Asset 12 Asset 10 Asset 15 Asset 15 - - - - autodesk_icon_font_04_06_16_kl Asset 11 autodesk_icon_font_04_06_16_kl autodesk_icon_font_1_18_17_start_over-01
  • 日本

    現地通貨での販売価格、キャンペーンやイベント情報、オンラインによる購入、などをご覧いただくために、お住まいの国のサイトにリダイレクトします

    Stay on our U.S. site

Keyboard ALT + g to toggle grid overlay

導入事例

ReCap の活用事例をご覧ください

ReCap Pro ソフトウェアを使用して、どのように建築、改築、建設プロジェクトを効率化しているかを紹介します。

Atlas Engineering

Atlas Engineering は、リアリティ キャプチャを使用して、プロジェクトの理解度、ステークホルダー エンゲージメント、および安全性の成果の向上を実現しました。同社は、レーザー スキャンによって用地の仮想モデルを作成しました。これにより、情報の正確さが向上するとともに、複数の用地に出向く必要がなくなり、エンジニアの時間を節約することができました。

 Atlas Engineering(英語)


MegaBots

Megabots は、ReCap を使用してミリメートル精度の 3D モデルを生成し、必要なモデリング時間を 1 週間から 1 日か 2 日に短縮しました。

 MegaBots(英語)


Turner Fleischer

Turner Fleischer は、ReCap と Revit を使用して、同社のプロジェクトで 325% の投資収益率を実現しました。リアリティ キャプチャを使用することで、同社は、限定された困難なアクセス空間から正確な現況データをクライアントに提供し、コスト増となる再作業を最終的に削減することができました。

 Turner Fleischer(英語)


NASA

NASA は、非常に複雑な用地の現況データを正確に取得しました。従来のモデリングを使用して 16 週間を要した作業が、ReCap 360 Pro を使用することで、わずか 4 週間になりました。

 NASA (英語)


USAFA

USAFA は、UAV 航空写真と ReCap の UAV Fly 機能を使用して、非常に複雑で特殊な礼拝堂のモデルを作成しました。このモデルは、エネルギー コストの改善、構造解析の実施、および特別イベントの計画に使用されました。

 USAFA(英語)


Anchorage Municipal Light & Power

AML&P は、電気的な地下空間に物理的に入る必要性を低減することにより、99.99% の信頼度を維持しながら、用地の安全性を向上させました。