Asset 12 Asset 10 Asset 15 Asset 15 autodesk_icon_font_04_06_16_kl Asset 11 autodesk_icon_font_04_06_16_kl autodesk_icon_font_1_18_17_start_over-01
  • 日本

    現地通貨での販売価格、キャンペーンやイベント情報、オンラインによる購入、などをご覧いただくために、お住まいの国のサイトにリダイレクトします

    Stay on our U.S. site

Keyboard ALT + g to toggle grid overlay

機能

Inventor 2018 の新機能

Inventor® 2018 の新機能により、パフォーマンスの向上と相互運用性の強化を実現できるとともに、プロフェッショナル レベルの設計ツールを使えるようになるため、設計ワークフローを改善できます。

  • モデルベースの定義

    3D 注記を使用して、寸法公差、注釈、他の 設計情報の詳細を 3D モデルに追加できます。(動画:2 分 37 秒)

  • Inventor Ideas による改善

    Inventor Ideas に寄せられるお客様のご要望に基づき、Inventor の操作性はリリースのたびに更新・改善されています。
    (動画:2 分 22 秒)

  • パフォーマンスの向上

    大きなファイルを開く際の時間が短縮され、グラフィックスの操作性が向上したことで、設計プロセスの高速化が実現しました。
    (動画:1 分 35 秒)

  • AnyCAD で強化されたファイル サポート

    AnyCAD に新しいファイル形式のサポートが追加され、機能が強化されました。また、Inventor 2017 から 2018 への上位互換性も維持されています。(動画:2 分 43 秒)

その他の機能

プロダクト デザインとモデリング

  • シェイプ ジェネレータ

    高性能を実現するための設計の選択肢を短時間で作成し、評価できます。
    (動画:1 分 52 秒)

  • パラメトリック モデリング

    スケッチをしながらパラメータを定義し、3D オブジェクトのサイズをダイナミックに変更できます。インタフェースを意識せずに設計作業に集中できます。(動画:3 分 17 秒 英語)

  • アセンブリ モデリング

    より簡単な手順でモデルを組み立てることができます。(動画:2 分 43 秒 英語)

  • 図面の作成

    明確、正確で詳細な図面を迅速に作成できます。(動画:2 分 53 秒 英語)

コラボレーションと設計の自動化

  • 3D PDF の書き出し

    形状だけでなく製品の設計関連情報も含まれた 3D ドキュメントを作成し、すべての関係者に配布できます。(動画:2 分 08 秒 英語)

  • ネイティブでないデータでも使用可能

    他社製 CAD データでも関連リンクを保持できます。(動画:2 分 46 秒 英語)

  • フレーム設計の自動化

    構造フレームの設計とテストを迅速に行えます。(動画:2 分 11 秒 英語)

  • エレメカ設計

    Inventor と AutoCAD Electrical のデータをリンクさせることができます。(動画:2 分 31 秒 英語)

モデリング

  • 柔軟なモデリング

    パラメトリック モデリング、フリーフォーム モデリング、ダイレクト モデリングなど、作業ごとに最適なモデリング ツールを使用できます。

  • ダイレクト モデリング

    簡単なプッシュ/プル コントロールを使用して、読み込んだジオメトリのフィーチャを移動、回転、サイズ変更、尺度変更できます。

  • フリーフォーム モデリング

    点、エッジ、面を移動して、形状を自由にスカルプトできます。

  • メカニカル コンセプト設計とレイアウト設計

    Inventor で DWG™ ファイルを直接開き、3D モデルのベースとして使用できます。

  • プラスチック部品設計

    Inventor の専用ツールでプラスチック部品を設計および分析できます。

  • シート メタル設計

    社内標準に準拠した複雑なシートメタル製品を設計できます。

自動化

  • 製品コンフィギュレーションの自動化

    複雑な製品コンフィギュレーションを簡単に設定および展開できます。

  • パーツとアセンブリの設計オートメーション

    可変パラメータを定義することにより、再利用や再構成することが可能なパーツ、製品フィーチャ、アセンブリを作成できます。

  • コンポーネント ジェネレータとカリキュレータ

    内蔵のカリキュレータにより、溶接、クランプ、圧入など共通ジョイントの設計を通知できます。

  • チューブおよびパイプの自動設計

    Inventor の自動化ツールとフル コントロール機能を使用して、チューブとパイプの配管を作成できます。

相互運用性

  • クラウド ベースでの 3D 設計のレビュー

    クラウドで軽量化バージョンの 3D データを共有できます。

  • プリント基板の相互運用性

    電子設計と機械設計の情報を統合し、一元的な製品情報として定義します。

  • BIM の相互運用性

    BIM システムで使用する 3D モデルの作成に役立つ専用ツールを利用できます。

    詳細はこちら(英語)

  • データ管理

    強力な検索機能により、簡単にファイルを検索したり、設計ファイルを迅速にコピーして新規の設計、または派生した設計のいずれでも使用できるようにします。

シミュレーションとビジュアライゼーション

  • 分解図とアニメーション

    製品のドキュメント、マニュアル、組み立て手順書などに、複雑なアセンブリの分解図やアニメーションを組み込むことができます。

  • ダイナミック シミュレーション

    荷重をかけながら設計の動き、速度、加速度の状態を評価できます。

  • 応力解析

    製造工程のどの段階にあっても、パーツにクイック チェックを実行したり、製品全体の詳細な解析を実施することができます。

  • ビジュアライゼーションとレンダリング

    ビジュアライゼーション ツールとレンダリング ツールを使用して製品の外観を確認できます。