Asset 12 Asset 10 Asset 15 Asset 15 autodesk_icon_font_04_06_16_kl Asset 11 autodesk_icon_font_04_06_16_kl autodesk_icon_font_1_18_17_start_over-01
  • 日本

    現地通貨での販売価格、キャンペーンやイベント情報、オンラインによる購入、などをご覧いただくために、お住まいの国のサイトにリダイレクトします

    Stay on our U.S. site

Keyboard ALT + g to toggle grid overlay

自動化されたデータ読み込みとモデル作成

データリッチなグローバル コンテンツ ソースからモデルを作成できます。

クラウドに収集、集積されたデータを使って、モデルをすばやく作成できます。世界中の建物、道路、鉄道、水に関するフィーチャを含む OpenStreetMap からのベクトル データを使用できます。Bing Maps からのラスター データ、世界中の SRTM 地形データ(90 メートル)、米国農務省のデータ(解像度 10 メートル)にアクセスできます。

機能強化:

  • モデル領域のポリゴンが含まれているシェイプ ファイルを読み込むことで、そのモデル領域を定義できます。
  • 新しいポリゴン選択ツールにより、不規則なポリゴンを選択できます。
  • コンテンツ管理機能が改善され、複数のモデルやプロジェクトで使用されるコンテンツの作成、変更、管理を行えるようになりました。また、ルールの作成と編集を行えます。