Autodesk Flow Capture:パイプラインのあらゆる段階で優れた機能を発揮する、クラウドベースのツール

デイリーとレビューのためのパワフルなデジタル ソフトウェア

Autodesk Flow Capture とは

Autodesk Flow Capture(旧 Moxion)は、クラウドをベースとするパワフルで安全なデイリーとレビューのためのデジタル ツールです。撮影現場とポストプロダクションを結び付けます。

  • 現場のカメラで撮影したシーンを数秒でキャプチャし、高解像度でストリーミング

  • 撮影を続けながら、複数のチームや場所でプロジェクト データをレビューし編集 

  • すべての制作フェーズでプロジェクト アセットを 1 つの安全な場所に保存し、追跡、管理


デイリーとレビューのための高度なツールで、ビジュアル制作を最適化

Autodesk Flow Capture のメリット

コラボレーションを効率化

クラウドベースのワークフローにより、スタッフや関係者から即座にフィードバックを得ることができます。

最高クラスの品質を実現

コンテンツのレビュー、コメント付け、編集の反復作業を、キャプチャ後数秒という早い段階で開始し、最善の結果を引き出すことができます。

制作時間が短縮

撮影とポストプロダクションを並行して進めることで、時間の無駄を減らし、コストを削減できます。

Flow Capture でできること

画像提供:Amazon Studios

撮影した場面をクラウドに安全にストリーミング

現場で撮影された映像データとメタデータをキャプチャして、カメラからクラウドへ直接移行するワークフローとデジタル デイリーによって、安全にクラウドにストリーミングできます。

映像をポストプロダクションにすぐさま取り込める

キャプチャしながら編集

カメラで撮影した映像を、主要なレビュー機能や Avid Media Composer などの統合ツールを使用して、どこからでもすぐにアクセスしてレビューし、撮影現場に送り返せるので、チェックにかかる時間を大幅に短縮できます。

リモート コラボレーションで、決められたスケジュールと予算内で優れたストーリーを制作

予想外のコストをかけずに、どこからでもすばやく作業

一元管理された安全な場所で、リアルタイムのデータフローを実現。スタッフや関係者間のコラボレーションが円滑になり、撮影データの受け渡しにかかる日数が減り、予期せぬコストの発生を抑えることができます。

進化するオートデスクで、クラウドファーストへの道を開く

インダストリー クラウドのひとつである Autodesk Flow のビジョンと、制作ライフサイクル全体のコラボレーションを実現する Autodesk Flow Capture の新しくて幅広いワークフローをご紹介します。

Flow Capture の活用事例

映画制作の新時代を迎える Amazon Studios

Amazon Studiosは、同時並行で制作を進められる Flow Capture でパイプラインを 1 つにつなげ、メンバー同士のコラボレーションを可能にすることで、『ロード・オブ・ザ・リング:力の指輪』などのシリーズを制作しています。

 


勇敢なファースト レスポンダーのストーリーのポストプロダクション レビューを促進

別のテイクが不可能な場合、Flow Capture Rooms を使用すると、ポストプロダクション レビューをすばやく済ませることができます。

 


Netflix『カウボーイビバップ』のワークフローを簡素化

『カウボーイビバップ』のポストプロダクション担当監督が、撮影現場とポストプロダクションのデータを連携させることで実現した Netflix の実写版について語ります。

 


機能

Flow Capture の機能

高度なデイリー

デイリーを高解像度かつ高速で共有、レビュー、管理することができます。

詳細はこちら (英語)


カメラからクラウドへ

カメラを止めた直後に、撮影したシーンとメタデータを制作チームにストリーミングできます。制作チームが世界のどこにいるかは関係ありません。

詳細はこちら (英語)


セットでライブ ストリーミング 

QTAKE Cloud Streams、AWS Elemental、SRT ライブ ストリーム、NDI 対応アプリケーションにより、セットでも編集室でもカメラに接続して撮影データを確認することができます。

詳細はこちら (英語)


リアルタイム レビュー

一元化されたクラウドベースの環境でライブストリームを共有し、強力な注釈ツール、ビデオ、チャット機能を使用して、アップロードされたアセットをレビューできます。

詳細はこちら (英語)


カラーのレビュー

完全な Dolby Vision®、HDR10、4K 解像度による再生でコンテンツをレビューし、鮮明な画質、抜群の輝度、コントラスト、カラー範囲を実現できます。

詳細はこちら (英語)


最高水準のセキュリティ

デジタル著作権管理(DRM)、焼き込みのフォレンジック ウォーターマーク、多段階認証、アクセス許可によって、アセットを共有および編集する際のセキュリティ基準を守り、アセットを保護します。

詳細はこちら (英語)


シームレスな統合

Flow Capture の強力な API で機能を強化したり、必要な機能を統合することができます。

詳細はこちら (英語)


新機能

Avid Media Composer との統合 

Flow Capture のアセットを Avid Media Composer に簡単に取り込んでシームレスに編集し、シーケンスを直接 Flow Capture に戻してパブリッシュすることができます。

詳細はこちら (英語)


Flow Capture について、さらに詳しく

M&E YouTube チャンネル

情報ビデオ

業界の専門家が解説するビデオで、Flow Capture の知識を増やし、スキルを高めることができます。

 


ドキュメント化

ガイドとリリース ノート

新機能、修正、API などの詳細がわかります。

 


記事

Flow Capture のブログ

製品の最新情報や、アニメーション、VFX、ゲームの各スタジオの事例を紹介しています。

 


よくある質問(FAQ)

Autodesk Flow Capture は何のための製品ですか?

Autodesk Flow Capture(旧 Moxion)は、パワフルで安全なクラウドベースのデイリー/レビュー用デジタル ツールです。次のような用途に使用されます。

  • 現場のカメラで撮影したシーンを数秒でキャプチャし、高解像度でストリーミング 

  • 撮影を続けながら、複数のチームや場所でプロジェクト データをレビューし編集 

  • すべての制作フェーズでプロジェクト アセットを 1 つの安全な場所に保存し、追跡、管理 

Autodesk Flow Capture はどのようなユーザー向けの製品ですか?

Autodesk Flow Capture(旧 Moxion)は、プロフェッショナルレベルの映画、テレビ番組、ゲームを制作するために、スタジオ、ポストハウス、プロダクション、エグゼクティブによって使用されています。

Autodesk Flow Capture と Flow Production Tracking の違いは何ですか?

Autodesk Flow Capture(旧 Moxion)は、クラウドベースのデイリー/レビュー用デジタル ツールです。主に、撮影現場のカメラ データを安全にキャプチャしてクラウドにストリーミングし、レビューするツールとして使われます。Flow Production Tracking(旧 ShotGrid)は、締め切りの追跡、スタッフや予算などのリソースの管理、レビューに特化した制作管理ツールです。

Flow Capture のアクセス方法を教えてください。

Flow Capture は、Safari や Chrome Web ブラウザからアクセスできるクラウドベースのソフトウェアです。Flow Capture のサイトには、こちら(英語) からサインインしてください。iPhone、iPad、Apple TV に Flow Capture アプリをダウンロードしたり、こちら(英語) から Mac や Windows のデスクトップ アプリにユーザー登録することもできます。 

Flow Capture を無償で試用することはできますか?

はい。こちら(英語) から、Flow Capture の 30 日間無償体験版に登録できます。

Flow Capture の動作環境を教えてください。 

Flow Capture は、Microsoft® Windows®、Apple® macOS®、iOS、Apple TV で動作します。詳しくは、Flow Capture の動作環境(英語) を参照してください。

さらに表示