Keyboard ALT + g to toggle grid overlay

機能

3D で設計を開始

ReCap™Pro を使用すると、レーザー スキャンや写真から 3D モデルを作成できます。

最終的に、CAD と BIM オーサリング ツールで使用できる点群やメッシュを生成できます。

写真を 3D 化できるクラウド ベース サービス

  • ReCap Photo

    ReCap Photo で写真測量の拡張機能を利用できます。ReCap Pro のサブスクリプションで利用可能。(ビデオ: 1 分 59 秒 英語)

  • モバイル用 ReCap Pro

    iPad Pro を使用して、現地でリアリティ キャプチャ データを登録、マークアップ、計測することができます。コラボレーション機能も備えています。

  • レーザー スキャンを自動的に登録

    自動登録により、正確でスケーラブルな 3D の点群をスキャン データから数分で作成します。(ビデオ: 3 分 51 秒 英語)

  • 点群を計測、編集

    ReCap を使用して、点群の計測、マークアップ、情報伝達を行い、点群データを共同作業者と共有できます。

  • 作業を紹介するビデオを作成する

    ReCap Pro では、ビューの状態を便利なアニメーションにするプロセスが改善されました。このアニメーションを使用してプレゼンテーションを作成することができます。

  • スキャンからメッシュ

    他のオートデスク製品で使用するために、スキャンをメッシュに変換するサービスを利用して点群をメッシュに変換できます。

ReCap Pro の レーザー スキャン リアリティ キャプチャ機能

  • スキャン設定

    プロジェクト作成プロセス中に適用できるさまざまな設定について説明しています。

  • 計測機能

    ReCap Pro のサーフェス スナップを使用すると、開始サーフェス点と選択した場所から外向きに投影された点の間隔を計測できます。

  • 自動クリーンアップ ツール

    点群から不要なオブジェクトを除去できます。

  • Navisworks データの統合

    Naviworks のデータを使用して、Real View パノラマを拡充できます。

写真と UAV ベースのリアリティ キャプチャ

  • UAV 写真から 3D およびオルソ ビューを作成

    最大 1,000 点の UAV 写真を処理し、オートデスクの他の設計ツールで使用できる 3D メッシュ や 3D 点群、2.5D オルソ ビューを作成できます。

  • GCP と座標系を設定

    プロジェクトの任意の座標系に地上コントロール ポイントを追加できます。

  • リアリティ データをオンラインで表示、共有、拡充

    A360 でフル解像度の 2.5D オルソ ビューを表示し、タグ、マークアップ、計測値を追加して、チーム メンバーと共有できます。