PowerMill の主な機能

Fusion 360 with PowerMill® の進化した機能によって、3 軸および 5 軸の CAM プログラミングが容易になります。切削、積層、ハイブリッド製造の工作機械の能力を最大限に引き出すことができます。

あらゆる CAD をサポート

サーフェス、ソリッド、メッシュを他社製 CAD システムから読み込み、データが低品質だった場合も NC コードを生成

高効率な粗取り

さまざまな粗加工ストラテジーから、カッターの摩耗を回避しつつ材料をすばやく除去できる方法を選択

さまざまな仕上げ加工を搭載

仕上げ加工ツールパスのライブラリにアクセスし、卓越した表面仕上げの精密部品を製造

複合軸加工

3 + 2 軸および 5 軸加工の設定や実行が容易になり、より短い工具でフィードと速度が加速

ツールパスの最適化

わざわざ再計算する必要もなく、ツールパスを効率的に一括編集または部分編集

ツールパスの検証

個々のツールパスまたはプロジェクト全体をチェックし、問題を特定および修正することで、コストのかかるエラーを未然に回避

機械加工シミュレーション

CNC 工作機械の 3D モデルを使用してツールパスのシミュレーションを行い、衝突、ニアミス、オーバートラベルを特定

ポスト プロセス

構成可能なポスト プロセッサー ファイルを使用して、特定のマシンに合わせた形式の NC コードを安全かつ効率的にエクスポート

ユーザー定義の自動化

ベスト プラクティスをテンプレートやマクロに組み込み、他のユーザーと共有し、共通のタスクを自動化

ハイブリッド製造

DED や FFF などの高速な積層造形プロセスを駆動するためのストラテジーを作成、制御、シミュレーション

産業用ロボット

特異点やオーバートラベルを回避するための解析機能を備えた産業用ロボットのオフライン プログラミングとシミュレーション

業界固有のソリューション

ポート、マニホールド、ブレード、ブリスク、インペラーの製造に特化した専門的な加工ストラテジーを搭載

PowerMill 2023 の新機能

Fusion 360 with PowerMill 2023 CAM ソフトウェアは、直感的なマシン設定、安全なリードとリンク、さらに高速化した処理、強化された急傾斜/低傾斜仕上げ加工など、さまざまな機能を搭載します。

PowerMill 2023 の新機能

強化機能

急傾斜/低傾斜仕上げ加工

加工パーツに開いたポケットが含まれる場合の急傾斜/低傾斜仕上げや、3D オフセット仕上げの加工ツールパスの品質が向上しました。低傾斜領域において、開いたエッジが正確に考慮されるようになったことで、進入動作がより安全になり、工具が破損するリスクが低下しました。(ビデオ: 1 分 55 秒 英語)


強化機能

速度とパフォーマンス

PowerMill 2023 では、自動衝突回避、カーブ投影仕上げ加工、回転輪郭の計算、アンダーカットの等高線仕上げ加工、PowerMill プロジェクトを開く/保存する機能の処理速度が改善され、高速になりました。(ビデオ: 1 分 31 秒 英語)


強化機能

工作機械の設定

工作機械の設定で、モデルの位置、厚さパラメータ、作業面の設定、工作機械の既定値を定義できるようになりました。既定を設定することで、より直感的な操作が可能になり、CAM プログラミングが高速化し、エラーのリスクが低減します。(ビデオ:1 分 52 秒 英語)


新機能

より安全なリードとリンク

ツールパスのリード動作がさらにインテリジェントになりました。トリムや延長を自動的に実行することで、工具移動の間のガウジや衝突を回避できます。こうした改善によって、アンダーカット形状を含むパーツの加工がシンプルになりました。(ビデオ: 1 分 32 秒 英語)


強化機能

積層ツールパスの順序

FUSION 360 WITH POWERMILL ULTIMATE
PowerMill ブラウザで選択した積層ツールパスを単一のツールパスに結合できるようになりました。同じ画層インデックスを持つツールパス セグメントがグループ化されます。


Fusion 360 with PowerMill のその他の機能

高速加工

高度なパフォーマンス

PowerMill では、64 ビットのマルチ スレッディング テクノロジーによって、一般的な CAM プログラミング作業をより高速に行えます。サーフェス、ソリッド、メッシュなどを含む大型で複雑なパーツにも対応します。処理時間が短縮するため、加工をスピーディーに開始できるようになり、さらに他のソリューションを検討する時間が生まれます。(ビデオ:2 分 48 秒 英語)


高効率な粗取り

さまざまな粗加工ストラテジーから選択し、不要な部分をすばやく効率的に除去します。ツールパスの構成時には、特定の工具タイプや材料に合わせて高度なオプションを使用することで、工具負荷を一定に保ち、カッターの寿命を最大限に延ばすことができます。(ビデオ:3 分 15 秒 英語)


あらゆる仕上げ加工に対応

仕上げ加工と削り残し仕上げ加工の膨大なツールパス ライブラリを利用して、柔軟にプログラミングを行えます。特定の CNC 工作機械に適した高度な設定を使用して、卓越した精度と表面仕上げを実現できます。パーツ作成時に、手作業で研磨を行う必要がほぼなくなります。(ビデオ:3 分 02 秒 英語)


ツールパスの最適化

パワフルな編集オプションを使用して、ツールパスを一括で変更したり、部分的に変更したりできます。時間のかかる再計算は不要です。さまざまな選択方法を使用して、ツールパス全体または各セグメントの削除、制限、反転、順序変更、結合、分割などを行うことができます。(ビデオ:2 分 44 秒 英語)


工作機械の設定

工作機械のさまざまな設定を使ってパーツの加工方法を管理することで、CAM プログラミングが高速化しつつミスが低減します。モデルの位置、治具に対する衝突チェック、作業面の出力、CNC 工作機械などの設定パラメータの既定値を設定できます。


切削工具のサポート

切削工具の検索可能なデータベースを構築し、チームと共有することで、一貫性が向上します。工具とホルダーの形状(標準的なカッターとカスタム可能な形状の工具を含む)を定義できます。ストック材料に基づいて、フィードと速度を自動的に計算できます。


複合軸プログラミング

効率的な 3 + 2 軸加工

マシンの回転軸を使用して、アンダーカットやその他の届きにくいフィーチャに一度の設定でアクセスできます。または、より短く頑丈な工具アセンブリを超高速なフィードや速度で使用することで、品質を向上させ、サイクル タイムを短縮させることができます。(ビデオ:2 分 10 秒 英語)


同時 5 軸加工

FUSION 360 WITH POWERMILL ULTIMATE
4 軸や 5 軸の連続加工を使用すれば、非常に難易度の高いパーツも安全かつ効率的に加工できます。専用の複合軸加工ストラテジーや工具軸制御などのさまざまなオプションを選択し、4 軸/5 軸の CNC 工作機械の動きを細かくコントロールします。(ビデオ: 3 分 24 秒 英語)


高度な 5 軸制御

FUSION 360 WITH POWERMILL ULTIMATE
インテリジェントな編集機能を駆使しながら、ツールパスの 5 軸動作を変更します。局所領域で工具方向を変更するか、他の領域間にスムーズな補間を適用することで、表面仕上げの損傷につながる不規則な動きを回避します。(ビデオ:2 分 50 秒 英語)


衝突の自動回避

FUSION 360 WITH POWERMILL ULTIMATE
切削工具とワークピースの衝突やニアミスを自動的に特定して回避できます。工作機械の回転軸を使用して、工具を安全かつスムーズに傾け、コストのかかるミスを回避します。(ビデオ:58 秒 英語)


工作機械のダイナミック制御

FUSION 360 WITH POWERMILL ULTIMATE
5 軸 CNC 工作機械の 3D モデルを使用して、パーツを安全かつ効率的に加工するために最適な工具軸方向を選択できます。ドラッグハンドルとビジュアルの動的なフィードバックにより、衝突と軸のオーバートラベルを特定し、CAM プログラミングを高速化できます。(ビデオ:1 分 27 秒 英語)


専門的なソリューション

サイクル内プローブ

FUSION 360 WITH POWERMILL ULTIMATE
専用のプローブ ルーチンにアクセスし、スピンドルに取り付けられたタッチ プローブで 3D サーフェスのジオメトリを計測します。この計測値を使用して、パーツの設定を簡素化したり、加工プロセス全体を通じて加工パーツの品質をモニタリングしたりできます。さらに検査レポートを生成し、Autodesk Drive で共有できます。(ビデオ:2 分 07 秒 英語)


オフラインのロボット プログラミング

FUSION 360 WITH POWERMILL ULTIMATE
専用インターフェイスを使用して、積層造形と切削加工の用途に使用する産業用ロボットのオフライン プログラミングを効率化します。ロボットの正確な 3D モデルを使用してツールパスをシミュレーションおよび最適化し、軸の特異点やオーバートラベルを削減します。(ビデオ:2 分 56 秒 英語)


電極の製造

FUSION 360 WITH POWERMILL ULTIMATE
電極の設計、製造、検査、放電加工(EDM)を自動化できます。カスタマイズ可能な加工テンプレートを使用して電極ファミリーの生成を自動化することで、プロセスの一貫性を高め、現場でのミスを回避します。(ビデオ:2 分 47 秒 英語)


ハイブリッド製造

FUSION 360 WITH POWERMILL ULTIMATE
指向性エネルギー堆積(DED)や熱溶解積層方式(FFF)などの高速な積層プロセスを駆動するための堆積ストラテジーを作成して、制御し、シミュレーションできます。積層造形と切削加工のツールパスを組み合わせて、適切な CNC 工作機械を使用したハイブリッド製造ワークフローを行います。(ビデオ:2 分 40 秒 英語)


ブリスク、ブレード、インペラー

FUSION 360 WITH POWERMILL ULTIMATE
専用の 5 軸加工ストラテジーを使用すれば、ブリスク(IBR)、ブレード、インペラーの CAM プログラミングがシンプルになります。粗加工と仕上げ加工のストラテジーでは、高度な工具軸スムージング機能によって工作機械の動きが安全かつ予測可能になり、最高品質の表面仕上げを実現できます。(ビデオ:1 分 38 秒 英語)


エンジン ポートとマニホールド

FUSION 360 WITH POWERMILL ULTIMATE
エンジン ポートとマニホールドの CAM プログラミングの自動化に特化した 3 軸および 5 軸加工ストラテジーを利用できます。高度なツールパス制御で表面仕上げを調整し、流体・ガスの流れを改善し、パーツの性能を最適化できます。


リブ加工

FUSION 360 WITH POWERMILL ULTIMATE
モールドやダイによく見られる深いリブやスロットの加工用に、カッターへの負担が少ないツールパスを生成します。ツールパス オフセットは、工具負荷を一定に保つように最適化されるため、工具の寿命を延ばし、工具の故障リスクを低減できます。EDM(放電加工)に代わる低コストの方法として使用できます。


シミュレーションと検証

ツールパスと工作機械のシミュレーション

CNC 工作機械の 3D デジタル ツインを使用して、3 軸と 5 軸のツールパスをシミュレーションします。仮想環境で工作機械の動きを視覚化することで、工作機械のオーバートラベルや軸反転などの問題を解決し、コストのかかる後工程での問題発生を回避できます。


取り代の除去のシミュレーション

仮想のストックから材料を除去する過程をシミュレーションします。高度な解析ツールを使用して、未加工のストックを異なる色で識別します。切削ツールのガウジや工具ホルダーとの衝突を瞬時に強調表示することで、安心感を高めることができます。


高度な解析

FUSION 360 WITH POWERMILL ULTIMATE
高度なオプションの数々を利用してツールパスの動作を解析し、CNC 加工を施したパーツの品質を予測します。望ましくない回転軸動作によって生じる可能性のある不具合を瞬時に可視化できます。さまざまなフィードと速度で検証し、表面仕上げに与える影響をシミュレーションします。


プロジェクトの自動検証

FUSION 360 WITH POWERMILL ULTIMATE
ツールパスや NC プログラムなど、プロジェクト全体の詳細な安全性チェックを行えます。PowerMill では、ガウジ、衝突などのチェックをバックグラウンド処理で実行しながら、パーツのプログラミングを続行できます。NC プログラムの安全性を確認しつつ、作業時間を節約できます。


検証結果の書き出し

FUSION 360 WITH POWERMILL ULTIMATE
NC プログラム、CAD モデル、ストック定義、工作機械などの重要なデータをサードパーティ製検証ソフトウェアに迅速に転送し、より詳細な解析を行い、安心感を高めることができます。


ワークフローとコラボレーション

あらゆる CAD をサポート

サーフェス、ソリッド、メッシュなど一般的な形式の CAD ファイルを他社製設計システムから読み込めます。PowerMill は低品質なデータの処理に優れているため、ユーザーはモデルの修正に時間を浪費する必要もなく、高品質なツールパスと NC コードの作成をすぐに開始できます。


カスタマイズと自動化

機械加工のベスト プラクティスをテンプレート、マクロ、ツールバーに埋め込み、共通の作業を自動化できます。さらにこれらの自動化機能を新しい作業者と共有することで生産性を高めることができ、経験豊富な作業者は他の重要なプロジェクトに時間を費やせるようになります。


信頼性の高い NC コードを出力

CNC 工作機械と NC コントローラー用の高品質な NC コードを迅速に出力できます。PowerMill には、ニーズに合わせて構成可能なポストプロセッサの大規模なライブラリが用意されています。さらに高度なカスタマイズについては、世界的ネットワークを構築しているオートデスク認定販売パートナーからサポートを受けることができます。


セットアップ シート

2D セットアップ シートを自動的に生成し、工作機械オペレーターやその他のプロジェクト関係者との間で重要な情報を伝達する際に役立てることができます。モデル、治具、工具、データ、ツールパスのフィードと速度に関する詳細を共有することで、ミスを回避し、重要な意思決定を迅速に下すことができます。


Autodesk Drive と共有ビュー

PowerMill の主要なデータを安全にクラウドに保存し、チーム内外のメンバーと共有することで、プロジェクトのコラボレーションを向上できます。パスワード保護を使用して、チーム全体のアクセスを管理し、データや知的財産を安全に保護できます。


PowerMill 2023 と以前のリリース

PowerMill のサブスクリプションは、ニーズに合わせて柔軟にお選びいただけます。サブスクリプションなら、製品のリリースやアップデートで追加される最新機能にすぐにアクセスできます。PowerMill 2017 以前の永久ライセンスをお持ちの場合は、以下の変更内容をご確認ください。

PowerMill 2023

含まれる機能

  • 急傾斜/低傾斜仕上げ加工:開いたポケットのあるモデルを加工する際のツールパスの品質が向上し、千鳥配列のリンクを追加するオプションが追加されました。
  • 計算の高速化:カーブ投影仕上げ加工、旋盤の回転輪郭、アンダーカットの等高線仕上げ加工、プロジェクトを開く/保存する際の処理速度が改善され、高速になりました。
  • リードとリンク:リード動作を自動的に延長してアンダーカット加工時の衝突を回避し、ガウジのないリードイン/リードアウト動作に対応してツールパス セグメントの終端を短縮します。
  • 積層造形ツールパス:複数の積層造形ツールパスを結合し、同じ画層インデックスを持つセグメントをグループ化します。

PowerMill 2017 以降の主な機能強化:

  • PowerMill 2022
    • バックグラウンド検証:バックグラウンド プロセッサを使用してツールパスや NC プログラムの検証を実行することで、CAM プログラミング時間を短縮できます。

    • 投影仕上げ加工が強化:点/線分/平面の投影ツールパスの投影範囲の最小値と最大値を制御する機能が強化されました。

    • 信頼性の高いマクロと HTML:強化されたセキュリティによって、マクロや HTML ドキュメントを使用した PC や拡張ネットワーク上のデータへのアクセスやデータ損傷を防ぐことができます。

    • 仕上げ加工ツールパスで平坦領域を除外:特定の仕上げ加工ツールパスで平坦領域を除外して、個々に加工できます。

    • 平坦仕上げ加工:平坦領域の検出精度が向上し、必要に応じてさらに多くの領域を検出し、加工できるようになりました。

    • 4 軸衝突回避:衝突回避機能によって、4 軸動作のみが含まれるツールパスを正確に生成できるようになりました。

    • 千鳥配列の始点:閉じたツールパスの始点を千鳥配列にし、機械の前進動作を維持することで、品質を向上させ、サイクル タイムを短縮できます。

    • 等高線によるアンダーカット加工:自動衝突回避機能を使用してアンダーカットのあるパーツを加工する際の等高線仕上げ加工が向上しました。

    • モデルの準備が高速化:ツールパスの計算と編集作業の処理速度が大幅に向上しました。

  • PowerMill 2021
    • 円弧フィットの改善:ツールパスに円弧を適合させることを選択する際の品質と信頼性が向上しました。

    • 衝突特定の高速化:ツールパスの解析と衝突の描画にかかる時間が大幅に短縮しました。

    • さらに安全な衝突回避:領域内のツールパスの工具軸編集機能が強化されました。

    • 輪郭とラスターが統合:新機能では、輪郭とラスター ツールパスのセグメントをひとつのストラテジーへと統合して効率化することで、パーツのプリントでより良い結果が得られます。

    • 粗加工のダイナミック マシン制御:ダイナミック ドラッグ ハンドルを使用して、半球状工具による粗加工や削り残し粗加工のツールパスの工具軸を変更できます。

    • 急傾斜/低傾斜の加工順序:新しい「上部から」の加工順序オプションによってツールパスの安全性が向上しました。工具アセンブリと未加工ストックの衝突を回避できます。

    • 粗加工の自動衝突回避:5 軸工作機械で工具軸を傾けることで自動的に衝突を回避する機能が、粗加工ツールパスと削り残し粗加工ツールパスに追加されました。

    • 速度と品質が向上:ツールパスの計算時間と PowerMill の堅牢性に関する機能が改善されました。

  • PowerMill 2020
    • 処理速度の改善:複数のツールパス タイプ(急傾斜/低傾斜、等高線、ラスター、コーナー)の計算時間、ツールパスの検証、ViewMill シミュレーションの速度が向上しました。

    • 品質改善:複数のツールパス タイプの品質が向上し、パーツの加工でより良い結果が得られるようになりました。

    • モデルのフィレット:等高線や急傾斜/低傾斜の仕上げ加工ツールパスを最適化するための計算で、内部コーナーに自動的にフィレットが追加されます。

    • 上向き傾斜コーナー仕上げ:追加のユーザー コントロールにより、コーナー仕上げの急斜面領域を上方向に加工して、切削状態を改善できます。

    • マルチスレッド処理の改善:リードとリンクの処理にマルチスレッドを使用して、計算時間を短縮できます。

  • PowerMill 2019
    • PowerMill の積層造形:積層造形用の高速堆積のプログラミングに、専用のツールパスとコントロールを利用できます。

    • プローブ:スピンドルに取り付けられたプローブを使用してパーツを計測するためのプローブ ツールパスを作成することで、パーツの設定がシンプルになり、パーツの品質をモニタリングできます。

    • 3 + 2 円弧出力:方向ベクトルを含む 3 軸 + 2 軸ツールパスのポスト プロセスで円弧を出力します。

    • 高効率の粗取りの強化:Vortex 粗加工ツールパスの順序と品質に関する複数の改善が行われました。

    • 衝突回避の向上:工作機械の動作がさらにスムーズになり、衝突の検出・回避機能がさらに強化されました。

    • インタラクティブな衝突回避:衝突が発生しているツールパスのセクションは赤で強調表示され、ユーザーがツールパスを編集して問題を解決すると自動的に更新されます。

    • パターン旋削:ワイヤフレームのスケッチを使用してユーザー定義の旋盤ツールパスを作成し、プログラミングの柔軟性を向上させます。

    • ViewMill 残し代シェーディング:色を使用することで、未加工のストックについて複数の異なる量を瞬時に強調表示するとともに、ガウジを識別できます。

    • 2D 加工の改善:選択したジオメトリから 2D 加工フィーチャをすばやく作成できるようになり、サイド フェース、開いたポケット、溝のサポートが向上しました。

    • オンライン ヘルプ:よくある質問や基本スキルなどに関する情報に簡単にアクセスできます。

  • PowerMill 2018
    • PowerMill ビューアPowerMill の機能限定版を複数のマシンに追加コストなしでインストールできます。

    • リボン インターフェイス:使いやすくなった新しいインターフェイスによって、新規ユーザーも操作方法をすばやく習得できます。経験豊富なユーザー向けの UI のカスタマイズ性も向上しました。

    • ViewMill シミュレーションの改善:ViewMill の表示の品質と速度が向上しました。

    • 編集可能な旋盤ツールパス:トリム、反転、削除などのコマンドを使用して、旋盤ツールパスを編集できます。

    • 旋盤ストック モデル:ストック モデルを作成して旋盤操作に使用することで、取り残し加工の操作が全体的に容易になります。

    • 領域内のダイナミック マシン制御:ダイナミック ドラッグ ハンドルと工作機械の 3D モデルを使用して、ツールパスの領域を更新し、別の工具軸を使用できます。

    • サーフェス ベースのフィード速度の編集:ツールパスの領域を編集し、さまざまなフィード速度を使用しながら表面仕上げの制御を向上できます。

    • 2D 加工の改善:新しいオプションを使用して、単一のツールパスで 2D フィーチャの側壁と底面を加工できます。

    • 3D オフセットの中心線:3D オフセット仕上げ加工ツールパスに中心線パスを自動的に追加して、未加工のままになっている材料を除去します。

    • 共有ビュー:PowerMill プロジェクトのビューをすばやく作成し、レビューの目的でプロジェクト関係者と安全に共有できます。


サポートおよびソフトウェアへのアクセス

  • 技術サポート

    • オートデスクの各種サポート:予約制電話、オンライン チャット(混雑している場合があります)、メールからサポート方法を選べます。

    • リモート デスクトップ サポート:スペシャリストが安全な通信を介して直接トラブルシューティングを実行します。†

    • オンライン リソース:ヘルプ ドキュメント、チュートリアル、トレーニング ビデオを取り揃えたナレッジ ベースやコミュニティ サポート フォーラムを利用できます。 

  • 最新のソフトウェアを利用:最新のリリースや更新プログラムをすぐに利用できます。

  • 旧バージョンの利用:以前のリリースをダウンロードして使用できます。

  • 柔軟な契約期間:1 ヵ月、1 年間、または 3 年間のサブスクリプションから選べます。*

  • 管理ツール:Autodesk Account で、ソフトウェア ライセンス、ライセンスの割り当て、利用状況を簡単に管理できます。 

* 保守プランのお客様はご利用いただけません。 
† アドバンス サポート付きの保守プランをご契約のお客様はご利用いただけます。


${RESELLERNAME}に紹介されたお客様へ
お客様の同意書
私は、オートデスクが私の氏名、メール アドレスを ${RESELLERNAME} と共有し、${RESELLERNAME} が製品インストールに関するサポートを提供し、マーケティング情報を配信するためにこの情報を使用することに同意します。この情報は、${RESELLERNAME} のプライバシー ステートメントに従って取り扱われることを了承します。

電子メール アドレスが必要です 入力された電子メール アドレスが無効です

${RESELLERNAME}
-