マデリン・ギャノンは、芸術とテクノロジーの交わるところで作品を生み出す、多専門的デザイナー。マシンとより優れたコミュニケーションを方法を発明する研究スタジオを率いており、デジタルなものづくりを探訪する最先端ツールのデザインと実装を行っています。デザインやロボティクス、人間とコンピューターの間のインタラクションをブレンドして、デジタルな創造性の先端を発明。カーネギーメロン大学でコンピュテーショナル デザインの博士号を取得中で、身体上や周辺のウェアラブルのデジタル デザインとファブリケーションのテクニックを開発しています。