Autodesk MotionBuilder:キャラクターやクリーチャーに命を吹き込む

3D キャラクター アニメーション ソフトウェア

画像提供:Alireza Akhbari

Autodesk MotionBuilder とは

MotionBuilder は、魅力的なキャラクターや恐ろしいクリーチャーに命を吹き込むための 3Dキャラクター アニメーション ソフトウェアです。次のような機能を搭載します。

  • 複雑なアニメーションをキャプチャ、編集、再生

  • インタラクティブな環境で、迅速かつ効率的に作業

  • Maya や 3ds Max などの 3D コンテンツ作成ツール間でデータをシームレスに交換


MotionBuilder で作成された 3D キャラクター アニメーション(ビデオ:5 秒) 提供:Alireza Akhbari 氏

MotionBuilder の特長

高品質なキャラクター アニメーションを作成

MotionBuilder に搭載されている既定の動作を利用して、簡単に 3D キャラクター アニメーションを作成できます。

インタラクティブな環境で作業

アーティストにとって使いやすく、カスタマイズ可能なインターフェイスによって、創造性を思う存分に発揮しながら迅速に作業できます。

アニメーションをすばやく微調整

制作用の編集ツールでモーション キャプチャのデータを操作し、さらに高レベルなキャラクターを作成できます。

Autodesk MotionBuilder でできること

画像提供:Alireza Akhbari

キャラクターのリアルな動作を作成

リアルタイム 3D キャラクター エンジンで、二足動物や人間のスケルトンの自然な動きを自動的に作成できます。

アニメーションをすばやく修正、変更

操作ツールでキャラクターの位置と方向を変更しながら、アニメーションを作成・変更できます。

よくある質問(FAQ)

Autodesk MotionBuilder はどのオペレーティング システムで動作しますか?

Autodesk MotionBuilder は、Microsoft® Windows® および Linux® で動作します。詳細については、「Autodesk MotionBuilder の動作環境」を参照してください。

Autodesk MotionBuilder はどのような用途のソフトウェアですか?

Autodesk MotionBuilder は、3D キャラクター アニメーション ソフトウェアです。インタラクティブな環境で高品質なアニメーションをキャプチャ・編集・再生できるほか、さまざまな動作が組み込まれています。

Autodesk MotionBuilder はどのようなユーザーを対象としていますか?

Autodesk MotionBuilder は、高品質なアニメーションをすばやく作成できるソフトウェアです。アニメーションやゲームの制作スタジオで広く使用されています。

現在販売中のバージョンを購入した場合に使用できるのは、MotionBuilder のどのバージョンですか?

Autodesk MotionBuilder のサブスクリプションでは、3 つ前までのバージョンをインストールしてご利用いただけます。ダウンロード可能なバージョンは、サブスクリプションのご購入後に Autodesk Account に一覧表示されます。「サブスクリプション メンバーが使用可能な前バージョン」も参照してください。

MotionBuilder を複数のコンピューターにインストールすることはできますか? 

MotionBuilder のサブスクリプションでは、最大 3 台のコンピューターまたは他のデバイスにインストールできます。ただし、指名ユーザーがソフトウェアにサイン インして使用できるのは、一度に 1 台のコンピュータのみです。詳細は、「ソフトウェア使用許諾契約」を参照してください。

MotionBuilder 無償体験版を有償のサブスクリプションに変更するにはどうすればよいですか? 

体験版のソフトウェアを起動して、体験版の画面から[購入する]をクリックするか、MotionBuilder の購入ページでご購入ください。ご購入時に、体験版のサインインに使用したものと同じ電子メール アドレスとパスワードを入力します。詳細は、「無償体験版からサブスクリプションに変換する」を参照してください。

MotionBuilder のサブスクリプション価格を教えてください。

MotionBuilder のサブスクリプション価格は 1 ヵ月契約が  . MotionBuilder のサブスクリプション価格は 1 年契約が . 、3 年契約が です。製品の使用頻度が低い方には、従量課金制のオプションもご用意しています。詳しくは、www.autodesk.co.jp/flex をご覧ください。

さらに表示

トラブルシューティングの記事を見つけて問題を解決できます。