Asset 12 Asset 10 Asset 15 Asset 15 autodesk_icon_font_04_06_16_kl Asset 11 autodesk_icon_font_04_06_16_kl autodesk_icon_font_1_18_17_start_over-01

Keyboard ALT + g to toggle grid overlay

没入型ビジュアライゼーションを作成

Revit® Live クラウド サービスでは、Revit および Revit LT モデルをワンクリックで没入型ビジュアライゼーションに変換できるため、建築設計者がデザインを把握、確認、共有できます。

Revit Live の機能

  • クラウドの活用

    クラウドの自動データ準備機能を使って、Revit と Revit LT モデルを数分で利用できます。

  • 使いやすい

    シンプルなワークフローで、ビルディング インフォメーション モデリング(BIM)モデルを没入型ビジュアライゼーションに変換できます。(ビデオ:1 分 36 秒 英語)

  • バーチャル リアリティに対応

    Revit または Revit LT モデルをバーチャル リアリティ環境に取り込んで設計を体験できます。(動画:2 分 30 秒 英語)

  • BIM の活用

    モデル内で有効な BIM データを自動的に転送してアクセスします。 

  • オブジェクトをアニメートする

    ドアの開閉、照明の調整、樹木の葉、キャラクタをアニメーションで動かしながら設計を確認できます。

  • アイデアを共有する

    Live Viewer アプリを使用することで、外出先でも没入型の体験が可能になり、クライアントも設計プロセスの初期段階から設計をより把握できるようになります。

  • 調整

    時刻や季節を変更して、光や影が設計に与える影響を確認できます。

  • 設計にスタイルを適用する

    独自のレンダリング スタイルを適用し、プロジェクト関係者に設計意図を伝えたり、クライアントに合わせてプレゼンテーションを調整できます。