アクセラレーションに対応する GLSL シェーダーを使用して、Action の 3D コンポジティング環境の問題を解決できます。

    詳細はこちら(英語)

  • Action:投影のトラッキング

    Flame、Flare

    投影を UV セットに変換してジオメトリを完成させることができます。

    詳細はこちら(英語)

  • Pybox

    Flame、Flare、Flame Assist

    スクリプトで記述できるハンドラを使用し、外部のレンダラーで画像を処理できます。

  • コネクテッド コンフォームによるスマートな合成

    Flame、Flame Assist

    作業中のショットに、後から新しい編集用カットを動的に合成できます。

    詳細はこちら(英語)

  • 最新のカラー マネジメント

    Flame、Flame Assist、Flare、Lustre

    ソースから画面出力まで、クリップ単位でカラー スペース情報を追跡できます。書き出されたカラー ポリシーをロックする機能もあります。

    詳細はこちら(英語)

  • Python API

    Flame、Flare、Flame Assist

    スクリプトで記述できるコマンドにより、Batch 環境での作業をスムーズにします。

  • バッチ ペイント アニメーション

    Flame、Flare

    多機能な編集ボックスを使用して、ストロークを調整したり、アニメーションを作成したり、ユーザー定義のフレーム範囲で制限することができます。

  • バッチ ペイント編集

    Flame、Flare

    16 ビット浮動小数点深度のサポートにより、ペイント ノードでペイント ストロークを個別に編集し、シームレスな外観を実現できます。

  • コネクテッド コンフォーム ワークフロー

    Flame、Flame Assist

    メディアの管理方法が統合され、複数のシーケンスでメディアを共有、ソート、同期できるようになりました。

    詳細はこちら(英語)

  • GMask トレーサー

    Flame、Flare

    軽量なスプラインベースのシェイプ ツールと統合クロマキー ツールを連携させて、高度なコンポジットを作成できます。

    詳細はこちら(英語)

  • スコープ:高解像度の波形モニター

    Flame、Flame Assist、Flare

    機能強化された信号モニターで HDR と WCG に対応。カラースペースのタグ付けでスコープのビューの特徴を示します。

  • 平面トラッキング

    Flame、Flare

    多彩でパフォーマンスに優れた平面トラッカーで、パース ビューの変更を巧妙かつ容易にトラッキングできます。

    詳細はこちら(英語)

  • Flame-Lustre ワークフロー

    Flame、Lustre

    大幅に統合が進められた、カラリストのための VFX ツールセットです。

    詳細はこちら(英語)

  • Shotgun の統合

    Flame、Flame Assist、Flare

    レビューとプロダクション トラッキング用の Shotgun ツールセットを利用できます。

    詳細はこちら(英語)

Flame 無償体験版
reCAPTCHA で保護されています。また、Google の「プライバシー ポリシー」および「利用規約」が適用されます。
Flame 無償体験版

警告:

ご使用のオペレーティング システムでは、製品体験版をダウンロードできません。
Flame 無償体験版

体験版を選択

どの製品を試しますか?

Flame 無償体験版

ダウンロードを開始する前に、次の点をご確認ください。

使用可能なプラットフォーム

    動作環境を確認

    体験版のファイル サイズ(推定最大サイズ)

    6 GB

    推奨

    10 Mbps のインターネット接続すべてのアクティブなアプリケーション(ウイルス チェック ソフトウェアを含む)を閉じてください

    ヘルプの表示

    正しくダウンロードするためのその他のヒントを確認する


    Flame 無償体験版

    さあ、始めましょう

    このソフトウェアを次の資格で使用します。

    オペレーティング システム:

    ご使用のオペレーティング システムを選択してください。

    このソフトウェアはお使いのオペレーティング システムと互換性がない可能性がありますが、ダウンロードして別のマシンでインストールすることができます。

    言語を選択してください。

    オートデスク ソフトウェアを無償で利用

    世界中の学生、教員、教育機関がオートデスクのソフトウェアを無償で利用できます。そう、無償です。オートデスクは教員、学生の方々の活動を支援します。

    Flame 無償体験版

    お仕事についてお聞かせください。

    注釈のあるものを除き、すべて必須入力項目です。

      お住まいの国を選択してください(必須)。

      居住国の情報は、所定の体験期間を提供するために使用されます。一部の国では、お客様の居住地に基づき、その国独自の体験期間が設定されています。
      reCAPTCHA で保護されています。また、Google の「プライバシー ポリシー」および「利用規約」が適用されます。
      Flame 無償体験版

      ダウンロードを開始しています。

      trials_flow_browser_infographic_03-01-17

      これには時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。

      完了したら、コンピュータ上のファイルの場所に移動してください。

      体験版の試用を開始するには、インストールを実行します。


      ADLM エラー

      ADLM ページを確認してください。