Keyboard ALT + g to toggle grid overlay

機能

高度な 3 軸および 5 軸加工 CAM

PowerMill® の機能を利用すると、3 軸および 5 軸プログラミング、シミュレーション、検証が簡単になり、切削加工、積層造形、ハイブリッド加工の利点をさらに活かすことができます。

高速加工

  • 高度なパフォーマンス

    大型の複雑なパーツに対してツールパスを迅速に計算できます。サーフェス、ソリッド、メッシュの加工に対応しています。

    (ビデオ:2 分 48 秒 英語)

  • 高速粗取り

    高効率の粗取りによってパーツの加工速度が向上します。工具の寿命を伸ばし、メンテナンスのコストを削減できます。

    (ビデオ:3 分 15 秒 英語)

  • あらゆる仕上げ方法をカバー

    豊富なツールパスのライブラリにアクセスできます。手仕上げや機械を操作しての研磨加工を最小限に抑えながら、表面仕上げを向上させます。(ビデオ:3 分 02 秒 英語)

  • ツールパスの最適化

    ツールパス全体を一気に編集したり、一部分に限定して編集できます。時間のかかる再計算は必要ありません。

    (ビデオ:2 分 44 秒 英語)

  • サーフェスの測定

    ULTIMATE(追加のサブスクリプション特典)

    プローブ ツールパスを作成してスピンドル プローブでパーツを測定できます。Autodesk Drive を使用すると、サブスクリプションメンバー間で 3D レポートの共有が可能です。

  • 工作機械の設定

    複数の操作のプログラミング時に、作業平面、ストック、クランプを管理できます。

  • クラウド内のポスト

    (サブスクリプションのみ)

    セキュアなクラウドベースのプラットフォームを使用して CNC ポストプロセッサを管理できます。

  • Autodesk Drive

    (サブスクリプションのみ)

    PowerMill のデータを安全に保存、プレビューし、プロジェクト関係と共有できます。

  • 機能強化 | リボン インタフェース

    インターフェイスとユーザー エクスペリエンスが向上しました。3D ビューが使いやすくなり、よく使用するコマンドにすばやくアクセスできるようになりました。

    詳細はこちら(英語)

  • 2.5D プログラミング

    2D フィーチャ、ツールパス、および NC コードを対話形式で作成できます。衝突が自動的にチェックされ、空切削を最小限に抑えます。

    詳細はこちら(英語)

  • リブ加工

    PREMIUM、ULTIMATE

    金型(モールドおよびダイ)のリブ加工用に、カッターへの負担が少ないツールパスを生成します。EDM(放電加工)に代わる低コストの方法として使用できます。

    詳細はこちら(英語)

  • すべての CAD をサポート

    サーフェス、ソリッド、メッシュを、主要な CAD システムから読み込むことができます。モデルの品質に関係なく高品質な NC コードを作成できます。

  • 新機能 | Fusion Production

    PowerMill のデータを Fusion Production に送信して、クラウドベースのジョブ トラッキング、スケジューリング、工作機械の監視を実現できます。

5 軸プログラミングと多軸加工

  • 強化

    効率的な 3 + 2 プログラミング

    アクセスしにくいフィーチャでも、最小限の設定と工具を使い、より効率的なフィードと速度で加工できます。

    (ビデオ:2 分 10 秒 英語)

  • 5 軸加工

    PREMIUM、ULTIMATE

    3 + 2 軸加工を超える連続 5 軸加工。きわめて難しいパーツも安全かつ効率よく加工できます。(ビデオ:3 分 24 秒 英語)

  • 強化

    工具の傾きの自動調整

    PREMIUM、ULTIMATE

    工具の軸の傾きが自動で調整されるので、衝突のない 5 軸ツールパスを簡単に作成できます。(ビデオ:58 秒 英語)

    詳細はこちら(英語)

  • 強化

    高度な 5 軸コントロール

    PREMIUM、ULTIMATE

    5 軸ツールパス全体を編集したり一部のみを編集したりすることで、工作機械の動きを改善してサイクル タイムを短縮できます。

    (ビデオ:2 分 50 秒 英語)

  • インタラクティブな衝突回避

    インタラクティブ ツールを使用して、衝突やニアミスを引き起こす可能性のあるツールパスの動きを特定し、修復できます。

  • 自動方向ベクトル

    5 軸シミュレーションと実際の NC プログラムの出力との同期機能が改善されました。

  • 領域別の動的な工作機械コントロール

    PREMIUM、ULTIMATE

    ツールパスの複数の領域を選択し、仮想 CNC 工作機械を使用して各種のツール軸設定を動的に適用できます。

    詳細はこちら(英語)

  • 広範な工具のサポート

    バレル カッターをはじめとするさまざまな種類の工具を使用でき、加工のニーズに合わせて 3 軸と 5 軸の手法を組み合わせることができます。

切削加工のシミュレーションと検証

  • ストック シミュレーション

    Dynamic ViewMill で高品質なイメージが表示されるようになりました。ストックとの衝突を検出、表示するための新しいオプションです。

    詳細はこちら(英語)

  • ストックの解析

    カラーコード化されたシェーディング モードを使用して、未加工の材料をすばやく特定できます。

  • 衝突のチェックと回避

    ツールを使用して衝突とニアミスを特定して回避できます。CAM プロジェクト全体を分析して信頼性を高めることができます。

    詳細はこちら(英語)

  • 工作機械の動きを解析

    仮想 CNC 工作機械を使用してツールパスと NC プログラムをシミュレートできます。オーバートラベルや回転軸の逆転を識別して表示できます。

    詳細はこちら(英語)

  • 工作機械の動きを最適化

    仮想 CNC 工作機械を動的に配置することで、より短い工具を使用したり、効率性を重視したフィードや速度を設定できます。

    詳細はこちら(英語)

  • 検証結果の書き出し

    NC プログラムおよび関連するデータをサードパーティ製の検証ソフトウェアにすばやく転送して、問題がないかを確認できます。

  • 信頼性の高い NC コードを出力

    工作機械に対して高品質の NC コードを出力します。主要な NC コントローラの最新の加工機能にアクセスできます。

特定分野向けの機械加工ソリューション

  • 積層造形

    ULTIMATE(サブスクリプションのみ)

    高速な造形を実現するための積層造形データの作成、制御、シミュレーションが可能です。(ビデオ:2 分 41 秒 英語)

    詳細はこちら(英語)

  • 産業用ロボット

    PREMIUM、ULTIMATE

    オフラインでロボットのプログラミングとシミュレーションが可能です。軸の動きを解析し、特異な動きや過剰な動きを低減します。
    (ビデオ:2 分 56 秒 英語)

  • 電極の製造

    PREMIUM、ULTIMATE

    EDM 用の電極の製造を自動化します。加工テンプレートを定義してパーツのファミリに適用します。(ビデオ:2 分 47 秒 英語)

  • ブリスクとインペラーの加工

    ULTIMATE

    ブリスク、IBR、インペラーの製造に 5 軸加工を利用できます。粗取りと仕上げの滑らかなツールパスを作成できます。
    (ビデオ:1 分 38 秒 英語)

    詳細はこちら(英語)

  • 旋盤用 CAM

    5 軸複合旋盤加工機に最適な旋盤加工法を活用できます。フライス加工のツールパスと組み合わせて工作機械の設定を減らすことができます。

    詳細はこちら(英語)

  • 旋盤加工の改善

    時間のかかる再計算を行うことなく旋盤加工のツールパスを編集できます。衝突をチェックして 3D ストック モデルに適用します。

    詳細はこちら(英語)

  • ブレード加工

    ULTIMATE

    タービンのブレードやベーンなどの翼を加工する工具を利用できます。滑らかな 5 軸動作の専用ツールパスを使用します。

    詳細はこちら(英語)

  • ポートとマニホールドの製造

    ULTIMATE

    5 軸加工でポートを切削できます。噛み合い角やカッターのプッシュオフをコントロールし、手仕上げによる研磨加工を最小限に抑えます。

    詳細はこちら(英語)

高度なコントロールと最適化

  • リンク コントロール

    非切削ツールパス接続の移動をコントロールします。空切削を最小限に抑え、ドウェル マークを回避して、表面仕上げを向上できます。

    詳細はこちら(英語)

  • カスタマイズと自動化

    テンプレート、マクロ、ツールバーに専門知識を組み込むことができます。プログラミングの時間とヒューマン エラーを最小限に抑えます。

    詳細はこちら(英語)

  • 工具設定のデータベース

    検索可能なツール データベースを構築して共有することで、プロセス管理を向上できます。

    詳細はこちら(英語)

  • セットアップ シート

    重要な情報を現場のオペレータと共有できます。セットアップ時間を最短にし、損失を招くミスを回避できます。

    詳細はこちら(英語)