Asset 12 Asset 10 Asset 15 Asset 15 autodesk_icon_font_04_06_16_kl Asset 11 autodesk_icon_font_04_06_16_kl autodesk_icon_font_1_18_17_start_over-01
  • 日本

    現地通貨での販売価格、キャンペーンやイベント情報、オンラインによる購入、などをご覧いただくために、お住まいの国のサイトにリダイレクトします

    Stay on our U.S. site

Keyboard ALT + g to toggle grid overlay

BIM のためのソフトウェア

Revit® は BIM(ビルディング インフォメーション モデリング)に最適な製品です。建築設計、MEP(機械、電気、配管)と構造エンジニアリング、および施工に役立つ機能が用意されています。

Revit で何ができますか?

Revit は BIM のためのソフトウェアです。その強力なツールにより、モデルベースのインテリジェント プロセスを使用して建物やインフラの計画、設計、構築、管理を行うことができます。Revit は、設計コラボレーションに適した多分野共同設計プロセスをサポートしています。

設計

建物のコンポーネントをモデリングし、 システムと構造を解析およびシミュレーションし、設計を反復利用することができます。Revit モデルからドキュメントを作成できます。

コラボレーション

プロジェクトに関わる複数の作業者が一箇所に保存したモデルを共有して利用することができます。これにより、コーディネーションが容易になり、干渉や作業のやり直しを減らすことができます。

ビジュアライズ

モデルを使ってインパクトのある3D ビジュアライゼーションを作成することで、プロジェクトのオーナーやチーム メンバーに設計の意図をより効率的に伝えることができます。

Revit:BIM コラボレーション実現の解決策

Revit のワークシェアリングでは、1 箇所でモデルを共有することで複数のチームメンバーが同じプロジェクトに同時に編集を加えることができます。

単体で複数分野をカバーできる BIM プラットフォーム

Revit には、建築プロジェクトに関わる全分野に役立つ機能をそろえています。建築設計者、エンジニア、および施工専門家の全員が統一プラットフォームで作業したほうが、データ変換エラーのリスクを低減することができ、期待した結果が得られる設計プロセスが実現します。

相互運用性

Revit では、さらに広い範囲の分野からプロジェクト チームを構成することができます。DWG™、DGN、IFC データなど一般的な各種形式で、データの読み込み、書き出し、リンク付けを行うことができます。 詳細はこちら

明示的に個別分野向けに作成されたツール

建築設計者、MEP(機械、電気、配管)エンジニア、構造エンジニア、施工専門家の誰にとっても、Revit なら正に自分の業務が必要としている BIM 機能が使用できます。

建築設計者の場合

Revit を使えば、単一のソフトウェア環境内でコンセプト設計から施工用図面までの文書からアイデアを取り入れることができます。建物のパフォーマンスを最適化し、魅力的なビジュアライゼーションを作成することができます。

構造エンジニアの場合

他の建築コンポーネントと連携するインテリジェントな構造モデルを作成するための構造設計専用ツールが使用できます。また、建物が建築規制や安全基準に準拠しているかどうかも評価できます。

MEP(機械、電気、配管)エンジニアの場合

建物の MEP 系統をより高い精度で設計することができ、インテリジェント モデルに組み込まれた整合性のある情報を使用することで建築や構造のコンポーネントとのコーディネートが改善されます。

施工専門家の場合

着工前に、施工可能性と設計意図が評価できます。手段、方法、マテリアルに関する知識とそれらの関係性や仕組みに対する理解が深まります。

Collaboration for Revit でチームを連携

このサービスを利用して、ほぼ全地域のプロジェクト チームに Revit のワークシェアリングを展開することができます。クラウド上で Revit モデルを複数のユーザが共同作成することができます。 コミュニケーションが円滑になり、チームは各地に散らばっていてもそれぞれの作業は重複せず一箇所に集まるようになり、すべてのチームが BIM のプロセスに参画できるようになります。

円滑なチーム コミュニケーション

プロジェクト モデル内でリアルタイムのチャットが使用できます。各モデルに関し、今誰がどのような作業をしているかが分かります。

多分野のチーム編成

Collaboration for Revit に登録すると、BIM 360 Team のサブスクリプションが届きます。これは、統合されたクラウドベースの Web サービスで、チームが一元的にプロジェクト データにアクセスできるようになります。

よりプロジェクトにアクセス

参加できるプロジェクトの可能性が広がります。どこのプロジェクトであっても、プロジェクトやジョイント ベンチャー事業に関わることが可能です。

高い技術を持つ人材と資源を理想的に配置

拠点に縛られずに最高の技能を持った人材を選択して理想のチームを編成することができます。設計者が複数の異なる場所のプロジェクトに同時に参加することができます。

直接会う形の会議を減らし、同じ事務所に出勤させる必要を少なくすることができます。

出張費を抑え、チーム メンバーの仕事と私生活のバランス改善にも貢献できます。