Keyboard ALT + g to toggle grid overlay

複合材の設計、解析、製造ソリューション

注:TruComposites を使用するには Inventor が必要です。Inventor をお持ちでない場合は、無償体験版をダウンロードしてください。

TruComposites の概要(ビデオ:1 分 28 秒 英語)

パーツの設計、解析、製造をすべて解決する統合ソリューション

TruComposites は、手作業レイアップと自動繊維配置の包括的なワークフローを提供する複合材解析ソフトウェアです。

  • レイアップの設計から、レイアップした材料の品質解析まで行えます。
  • フラット パターン、レーザー投影データ、および製造用 NC コードを生成できます。

設計に適した製造戦略が選択可能

製造工程で起きる材料不良を解析できます。繊維角度偏差、生地のシワ、ステアリング、圧縮、ギャップ、重なり、最小けん引長が検査できます。

既存の複合材設計を流用して作業時間を節約

  • CAD ソフトウェアや保存形式を問わず、あらゆる種類のモデルを取り込めます。
  • 複合材設計を多く含むデータ モデルを CATIA の複合材設計や Fibersim から流用できます。

既存の設計をインポート(ビデオ:1 分 17 秒 英語)

用途に合った最適な TruComposites 製品をお選びください

  • TruComposites Standard

    手作業レイアップの設計から製造までをカバーする包括的なワークフローが実現します。

  • TruComposites Ultimate

    繊維配置やテープ レイアウトの機械をプログラミングおよびシミュレーションできます。設計時と製造時のパーツを比較して、トラレンス外の領域を自動的に補正することもできます。

TruComposites の導入事例

米国帆船協会が帆船の試作と製作に TruComposites を採用

米国帆船協会

水中翼の設計でレース用ヨットを高速化

米国帆船協会は、Fusion 360 で設計されたモスクラスの炭素系繊維製水中翼の製作に TruComposites を使用しています。

画像提供:Richard Didham 氏

自動繊維配置機

Autodesk China の研究開発

シミュレーションで AFP を最適化

研究開発チームは、自動繊維配置のレイアップに仮想設計と製造検証を使用し、製造コストを最小限に抑えています。

画像提供:Automated Dynamics 社

TruComposites と他のオートデスク ソフトウェアを組み合わせた活用例

  • Fusion 360 から TruComposites にモデルを転送して複合材の設計と製造を開始。

  • Inventor Nesting を使用して、TruComposites で作成した複合材のフラット パターンを Inventor 内に直接ネスト化。

  • レイアップ シーケンス、材料、方向などのネスト情報を TruNest にエクスポート。

  • TruComposites + Fusion 360 (ビデオ:3 分 7 秒 英語)

    Fusion 360 から TruComposites にモデルを転送して複合材の設計と製造を開始します。

  • TruComposites + Inventor Nesting (ビデオ:2 分 16 秒 英語)

    Inventor Nesting を使用して、TruComposites から Inventor に複合材のフラット パターンを直接ネスト化します。

  • TruComposites + TruNest (ビデオ:4 分 10 秒 英語)

    ネスト情報を TruNest にエクスポートします。