Keyboard ALT + g to toggle grid overlay

建物性能解析ソフトウェア

Insight を利用すると、建築設計者やエンジニアは、Revit に統合された高度なシミュレーション エンジンと建物の性能解析データを活用して、エネルギー効率がより高い建物を設計できます。

Insight の機能

  • 建物の性能を改善

    設計から運用まで、結果に基づいた直感的な分析情報を生かして、エネルギーおよび環境の最適化につなげることができます。
    (ビデオ: 45 秒 英語)

  • リアルタイムのフィードバック

    主要業績評価指標、ベンチマーク、要因、範囲、仕様を視覚化して相互に活用し、より良い意思決定を行うことができます。

  • 統合 BIM

    FormIt Pro と Revit の機能を活用することで、初期のコンセプト段階から詳細設計に至るまで、エネルギー モデルを自動で作成できます。

    詳細はこちら(英語)

  • 昼光解析

    デイライト オートノミーや年間日照など、主要な昼光計算・シミュレーション、視覚化を行えます。
    (ビデオ: 37 秒 英語)

    詳細はこちら(英語)

  • 2030 Challenge サポート

    効率性に優れた建物を設計し、2030 Challenge やその他のグリーン ビルディングの取り組みに対する目標達成をサポートします。

    詳細はこちら(英語)

  • 建物全体のエネルギー

    DOE 2.2 と EnergyPlus を使用し、完全に動的な熱エネルギー シミュレーションで建物全体とシステムの相互作用を把握できます。

    詳細はこちら(英語)

  • 太陽熱放射とシェーディング

    建物外被面積あたりの日射熱取得、PV ポテンシャル、投資の回収期間を計算します。

    詳細はこちら(英語)

  • 冷暖房負荷

    EnergyPlus の熱収支式を使用して、スペース単位での最大値や建物全体の冷暖房負荷の合計を計算できます。

    詳細はこちら(英語)

Insight のユーザー事例

Dekker/Perich/Sabatini

差別化要因としてのサステイナブル設計

この設計会社では Insight を使用し、高品質で持続可能な設計を実現することによって、Architecture 2030 Challenge の目標達成を目指しています。

Mills Group

エネルギー効率を達成

建築設計者は、建物性能解析に Insight を使用して、3D モデルを解析し、リアルタイムの環境性能指標を取得しています。

米国空軍士官学校

エネルギー節減を実現

チームでは、Insight を使用して、エネルギー コストを削減できる点を特定し、ランドマークとなっている歴史的なモダニスト建築改良の機会に対して優先順位付けを行っています。

${RESELLERNAME}に紹介されたお客様へ

お客様の同意書

私は、オートデスクが私の氏名、メール アドレスを ${RESELLERNAME} と共有し、${RESELLERNAME} が製品インストールに関するサポートを提供し、マーケティング情報を配信するためにこの情報を使用することに同意します。この情報は、${RESELLERNAME} のプライバシー ステートメントに従って取り扱われることを了承します。

電子メール アドレスが必要です 入力された電子メール アドレスが無効です

${RESELLERNAME}からのサポートを同意しない。