Keyboard ALT + g to toggle grid overlay

Netfabb Simulation の機能

金属粉末床溶融結合プロセスおよび指向性エネルギー堆積プロセスでの積層造形パーツの熱機械応答を予測します。

  • 金属粉末床溶融結合

    マルチスケールのモデリングを使用して、パーツの熱応答および機械応答を予測し、造形失敗の削減に役立てます。 

  • 指向性エネルギー堆積

    Netfabb ローカル シミュレーションを使用し、粉末供給とワイヤ供給の両方の DED プロセスで製造全体をシミュレーションします。

  • 高速予測シミュレーション

    アダプティブ メッシュと物理ベースのマルチスケール アプローチにより、処理時間を短縮して精度を高めます。

    (ビデオ:1 分 7 秒 英語)

  • 歪みを補正

    シミュレーション結果に基づいて自動的にジオメトリを補正し、プリンティング時に目的の形状を実現します。

  • 小規模シミュレーション

    選択したマテリアルとプロセス パラメータに基づいて PRM ファイルを生成し、精度を高めます。

  • パーツ規模のシミュレーション

    粉末床溶融結合の積層造形プロセスをシミュレーションして、造形が失敗する潜在的な原因を特定します。

  • ビルド プレート全体のシミュレーション

    パーツ間の相互作用とビルド プレートの歪みをキャプチャします。

  • 応力除去のシミュレーション

    プロセスの温度と時間の曲線を入力することで、処理後の適切な加熱サイクルを設計します。

  • リコータへの衝突の検出

    設備損傷の原因ともなる、粉末床プロセスでの製造問題を洗い出します。

  • サポート材の問題を回避

    サポート材の問題を予測することで、サポート構造の設計および配置に役立てます。

  • パーツの歪みの予測

    金属積層造形パーツの変形をシミュレーションし、造形時のトラブルの解消に役立てます。

  • パーツ/粉末の相互作用を考慮

    ルース パウダーへのエネルギー伝導をモデリングして、モデルの精度を向上します。

  • 残留応力の計算

    積層造形プロセスで蓄積される残留応力とひずみを正確に計算し、造形時のトラブルの起こりやすい領域を特定します。

  • ワイヤ切断後の応答をシミュレーション

    ビルド プレートから除去した後の溶着パーツの機械応答をシミュレーションして、最終的な歪みを計算します。

  • ホット スポットと融解の不足の予測

    マルチスケールのモデリングを適用し、処理中の過度な温度上昇や温度不足(融解の不足)領域を予測できます。

シミュレーションの検証と調査

Netfabb Simulation のソルバの予測性能は、すでに検証済みです。2012 年より 730 万ドル以上の費用をかけ、数百件の設計事例とジオメトリの実験結果の比較検証が行われました。

パーツ/粉末の相互作用

America Makes、GE GRC、United Technologies Research Center のデータによると、ルースパウダーの明示的なモデリングとパーツ間の相互作用で精度が向上しました。

サポート材の問題を予測

ペンシルベニア州立大学の CIMP3D 積層造形センターで製造されたコンポーネントのパーツがサポート材から剥離することが、Netfabb Simulation で正確に示されました。

画像提供:Ed Demeter 博士

移動ソースのシミュレーション

移動ソース モデルの予測検証では、Netfabb Simulation が粉末床溶融結合プロセスで計測された温度と歪みを正確に計算できることが実証されました。最終的に計算された歪みと計測値との誤差は 5% 以内です。