Asset 12 Asset 10 Asset 15 Asset 15 autodesk_icon_font_04_06_16_kl Asset 11 autodesk_icon_font_04_06_16_kl autodesk_icon_font_1_18_17_start_over-01

Keyboard ALT + g to toggle grid overlay

Civil 3D の詳細オブジェクトを InfraWorks 360 に読み込み

複雑な水平ジオメトリと垂直ジオメトリをサポートします。オブジェクトの設定を保存して再利用できます。

スタイルやルールなどの設計要素を設定することで、設計の意図を明確に伝え、関係者が現況に照らし合わせて、AutoCAD Civil 3D のデータを視覚化し、解析できるようにします。

  • 複雑な水平ジオメトリと垂直ジオメトリの両方が、InfraWorks 360 でサポートされるようになりました。
  • コリドー モデルをカバレッジとして InfraWorks 360 に取り込めます。
  • InfraWorks から Civil 3D に対するオブジェクトの設定を保存して、再利用できます。

他にも次の機能が含まれます。

  • さらに使いやすくなったワークフロー
  • Civil 3D の複雑な水平ジオメトリを InfraWorks 360 で処理
  • コリドー マテリアルをカバレッジとして読み込む
  • 再利用可能な設定
  • データを共有して一貫性のあるワークフローにするため、同様のワークフローをアプリケーション ダイアログで使用

以上の機能すべてにより、提案の評価の際に、設計の意図を効果的に伝え、視覚的な解析と機能的な解析をより効率よく行えます。