Info360 Insight 2024 の主な機能

システムのインシデントをすばやく特定するワークフローが実現します。複数の解決シナリオを確認して、推奨された措置を講じることでシステムの障害を迅速に解決できます。

インシデントのマップと詳細が表示された Info360 Insight ダッシュボード

シミュレーションと影響の評価

障害シナリオの効果と対応を評価し、適切な情報に基づいた決定を下す

インシデント管理のワークフロー

インシデントの解決に向けたアクティビティのタイムライン ビューで影響を受ける顧客をすばやく特定

高度な解析と KPI

専用の KPI を用いて水損失、無収水、エネルギー使用量を最小化

カスタマイズ可能なワークスペース

高度なグラフィカル レポート ツールや表形式レポート ツールを使用して現在と過去のパフォーマンス データを視覚化

24 時間 365 日体制のイベント監視とアラート

生の測定値と統計に由来するデータでシステム異常をリアルタイムで検知

SCADA と IoT の統合

SCADA および IoT のデータをモデリング ツール、シミュレーション ツール、解析ツールに連携

新たなインサイトを状況に反映

統合インシデント ダッシュボードを使用することでオペレーター間の受け渡しが簡単になります。すべての関係者が一目で状況を把握

タイムライン アクティビティの追跡

整理されたタイムラインで、顧客からの苦情、センサーの警報、調査のアクティビティを追跡

水理モデルとの統合

SCADA および IoT システムとのリアルタイムの連携を使用して、モデルをより簡単に更新、調整

利用開始が簡単

AWS Purpose-Built による完全に管理された SaaS プラットフォームで水道事業を万全にサポート

シンプルな統合

統合されたワークフローで、データの直接接続により解析とモデリングを連携

無限の拡張性

AWS 上に構築された、拡張性と柔軟性に優れたシステムとクラウド ネイティブ アーキテクチャにより成長・拡大に対応

Info360 Insight 2024 の新機能

Info360 Insight の新機能と機能強化

新機能

テンプレート解析

カスタマイズ可能なテンプレートを作成して、シンプルなカスタム解析にも複雑なカスタム解析にも対応できます。テンプレート ライブラリによって、インサイトを社内やエンジニアリング サービス プロバイダと簡単に共有できるため、データ共有が効率化され、作業の連携が促進されます。専門知識と分析を強化することで、効率性を高め、独自のインサイトを提供できます。(ビデオ: 38 秒 英語)


新機能

下水の流入と浸透の解析

下水の流入と浸透(I&I)の解析では、下水ネットワークのパフォーマンスを理解し、I&I を最小限に抑えることができます。SCADA および IoT モニターで解析ツールセットを使用し、I&I が最も高い場所を見つけ、それに応じて集中的にメンテナンス、検査、設備計画のアクティビティを実行できます。(ビデオ: 49 秒 英語)


強化

ポンプのパフォーマンス解析


ポンプのパフォーマンス解析ツールセットで、昇圧ポンプがサポートされるようになりました。メーカーの仕様と比較して性能を評価できます。流入の吸引圧力を設定し、ポンプ センサーの物理的なオフセットの修正を追加します。ポンプのパフォーマンス チャートの機能強化には、主要なポンプ パフォーマンス指標の視覚化が含まれます。(ビデオ: 29 秒 英語)


新機能

ArcGIS Online への接続

ArcGIS Online に接続して空間画層とアセット ジオメトリを Info360 Insight に取り込み、解析ツールおよびビジュアライゼーション ツールで空間データを統合します。管理者ユーザーは、ArcGIS ユーザー資格情報を使って統合をすばやく設定できます。統合により、データの書き出しが不要になり、より正確にデータを管理できます。(ビデオ: 23 秒 英語)


新機能

ローソク足チャート

タンクおよび貯水槽の解析にローソク足チャートが追加されました。経時的なセンサー データの動きを視覚的に表示し、タンクや貯水槽のデータの傾向を把握できます。各ローソク足には指定した期間の始値、終値、高値、低値が表示され、ユーザーは情報に基づいて意思決定を行うことができます。(ビデオ: 26 秒 英語)


新機能

コンプライアンス対応レポート

コンプライアンス対応のデータ書き出しツールとレポート機能により、SCADA、LIMS、請求、IoT など、複数のソースのデータを自動的に統合できます。受信データ ストリームにリアルタイムのデータ解析を適用して、手作業による処理を減らします。スプレッドシートを使用する必要もありません。規制に準拠したレポート作成を合理化し、時間のかかるタスクを最小限に抑えます。(ビデオ: 21 秒 英語)


新機能

インタラクティブなスケマティク ビュー

現在の P&ID、図面、その他の図をアップロードして、独自の図を定義することにより、コンテキストに応じたネットワーク設備を表示できます。アップロードしたダイアグラムを操作して、各設備と図に関連するライブ データや解析をドラッグ アンド ドロップで簡単にタグ付けし、詳細な調査を進めることができます。(ビデオ: 42 秒 英語)


強化

カスタム解析のため統計情報が追加

解析に新たな統計関数が追加されました。解析の検証時のトラブルシューティングを容易にするエラー処理の改善、ユーザー指定のデータ ポイントでの変化率計算の移動、指定した期間の現在のデータと履歴データを比較する関数などが含まれます。(ビデオ: 44 秒 英語)


強化

ユーザー入力の GIS 空間データ

Info360 Insight は、ツールを基に、さまざまな GIS データ ストリームを組み込み、統合できるよう開発を続けています。アセット データ、補助的な GIS データ、サービス領域の読み込み、定義済みの ESRI フィーチャ サービスとの統合により、ダッシュボードやユーザー ワークスペース内で正確な空間ビューを再現できます。(ビデオ: 24 秒 英語)


強化

グローバルな日付範囲設定

ワークスペース内のすべてのコンポーネントに対してグローバルに日付範囲を設定できるようになりました。これにより、各コンポーネントの日付範囲を個別に設定し合理的に管理できるようになります。データセットを任意の間隔で設定し、いつでも一貫性を維持して簡単に表示できます。(ビデオ: 30 秒 英語)


新機能

設備画像アップロード機能

ワークスペース内のすべてのコンポーネントに対してグローバルに日付範囲を設定できるようになりました。これにより、各コンポーネントの日付範囲を個別に設定し合理的に管理できるようになります。データセットを任意の間隔で設定し、いつでも一貫性を維持して簡単に表示できます。(ビデオ: 41 秒 英語)


強化

SCADA 統合のための OPC-UA 接続

Info360 Insight データ コネクタで、OPC UA プロトコル、OSI PI 履歴との直接インタフェースがサポートされるようになりました。既存の SCADA システムやデータ履歴との統合と設定を簡単に行えるため、複数のソースからデータにアクセスするユーザーは実装の所要時間を短縮できます。


Info360 Insight 2024 のその他の機能

継続的な Info360 Insight の機能

データ構成ツールの強化

データ アップロードが強化され、.csv ファイルなど、静的なフラット ファイル データ セットを効率的にドラッグ アンド ドロップできるようになりました。データ スクラブ機能によってデータをクリーンアップし、分析やビジネス インテリジェンスに対応できる状態に保つことができます。(ビデオ: 1 分 31 秒 英語)


ユーザーの構築によるカスタム解析

公益事業や組織の固有の解析を組み込んだカスタム解析を作成、構築できるようになりました。これにより、搭載済みのツールや解析用ライブラリだけではできないより詳細な解析が可能になります。(ビデオ: 1 分 43 秒 英語)


顧客への影響に関するレポート

水道モデルを使用する組み込みのシミュレーションツールを使用して、ネットワーク インシデントの影響を受ける顧客数を直接特定します。破損が起きたアセットやオフラインのアセットの影響を把握し、顧客基盤への相対的な影響に基づいて最適な解決シナリオを決定できます。(ビデオ: 58 秒 英語)


作業管理ツールへのリンク

苦情、イベント、オペレーターのメモを管理するためのアクティビティを生成します。インシデント管理ワークフロー内で、影響を受ける顧客を追跡したり、解決のタイムラインを追跡したりできると同時に、それらを既存の作業管理ツールに関連付けることができます。(ビデオ: 30 秒 英語)


統合されたマップ ビュー

統合されたマップ ビューによって、マップ上の地理的位置に表示されるアラートを直接操作して、状況を詳細に把握できます。関連するアセット データの情報プロパティ パネルを使用して、包括的なアセット、センサー、ライブ アラートで位置検索を行い、マップ内でセンサーからリンクさせてデータを表示できます。(ビデオ: 35 秒 英語)


アクション プランを最適化

整理されたインシデント タイムライン ビューで顧客からの苦情、センサーの警告、調査のアクティビティを追跡できます。断水シナリオを修正してアクション プランを最適化し、複数のシミュレーションを比較します。インシデント タイムラインとマップ ビュー、組み込みダッシュボード、ユーザーが構築したワークスペースを使用して、常に情報を入手できます。(ビデオ: 59 秒 英語)


ワークスペースのビジュアライゼーションの強化

拡張されたビジュアライゼーション ツールにより、ゾーンの容積、リフト ステーションの容積、ポンプの稼働時間、圧力解放バルブの比較などのシナリオについて、1 つのダッシュレット内でより多くの比較分析を確認できます。


ポンプのパフォーマンス解析

解析とビジュアライゼーションの機能強化により、時間を節約し、ポンプのパフォーマンス解析を効率化できます。機能強化には、複数の製造業者の性能曲線に対応した可変速ポンプ、ポンプのメンテナンス前後解析、複数のポンプの曲線とクラスタの詳細なビューなどがあります。


シミュレーションと影響の評価

シミュレーション生成を使用して、停止管理の影響と「What-if」シナリオを評価できます。トレーシング ツールを利用して、影響を受ける顧客をすばやく特定できます。インシデントの解決に関連するすべてのアクティビティが表示されたタイムライン ビューでは、共通の運用状況を把握できます。


マッピング エンジンの強化

強力なマッピング エンジンに下水管ネットワークが含まれるようになりました。下水管ネットワーク分析に向けて下水道ネットワーク アセットを確認、操作できます。また、GIS データ セットをアップロードして表示できます。その他に、マップ ビュー内でのデータの視覚化、カスタム マップ スタイル設定オプションなどが強化されています。


ワークスペースの日付範囲設定

ワークスペース全体の日付範囲を変更できるようになりました。変更するには、各ワークスペースのワークスペース日付範囲を有効にし、すべてのビジュアルをユーザーが指定した時間範囲に同期させます。


ポンプの稼働時間グラフ

専用計算によるポンプの稼働時間グラフをワークスペースに追加し、特定の時間範囲の 1 つのポンプまたは複数のポンプの稼働時間をすばやく確認できます。


マップ ピンからインシデントを作成

インシデント管理ツールセット内でインシデントを生成するさまざまな方法に加え、マップに位置ピンをドロップして配置し、マップから直接インシデントを作成できます。


インシデント管理のワークフロー

インシデントの解決に関連するすべてのアクティビティが表示されたタイムライン ビューによって影響が及ぶ顧客をすばやく特定顧客からの苦情、関連するイベント、オペレーターのメモを管理します。影響を受ける顧客を調査し、タイムラインを追跡することにより、影響を最小限に抑え、インシデントの発生中に顧客と効果的にコミュニケーションを取れるようにします。


高度な解析と KPI

水道事業組織のすべての関係者が専用の KPI を使用して、水損失、無収水量、エネルギー使用量を最小化できるようにします。水道事業に特化したデータ処理ツールとビジネス インテリジェンス ツールによって状況認識を高め、対応を最適化して、顧客への影響を最小限にとどめることができます。


カスタマイズ可能なワークスペース

ユーザーのニーズに応じて構成できる高度なグラフィカル レポート ツールや表形式レポート ツールを使用して現在と過去のパフォーマンス データを視覚化し、その情報を運用上の決定やネットワーク パフォーマンスの決定に生かすことができます。日々の活用に合わせて設計されたワークスペースでは、マッピング、地理的位置に配置されたセンサー、アラートの概要、データが豊富なビジュアライゼーションなどを利用できます。


24 時間 365 日体制のイベント監視とアラート

生の測定値と統計に由来するデータに関するシステム異常をリアルタイムで認識できます。1 つのワークフロー内で、インシデント管理ツールセットを使用し、高度かつ使いやすい解析を適用できます。迅速な対応とシナリオの計画により、検出されたイベントに関連する影響を緩和できます。


SCADA と IoT の統合

SCADA および IoT のデータをモデリング ツール、シミュレーション ツール、解析ツールに連携します。データの直接接続と自動取り込みとスクラブによる監視で設計ワークフローが向上します。


水理モデルとの統合

SCADA および IoT システムとのリアルタイムの統合により、水理モデルをより簡単に更新、調整できます。解析とモデリングを連携させ、計画部門、運用部門、現場作業者、管理部門、役員などの組織全体のチームをつなげる統合ワークフローの基盤を利用できます。