Asset 12 Asset 10 Asset 15 Asset 15 autodesk_icon_font_04_06_16_kl Asset 11 autodesk_icon_font_04_06_16_kl autodesk_icon_font_1_18_17_start_over-01

Keyboard ALT + g to toggle grid overlay

機能

プラスチック射出成形用シミュレーション ツール

プラスチック射出成形のシミュレーション ソフトである Moldflow® は、製造上の欠陥を低減させるのに役立ちます。射出成形金型設計、プラスチック部品設計、および射出成形プロセスのための各種ツールを利用できます。

Moldflow Insight

解析担当者が必要とする高度なプラスチック設計シミュレーション ツールがすべて揃っています。最先端の成形プロセスのシミュレーションを行い、生産の遅れを回避できます。

  • 新機能

    ワンクリックでメッシュ作成

    モデル内でメッシュの作成と解析をワンステップで実行できるため、生産性が改善されます。(ビデオ:1 分 30 秒 英語)

  • ダイレクト ジオメトリ編集

    肉厚やフィーチャの位置などのプロパティを直接変更することで、さまざまな異なる組み合わせを試すことができます。(ビデオ:1 分 42 秒 英語)

  • 成形品最適化スタディ

    モデル形状パラメータの範囲値を用いて実験計画法を使用できます。(ビデオ:1 分 37 秒 英語)

  • クラウド解析

    ローカル リソース キャパシティを損なうことなく、クラウドで複数の解析を実行します。(ビデオ:1 分 51 秒 英語)

    クラウド サービス

  • オーバーモールディングの冷却

    冷却解析が、ガスアシスト射出成形および 2 ショット オーバーモールディングにまで拡張されました。(ビデオ:1 分 57 秒 英語)

  • 3D レジン トランスファー成形(RTM)

    繊維マットを配置した金型の成形品を指定し、樹脂の浸透プロパティを定義できます。(ビデオ:1 分 50 秒 英語)

  • 収縮と反り

    正確に補正されたモデルを生成して、金型設計に使用したり、成形品の形状にさらに変更を加えることができます。 

  • バルブ ゲート開閉の制御

    バルブ ゲートの開閉を制御したり順次開閉させることで、高品質のサーフェス仕上げを実現できます。(ビデオ:1 分 22 秒 英語)

  • 新機能 | 粉末射出成形

    金属射出成形またはセラミック射出成形プロセスをシミュレートできます。

  • サーフェス不良のトレーサビリティ

    ポリマーの流路を表示して、サーフェス不良を防止できます。

  • 誘導加熱

    金型コンポーネントの電磁誘導加熱をシミュレートできます。

  • 熱可塑性樹脂射出成形

    設計および成形プロセス、リアクティブ成形、半導体封止成形などをシミュレートできます。 

  • 新機能 | マルチバレル熱可塑性樹脂射出成形

    射出成形品の充填のために、複数の射出成形バレルの使用に対する解析と評価を行えます。 

  • 繊維配向

    成形品の繊維配向、形状、構造プロパティを評価できます。 

  • 金型の冷却

    非定常熱計算に加え、コンフォーマル冷却などの高度な冷却手法と冷却レイアウトを実現できます。 

  • 成形不良の削減

    成形不良に早めに対応でき、エアー トラップ、ショート ショット、コア シフトなどの潜在的な不良を低減できます。 

  • 成形不良の可視化

    ウェルド ラインやヒケなどの成形不良を可視化し、射出ポイントの位置などを最適化できます。

  • 2 ショット連続オーバーモールディング

    2 連続射出プロセス(または材料)をシミュレートし、オーバーモールディング プロセスの解析を行えます。

  • 複屈折

    ブラーや二重イメージなどの光学的な品質の問題を予測し、軽減できます。 

  • 単一方向のコア シフト

    インサートを含む成形品における単一方向のコアの変位量をシミュレートできます。 

  • 解析結果をエクスポートして構造解析で利用

    Moldflow のデータを Helius PFA のプロジェクトに転送して、成形品の構造性能を確認できます。

  • 実験計画法(DOE)

    DOE 解析を使用して、金型の温度や射出時間など、どの入力変数が品質に影響を与えるかを特定できます。

  • パラメトリック スタディ

    品質の目標に到達するための成形パラメータを最適化できます。成形パラメータを変更し、成形品に対する効果を視覚化できます。

  • 化学的発泡剤

    内部フォーム構造を持つプラスチック成形品を作成するための化学的発砲剤をシミュレートできます。 

  • MuCell コアバック射出成形

    Trexel 社のマイクロセルラー発泡射出成形とコアバック テクノロジの組み合わせを使用して、成形品をより強固かつ軽量にすることができます。 

  • マイクロセルラー射出成形

    3D メッシュでマイクロセルラー射出成形を解析できます。一定の密度を帯び、フィッティングされた古典的核生成モデルが含まれています。

  • ガスアシスト射出成形

    ガス冷却管の形状および浸透を最適化できます。射出位置や遅延時間の位置などが改善されています。

  • 軽量品製造の検証

    軽量コンポーネントのプロセスをチェックし、成形品が寸法や機能の仕様を満たしていることを確認できます。

  • 圧縮成形および射出圧縮成形

    従来の射出成形では対応できない特定の用途のための金型と成形品を作成できます。 

  • 直交異方性成形品インサート

    複合材料または木材で構成された連続繊維インサートをシミュレートし、オーバーモールドによる成形品の不良を解析できます。 

  • 二材射出成形シミュレーション

    1 つのキャビティに 2 種類の材料を射出し、それらの相対的な分布と位置を決定することができます。

  • 半導体封止成形

    封止成形パッケージ、ツール、リード フレーム、およびワイヤを設計するためのツールにより、ワイヤー スイープとパドル シフトを予測できます。

  • 柔軟なクラウドの解析オプション

    自分のコンピュータで他の作業を行いながら、クラウドで複数のシミュレーションを同時に実行できます。

    クラウド サービス

  • 解析レポート

    Moldflow の解析結果を、HTML、Microsoft Word、Microsoft PowerPoint 形式のテンプレート レポートで簡単に共有することができます。 

  • 使いやすさの向上

    カスタマイズ可能なリボン、ロックされたウィンドウ内でのクリッピング プレーンの同期など、複数の機能が改善されています。

  • 解析評価機能の改善

    新しいプロットが追加され、キャビティ重量、初期曲げモーメントなど、シミュレーション結果をさらに深く理解できるようになりました。 

  • メッシュ作成の生産性の向上

    メッシュ選択用のツールとメッシュ作成中のノード プレビュー機能を使用して、メッシュを作成、修復、改良できます。 

  • 材料データベース

    データベースには、射出成形のための 9,500 種類を超えるプラスチックと、冷媒や射出成形機などのパラメータが含まれています。

  • アプリケーション プログラミング インタフェース(API)

    API オートメーション ツールにより、プログラミングの経験がなくてもカスタム スクリプトを作成できます。 

Moldflow Adviser

設計者と解析担当者のためのプラスチック シミュレーション ツールが含まれています。成形品と金型の設計を最適化し、成形品の品質と製造性を確保できます。

  • ランナー バランス

    ランナー バランス処理により、金型のすべてのキャビティが、均等に分散された圧力で同時に充填されます。(ビデオ:2 分 30 秒 英語)

  • 成形品公差、収縮、反り

    成形品反りを解析し、潜在的な設計上の問題を評価することにより、成形品の品質を最適化できます。(ビデオ:2 分 14 秒 英語)

  • 効果的な金型のモデリングと冷却

    自動的に冷却管を作成し、複数の冷却平面を追加できるほか、手動で冷却回路をモデリングできます。(ビデオ:2 分 09 秒 英語)

  • デザイナーのためのアドバイザ

    コンセプトを解析、評価し、開発プロセスの早い段階において選択した設計の影響を確認できます。(ビデオ:3 分 09 秒 英語)