Autodesk Revit の主な機能

Revit® の進化する機能、複数の作業分野に対応したツールセットを使用することで、建築、エンジニアリング、建設のさまざまなプロジェクトで最高の成果をあげることができます。

Revit のユーザー インタフェースに表示されたモダンな住宅のビュー

パラメトリック コンポーネント

さまざまなパラメータを使用できる、グラフィカルなオープン型のシステム内で設計やフォームを作成できます。壁、ドア、窓を配置できます。

ワークシェアリング

Revit プロジェクト コラボレーション環境では、一元的に共有されたモデルで作業を保存、同期、レビュー、更新できます。

集計表

テーブルを使用して、プロジェクト データの取得、フィルタ、並べ替え、表示、共有を実行できます。

相互運用性

Revit では、IFC、3DM、SKP、OBJ などの一般的に使用される BIM ファイル形式や CAD ファイル形式の読み込み、書き出し、リンクが可能です。

注釈

タグ付け、寸法記入、イラストレーション用のツールを使用して、2D および 3D で設計意図を効果的に伝えることができます。

グローバル パラメータ

プロジェクト全体に適用されるパラメータを使用して設計意図を取り込みます。このパラメータは半径と直径の寸法および均等拘束と連動します。  

デベロッパ ツールとソリューション

Autodesk App Store では、Dynamo、API アクセス、デベロッパ ソリューション、BIM コンテンツで使用する Revit 機能を拡張できます。

Revit でのジェネレーティブ デザイン

Revit のジェネレーティブ デザインを使用すると、設計代案を大規模に評価および比較できます。AEC Collection のサブスクリプションメンバーのみが使用できます。

表示の設定と優先設定

建物要素の表示範囲を非表示、表示、ハイライト表示でコントロールできます。外観をカスタマイズするには優先設定を使用します。 

Twinmotion for Revit

Twinmotion を Revit から直接起動できます。設計データを同期して直感的なクリエータ環境で作業し、設計をフォトリアリスティックな静止画、シーン、アニメーションとしてリアルに表現できます。

標準およびカスタムのファミリ コンテンツ

Revit プロジェクトに Autodesk Cloud から コンテンツを読み込むか、独自の建物コンポーネント ライブラリを作成します。

パーソナライズとカスタマイズ

設定変更が可能なキーボード ショートカット、リボン、ツールバーを使用すると、ユーザー インタフェースを自分に合わせてカスタマイズできます。 

作業分野に対応した Revit のツールセット

建築設計

コンセプト デザイン ツール

プロファイルやマスを作成するためのフリーフォーム ツールを使用して Revit のマス環境のフォームを明確化し、プロジェクト環境でパラメータを使用してジオメトリを調整します。


Insight による解析

AEC Collection 限定
Revit に統合された高度なシミュレーション エンジンと建物のパフォーマンス データを使用して、昼光、建物全体のエネルギー、冷暖房負荷などを評価します。


建築モデリング

壁、ドア、窓などの建物要素を建物モデルに追加したり、モデリングのニーズや詳細レベルに合わせてカスタムのコンポーネントやファミリを定義したりできます。


点群ツール

スキャン ツールを使用して、既存および現況の条件をキャプチャし、点群として Revit に読み込みます。


3D デザイン ビジュアライゼーション

設計に関する意思決定を視覚的に調査、検証、伝達できます。Revit では、Autodesk Raytracer レンダリング エンジンを使用した高品質かつ高精度なレンダリングが可能です。


複数階の階段の作成機能

階段を各階に連結し、高層ビルをすばやく作成、変更します。


クラウド レンダリング

クラウドを利用してフォト リアリスティックなビジュアライゼーションを生成します。デスクトップで作業する必要がなく、専用のレンダリング ハードウェアも不要です。


構造エンジニアリングと製作

新機能

解析に基づくモデリング

正確で汎用的な構造解析ツールを活用して、BIM モデルの開発時に設計意図を評価し、適応させることができます。解析表現の自動化、単一の BIM モデルからの複数の解析の実行、ドキュメント作成のデータのスケジュール設定、構造設計の品質管理が可能です。Revit 2023 の新機能。


鉄筋の加工設計

現場打ちやプレキャスト コンクリート構造物用に 3D の配筋設計を作成できます。鉄筋集計表を基に鉄筋施工図を作成することができます。


構造用鋼材のモデリング

Revit のさまざまなパラメトリックな鋼接合を使用したり、独自のカスタム鋼接合を作成したりして、より詳細なレベルで接合をモデリングできます。


解析との双方向リンク 

解析結果を BIM プロセスに統合して、反復的な設計ワークフローで作業できます。


構造エンジニアリング向けの Dynamo

Dynamo には、構造エンジニア、設計者、加工製作者がエネルギー負荷の少ない構造を構築し、独自の設計ツールを作成できるツールが備わっています。


鉄骨製作とのリンク

Advance Steel と Revit の相互運用性により、鋼構造設計から鉄骨製作に至るまでの BIM ワークフローをシームレスに進めることができます。


MEP エンジニアリングおよび製作

新機能

初期フェーズでの電気負荷分析

Revit で作業する電気エンジニアや電気設計者は、建築設計者の PDF、DWG、Revit ジオメトリを活用して、電気設備をモデリングする前に、設計プロセスの初期段階で電気負荷計算を実行できるようになりました。


MEP システム解析

システム解析を使用すると、HVAC システムの設計とモデリングを最適化し、データに基づいた設計上の意思決定を行うことができます。 


HVAC 設計とドキュメント作成

複雑なダクト・配管系統でも、その意図を設計で表現し、機械設計コンテンツを使用してダクト・配管系統をモデリングすることができます。


電気設計とドキュメント作成

電気系統の設計、モデリング、ドキュメント作成が行えます。給電系統全体で電気的負荷を追跡できます。


配管設計とドキュメント作成

建物の給排水系統を作成し、配管系統を配置して、設計とドキュメントに盛り込みます。


MEP の製作の詳細化

そのまま製作で使えるモデルを Revit で作成できます。MEP LOD 400 のコンポーネントをモデリングおよび調整することができます。


Insight との統合

Insight は、パフォーマンス データの一元的利用と高度な解析エンジンにより、建築物のパフォーマンスを最適化します。


製作用部品種別の変換

設計から製作への変換ツールです。設計段階のモデル要素を施工レベルの詳細要素に変換します。


製作図の作成

モデルのレイアウトをより効率的にドキュメント化できます。製作要素のドキュメント化、集計表作成、タグ付けが可能です。


施工

施工モデリング

設計モデルから施工情報を引き出します。壁レイヤーとコンクリート打ち領域を分割・編集し、製作用に加工図面を準備します。


Navisworks の相互運用性

Navisworks コーディネーション モデルを Revit で直接開くことにより、異なるソフトウェアを使用しているチームと協力しながら自分の設計を調整できます。


2D シートの読み込み/書き出し

Revit では AutoCAD ファイルの読み込み/書き出しが可能です。また、ファブリケーター、サブコン、その他の関係者向けに、シート セットを必要な形式に変換して書き出すことができます。


施工可能性の詳細情報

施工チームの要件を満たすために、設計意図モデルに詳細情報を追加します。


計算設計および開発者向けのツール

ジェネレーティブ デザイン

AEC Collection 限定
定義した目標や制約に基づいて、設計の代替案をすばやく作成できます。AEC Collection のサブスクリプションメンバーのみが使用できます。(ビデオ: 2 分 46 秒(英語))


Dynamo for Revit

Revit とともにインストールされる、オープンソースのグラフィカルなプログラミング インタフェースです。BIM のワークフローを自動化、最適化することができます。