Keyboard ALT + g to toggle grid overlay

機能

建築設計向け 3D BIM ツール

Revit LT™ は、ビルディング インフォメーション モデリング(BIM)のワークフローをサポートします。設計をより明確に視覚化して伝達し、BIM の成果物に対する要求を満たすことができます。

  • 3D 設計およびビジュアライゼーション

    3D の正投影ビューやパース ビューを作成すると、設計をより明確に視覚化して共有できます。

  • コーディネートされた 1 つのモデル

    設計の修正があると、設計プロセス全体にわたってすべてのビューで自動的に更新が行われます。

    詳細はこちら(英語)

  • 高品質のドキュメント

    設計図書は自動的に更新され、最新の状態に保たれます。

  • 自動生成される集計表

    建物コンポーネントの集計表を自動的に作成して、コストと数量の可視性を高めることができます。

  • マテリアル数量検証のサポート

    マテリアル拾い出しを使うとコスト見積もり用のマテリアル数量を検証できるため、数量を追跡しやすくなります。 

  • Revit ユーザーとのスムーズな設計ファイル交換

    すべての Revit 製品のユーザーとファイルを交換できます。

    詳細はこちら(英語)

  • クラウドでのフォトリアリスティックなレンダリング

    オートデスクのクラウド サービスでリアルなマテリアルを使用できます。

  • 建築設計者向けのコンテンツ

    すぐに使用できるコンテンツには、事務室、家具、住宅用の窓、商業施設用の窓、電気器具のライブラリが含まれています。

  • 自分のペースでビルディング インフォメーション モデリング(BIM)に移行

    AutoCAD LT の使い慣れたツール(Revit LT Suite で使用可能)を使用すれば、BIM への移行が容易になります。 

  • Autodesk Drive

    個人や小規模なチーム向けに設計されたデータ ストレージを使用して、2D と 3D の設計データを安全に保存、プレビュー、共有できます。
    詳細はこちら