Asset 12 Asset 10 Asset 15 Asset 15 autodesk_icon_font_04_06_16_kl Asset 11 autodesk_icon_font_04_06_16_kl autodesk_icon_font_1_18_17_start_over-01
  • 日本

    現地通貨での販売価格、キャンペーンやイベント情報、オンラインによる購入、などをご覧いただくために、お住まいの国のサイトにリダイレクトします

    Stay on our U.S. site

Keyboard ALT + g to toggle grid overlay

位置合わせと最適フィットの手法

PREMIUM、ULTIMATE

角柱状パーツとフリーフォームのサーフェスの位置合わせ手法を利用できます。

ジョブの要件が何であれ、ジオメトリのフィーチャ、CAD サーフェス、エッジ点、またはこれらの組み合わせを使用して位置合わせを行います。

ローカルの最適フィットにより、フレキシブル パーツの計測精度を高め、計測結果を定期的にレポートできるようになります。パーツに複雑なフリーフォームのサーフェスがある場合でも、高価な位置合わせシステムは不要です。

最適フィットに含める点を指定することで、パーツの形状がどれほど複雑でも、位置合わせを正確に計算できます。

PowerInspect の位置合わせ機能を使用すれば、複雑なフリーフォームのパーツはもちろん、形状やストックが異なるパーツ同士も正確に位置を合わせて加工できます。

位置合わせと最適フィットの手法で複雑なパーツに対応