Inventor の主な機能

Inventor による産業機械設計の画像

パラメトリック モデリング

直感的なユーザー インターフェイスで 3D モデルを作成・編集できるため、設計作業に集中できます。

アセンブリ モデリング

アセンブリとしての適合性やパフォーマンスを確認できます。

図面の作成

製造に適した正確で分かりやすく詳細な図面を迅速に作成できます。

共有ビューでコラボレーション

関係者があらゆるデバイスから設計にアクセスし、コラボレーションできます。

非ネイティブ データにも直接アクセス

他の CAD システムで作成された設計を直接開くことができます。データ形式を変換する必要もありません。

BIM との相互運用性

BIM プロジェクトで、Revit データの読み込みや作成を行えます。

設計の構成

設計の構成をすばやく新規作成できるため、3D モデリングのプロセスが迅速になります。

フレーム設計の自動化

溶接フレーム設計の 3D モデルをすばやく作成、シミュレーションできます。

シート メタル

複雑なシート メタル製品を設計し、製造用に準備できます。

モデルベースの定義

3D モデルに製造情報を追加して、後工程で活用できます。

コンテンツ センター

包括的なコンテンツを取りそろえたカスタマイズ可能なライブラリから、標準コンポーネントを選択できます。

モデル状態

同じパーツ ファイルまたはアセンブリ ファイルで、製造状態、簡略化レベルなどを作成します。

Inventor 2025 の新機能

3D CAD ソフトウェア、Inventor の最新バージョンには、ユーザーの声に応じてさまざまなアップデートや強化機能が追加されています。設計プロセスの管理、コネクテッド ワークフローによるスピーディーなエンジニアリング、繰り返し作業の削減など、役立つ機能が満載です。

Inventor 2025 の新機能

強化機能

パーツ モデリング

改善された仕上げ機能や、設計の生産性を高める機能をお試しください。(ビデオ:2 分 42 秒 英語)


強化機能

アセンブリ モデリング

機能がシンプルになったほか、締結部品をすばやく配置できる機能で、製品設計が迅速になります。(ビデオ:2 分 09 秒 英語)


強化機能

図面

3D 注記や 2D 図面作成の強化機能で、コラボレーションが向上し、世界の標準に準拠しやすくなります。(ビデオ:1 分 53 秒 英語)


強化機能

シート メタル

シートメタル作成用のインターフェイスが新しくなりました。製品開発がさらにアジャイルになります。(ビデオ:1 分 58 秒 英語)


強化機能

相互運用性

建築、エンジニアリング、建設データの相互運用性が強化され、コラボレーションがさらに効率的になりました。(ビデオ:1 分 46 秒 英語)


Inventor のその他の機能

製品設計

パラメトリック モデリング

スケッチ拘束、寸法、パラメータ用のインテリジェントな計算式を使用して、モデルの設計意図を正確に伝えます。(ビデオ:3 分 01 秒 英語)
 


アセンブリ モデリング

コンポーネント間の関係性を構築する際に、アセンブリの適合性と機能を評価し、干渉がないことを確認します。(ビデオ:2 分 43 秒 英語)


図面の作成 

Inventor や AutoCAD で、製造用図面に適切なビューと注記をすばやく配置できます。(ビデオ:3 分 07 秒 英語)


コラボレーション

共有ビューでコラボレーション 

どのデバイスからでもアクセスできる安全な Web リンクで設計を共有し、レビュー、朱書き、コメントの追加を行えます。(ビデオ:2 分 23 秒 英語)
 


非ネイティブ データにも対応 

他の CAD アプリケーションで作成および保存した 3D モデルでも、関連リンクを維持したまま開くことができます。(ビデオ:1 分 57 秒 英語)
 


BIM との相互運用性 

製品の簡略化された 3D 表現を作成し、BIM プロジェクトで使用するために必要なメタデータと製品の分類を作成します。(ビデオ:2 分 27 秒 英語)
 


Fusion の相互運用性

ジェネレーティブ デザイン、シミュレーション、電子設計、製造などの Fusion のワークフローに、Inventor からすばやくアクセスできます。(ビデオ:1 分 10 秒 英語)


Revit におけるデータ交換の強化機能

BIM(ビルディング インフォメーション モデリング)と MCAD(機械 CAD)の機能が強化され、シームレスな相互運用性が実現しました。建築設計ソフトウェアの Revit と Inventor の間でデータを安全に共有できます。(ビデオ:48 秒 英語)


エッジ記号

ISO 規格に基づいた外観設定や、さまざまなカスタマイズ設定が可能なプロパティ パネルなど、エッジ記号に新たな機能が追加されました。(ビデオ:1 分 09 秒 英語)


溶接記号

図面と関連付けされた溶接記号とサブ溶接記号を作成し、3D PDF や DWF、共有ビューに書き出すデータに含めることができます。(ビデオ:1 分 29 秒 英語)


仕上げユーティリティ

仕上げ加工の新機能を使用して、コーティング材料や表面仕上げなど、外観や製造プロセスを指定できます。(ビデオ:3 分 28 秒 英語)


設計の自動化

設計の構成 

iLogic では、エンジニアリング知識を適用し、カスタマイズ可能な設計構成をすばやく作成できます。(ビデオ:2 分 英語)


フレーム設計の自動化 

自動化ツールを使用して溶接フレーム構造を作成し、梁の要素を使用してシミュレーションできます。(ビデオ:2 分 23 秒 英語)


シート メタル 

業界標準の曲げ許容量に対応したオプションでシート メタル設計を構築し、製造用の正確なフラット パターンを作成できます。(ビデオ:1 分 42 秒 英語)


モデル状態 

同じパーツ ファイルまたはアセンブリ ファイルで、製造状態、簡略化レベルなどを作成できます。


モデリング

モデルベースの定義 

3D 寸法、注記、寸法許容差を直接 3D モデルに取り込み、下流工程に活用できます。(ビデオ:2 分 10 秒 英語)


コンテンツ センター 

梁、ボルト締結部、ギア、カム、ベルト、スプリングなどのパーツを、標準のコンテンツ ライブラリおよびカスタマイズ可能なコンテンツ ライブラリから選択できます。(ビデオ:2 分 15 秒 英語)


シェイプ ジェネレータ 

3D モデル内の応力集中の高低を検出するツールを使用して、設計をさらに最適化できます。(ビデオ:2 分 16 秒 英語)


柔軟なモデリング 

パラメトリック モデリング、フリーフォーム モデリング、ダイレクト モデリングなど、作業ごとに最適なモデリング ツールを使用できます。
 

詳細はこちら (英語)


ダイレクト モデリング 

簡単なプッシュ/プル コントロールを使用して、読み込んだジオメトリのフィーチャを移動、回転、サイズ変更、尺度変更できます。
 


フリーフォーム モデリング 

点、エッジ、面を移動して、形状を自由にスカルプトできます。


機械設備の概念設計とレイアウト設計 

Inventor から直接 DWG™ ファイルを開き、3D モデルのベースとして使用できます。

詳細はこちら (英語)


コンポーネント ジェネレータとカリキュレータ 

内蔵のカリキュレータにより、溶接、クランプ、圧入など共通ジョイントの設計を通知できます。


チューブ & パイプ設計 

Inventor の自動化ツールとフル コントロール機能を使用して、チューブとパイプの配管を作成できます。


データ接続

プリント基板の相互運用性 

電子設計と機械設計の情報を統合し、一元的な製品情報として定義できます。


データ管理 

データ管理、リビジョン管理、コラボレーション用のツールによって製品開発が効率化し、スピーディーになります。


シミュレーションとビジュアライゼーション

ダイナミック シミュレーション 

荷重をかけながら設計の動き、速度、加速度の状態を評価できます。


応力解析 

製造工程のどの段階にあっても、パーツにかかる応力をすばやく確認したり、製品全体の詳細な解析を実施したりできます。


分解図とアニメーション 

製品のドキュメント、マニュアル、組み立て手順書などに、複雑なアセンブリの分解図やアニメーションを組み込むことができます。