Keyboard ALT + g to toggle grid overlay

機能

設計から製造までをカバーする 3D プリント ソフトウェア

Netfabb® には、効率的な出力準備機能に加えて、積層造形用に設計を最適化したり、金属積層造形プロセスをシミュレーションしたり、CNC によるポストプロセスを計画できるツールが用意されています。

製造準備

  • モデルの読み込み、解析、修復

    さまざまな CAD 形式のファイルからモデルを読み込み、修復ツールを使って簡単にエラーを修復できます。
    (ビデオ:2 分 30 秒 英語)

  • 製造用モデル修正

    モデルの肉厚の調整、粗い部分のスムージングなどを行い、製造可能なモデルを準備します。(ビデオ:2 分 32 秒 英語)

  • 調整可能なサポート材

    サポート材が必要な部分を特定し、ツールを使用して半自動的にサポート構造を生成できます。(ビデオ:2 分 17 秒 英語)

  • メッシュから CAD への変換

    有機的なフリーフォーム メッシュファイルを境界表現モデルに変換し、STEP、SAT、IGES 形式の CAD で使用できるようにします。

  • 自動パッキング

    出力時のパーツの配置を最適化する 2D と 3D のパッキング アルゴリズムを利用して、特定の造形領域内にすべてのパーツを収めることができます。

  • レポート作成

    製造と見積もりに欠かせない情報を含むカスタム レポートを作成できます。

  • 高度なツールパス

    製造方針を策定し、サーフェス品質、パーツ密度、製造スピードを最大限に高めるようにツールパス パラメータを定義できます。

積層造形用の設計の最適化

  • 内部ラティス構造

    特定の用途に応じた性能特性を持つ軽量パーツを作成できます。

  • トポロジ最適化

    パーツの負荷と制約に基づいて、剛性と重量を最適化した形状を生成します。

  • パフォーマンス解析機能の統合

    Autodesk Nastran のシミュレーション機能が組み込まれており、最適化した設計をテストできます。

  • 最適化エンジン

    負荷の要件を満たしながら重量を減らすために、ラティス要素とサーフェス要素を自動的に検証し、最適化します。

  • 選択的空間構造(3S)

    ソリッド ボリュームの内部を標準構造体やカスタム構造体で埋めることで、独自の材質特性を備えたパーツを作成できます。

装置の統合

  • プリンティング エンジンの統合

    一般的な積層造形装置に対応しており、該当機種を選ぶだけで使用プロセスに合わせて Netfabb ワークスペースを設定できます。

  • 複数のヘッドによる 3D プリンティング

    1 台の 3D プリンタの複数のプリンティング ヘッドに効率的にツール パスを配分し、一斉に出力できます。

  • 受託加工メーカー向けのソリューション

    Netfabb は幅広い OEM に対応しており、特定の装置に合わせた統合プリンティング業務が可能になります。

ハイブリッド製造

  • ニアネットシェイプの設計

    PowerShape テクノロジを利用して金属積層造形プロセス用のニアネットシェイプ(最終製品に近い形状)を設計し、モデル化できます。

  • PowerMill への書き出し

    ニアネットシェイプを PowerMill に直接書き出して、ポストプロセスのための CNC ツールパスを生成できます。