VRED
reCAPTCHA で保護されています。また、Google の「プライバシー ポリシー」および「利用規約」が適用されます。

警告:

ご使用のオペレーティング システムでは、製品体験版をダウンロードできません。

体験版を選択

どの製品を試しますか?

VRED Design Review and evaluate automotive designs. VRED Professional Create high-end visualizations and virtual prototypes.

ダウンロードを開始する前に、次の点をご確認ください。

使用可能なプラットフォーム

    動作環境を確認

    体験版のファイル サイズ(推定最大サイズ)

    4 GB

    推奨

    10 Mbps のインターネット接続
    すべてのアクティブなアプリケーション(ウイルス チェック ソフトウェアを含む)を閉じてください


    さあ、始めましょう

    このソフトウェアを次の資格で使用します。

    体験版を開始

    30 日間無償ですべての機能をご利用いただけます。

    オペレーティング システム:

    ご使用のオペレーティング システムを選択してください。

    このソフトウェアはお使いのオペレーティング システムと互換性がない可能性がありますが、ダウンロードして別のマシンでインストールすることができます。

    言語を選択してください。

    お知らせです。

    オートデスクは、世界中の学生と教員向けのソフトウェアを提供しています。無償の教育機関限定ライセンスは教育目的でのみご利用いただけます。営利目的で使用するには、有償のサブスクリプション プランをご購入いただく必要があります。

    オートデスク製品の教育機関限定ライセンスの利用資格を確認する

    今すぐ SheerID を介してご利用資格の認証手続きを行ってください。

    個人用/趣味用 Fusion 360 のダウンロード

    愛好家/非商用ユーザー向けの Fusion 360 は、無償の機能限定版です。利用資格を満たす場合のみご利用いただけます。次の基本機能が含まれます。

    • 標準的な 2D/3D CAD ツール
    • 電子機器(機能限定):回路図シート 2 点、レイヤ 2 点、80 cm2 の基板領域
    • 製造(基本機能):2.5 軸加工、3 軸加工、旋盤、熱溶解積層造形(FFF)、ファブリケーション
    • ローカル レンダリングのみ
    • 最大 10 点のアクティブで編集可能な Fusion 360 ドキュメント、無制限の非アクティブなドキュメント
    • 単一ユーザーのデータ管理のみに対応
    • サポートはフォーラムのみ利用可能
    • 読み込み/書き出しは一部ファイル タイプのみが可能

    全機能へのアクセスをご希望の場合は、Fusion 360 の 30 日間無償体験版をまずはお試しください。

    電話番号の確認

    携帯電話に送信される確認コードを入力して、アカウントを認証してください。

    電話番号を入力してください

    確認方法を選択

    音声(通話) SMS(メッセージ)

    末尾 の電話番号に送信された確認コードを入力してください 再送信

    確認コードは 10 分間有効です 確認

    コードが正しくありません。もう一度お試しください。

    お仕事についてお聞かせください。

    注釈のあるものを除き、すべて必須入力項目です。

      お住まいの国を選択してください(必須)。

      居住国の情報は、所定の体験期間を提供するために使用されます。一部の国では、お客様の居住地に基づき、その国独自の体験期間が設定されています。
      reCAPTCHA で保護されています。また、Google の「プライバシー ポリシー」および「利用規約」が適用されます。

      ダウンロードを開始しています。

      これには時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。

      完了したら、コンピュータ上のファイルの場所に移動してください。

      体験版の試用を開始するには、インストールを実行します。


      機能

      VRED 2022 の新機能

      ビジュアライゼーションとバーチャル プロトタイプ作成ができるソフトウェア VRED® 2022 では、レンダリング、データ処理、ストリーミング機能が強化されました。

      • ビデオ:レンダリングの改善点として、新しいシェーダ モデル、GPU レイトレーシングの機能強化を追加

        レンダリングの改善点

        新しいシェーダ モデルと強化された GPU レイトレーシングで、優れた品質のレンダリングが実現します。(ビデオ: 1 分 32 秒 英語)

      • ビデオ:強化された UV エディタ、Alias の参照アセンブリのサポート、新しいテクスチャベースのライト ベイク処理

        データ処理の改善

        UV エディタが強化され、Alias の参照アセンブリに対応。さらに、テクスチャベースのライト ベイク処理の新機能が追加されました。(ビデオ:2 分 05 秒 英語)

      • ビデオ: VRED のユーザーインターフェイスで[背後のオブジェクトを選択]と 2 つのドロップダウン メニューで選択したオブジェクト ファイルを使用してレンダリングした自動車の内装

        ストリーミング機能を拡張

        UI が改善され、対応デバイスが追加されるなど、VRED のストリーミング機能が強化されました。(ビデオ:2 分 21 秒 英語)

      • ビデオ:リアルタイムの被写界深度でレンダリングにリアルさをプラス

        インタラクティブな被写界深度

        OpenGL と CPU のレイトレーシングやアニメーションで、被写界深度をリアルタイムに使用できるようになりました。(ビデオ:48 秒 英語)

      • ビデオ:スクリーン スペース アンビエント オクルージョンにオプションを追加

        スクリーン スペース アンビエント オクルージョン

        スクリーン スペース アンビエント オクルージョンで選択できるオプションが増えました。アーティファクトを最小限に抑え、品質を向上させることができます。(ビデオ:54 秒 英語)

      その他のリリース情報

      VRED 2021

      • UV エディタの改良点

        アップデートされた UV エディタ

        VRED 2021.1

        UV エディタが全機能にわたりアップデートされました。自動化機能が強化されたほか、さらに Maya に近い結果が得られます。(ビデオ:2 分 08 秒 英語)

      • GPU レイ トレーシングとノイズ除去の改善

        レンダリングの品質が向上

        VRED 2021.1

        サンプリングとレイトレーシングの新たなテクニックが導入されたほか、GPU レイトレーシングが強化され、さらに高品質なレンダリングが可能になりました。(ビデオ:1 分 01 秒 英語)

      • 新デザインの Web インターフェイスと Stream アプリ

        柔軟なコラボレーション

        VRED 2021.1

        VRED Stream アプリが強化され、容量やブラウザ オプション、接続性がさらに柔軟になりました。(ビデオ:49 秒 英語)

      • ビデオ:半透明のプラスチックや大理石のようなマテリアルのボリューム散乱を有効にして、物理的により正確な外観を表現

        サブサーフェス スキャタリング アルゴリズム

        ボリューム散乱アルゴリズムにより、マテリアルの外観や挙動をよりリアルに表現できます。 (ビデオ:48 秒 英語)

      • ビデオ:VRED Go ファイルを別のシステムで開いてシーンを確認

        VRED Go 書き出しファイル

        VRED Go ファイルを書き出して VR またはデスクトップで表示できます。VRED のインストールは不要です。 (ビデオ:1 分 05 秒 英語)

      • VRED で作成された、海岸の大きな灰色の岩の前に停めた青いスポーツ カーのプロトタイプ

        アダプティブ可変レート シェーディング

        フレームの領域ごとにシェーディング レートを変更することで、レンダリングのパフォーマンスと品質が向上します。

      • グラフィックス カードの GPU レイトレーシング

        CPU と GPU のレイトレーシングを簡単に切り替えることができ、非常に柔軟にハードウェアを選択できます。

      • VRED Stream とストリーミング アプリ

        レンダリング ウィンドウのコンテンツと UI コントロールを Web ブラウザ、デスクトップ、モバイル デバイスにストリーミングできます。

      VRED 2020

      • Cryptomatte のレンダー パス

        レンダーから一貫性のある ID マットを自動生成するうえで障害となる問題を効率的に解消します。

      • Python のコンストレイント

        シーン内でコンストレイントの作成、削除、検索が可能です。また、それらを変更して、ターゲットのウェイトを変更できます。

      • レイトレーシングでの丸みを帯びたエッジ

        シェーダ効果により、丸みを帯びたエッジになるように、エッジ付近にあるシェーディング法線を変更します。

      • VRS ファイル対応の表示

        視線トラッキングを有効にしたバーチャル リアリティの環境で、VRS ファイルを活用して、フォービエイテッド レンダリングやコンテンツのアダプティブ レンダリングを実行します。

      • SPEOS で生成された Ray ファイル

        高精度な照明シミュレーションにより、自動車の内装や外装をとてもリアルに可視化できます。

      • カメラ / バックプレートの調整

        パースマッチでカメラ ビューポイントを調整し、バックプレートのイメージをシーンに合わせます。

      • CATIA 座標系のインポート

        CATIAから追加の座標系をインポートし、非表示の座標で変換グループを作成します。

      • Substance Source のオンラインショップ

        Web ブラウザの小さなツールバーから直接 VRED にアクセスして、Substance マテリアルをダウンロードし、使用することができます。

      ${RESELLERNAME}に紹介されたお客様へ

      お客様の同意書

      私は、オートデスクが私の氏名、メール アドレスを ${RESELLERNAME} と共有し、${RESELLERNAME} が製品インストールに関するサポートを提供し、マーケティング情報を配信するためにこの情報を使用することに同意します。この情報は、${RESELLERNAME} のプライバシー ステートメントに従って取り扱われることを了承します。

      電子メール アドレスが必要です 入力された電子メール アドレスが無効です

      ${RESELLERNAME}