Redshift について

ようこそ、Autodesk Redshiftへ。 (以前は Line//Shape//Space という名前でした)

Redshift (レッドシフト) とは天文学者が使う宇宙用語で、赤方偏移また赤色偏移と訳されます。物体が地球から遠ざかる際、観測対象からの光のスペクトルが長周波側 (可視光では赤い方) へシフトする現象が起こります。光の波長が引き延ばされた結果、赤く見えるのです。

面白いことに (そして怖ろしくもありますが) この宇宙は膨張を続けているため、銀河からのスペクトルはレッドシフトしているように見えます。そして Redshift の編集チームも、宇宙が拡張するのに従って、最先端の建築や建設、インフラや製造のテクノロジーとともに進化したいと考えています。我々は将来の世代のため、デザイナーやエンジニアがさらに優れた、持続可能な世界をデザインする一助になりたいと願っています。

オートデスクは 2013 年、建築やインフラ、建設、製造業の小規模ビジネスへインスピレーションと知識を提供し、アシストするため Line//Shape//Space をスタートさせました。

その後、あらゆるサイズのビジネスを対象とし、創造の未来を探訪する内容へと発展を続けました。製品やビルディング、都市が明日は、そして 100 年後には、どのように作り上げられるようになっているのでしょう。機械学習ジェネレーティブ デザインロボット工学のテクノロジーが進化することで、デザインの本質もシフトを続けています。デザイナーやエンジニア、ビルダーやメーカーは、もはや従来のデザインやエンジニアリングの範疇には収まりません。その世界も、レッドシフトしているのです。

未来は、どんな形をしているのでしょうか? それを Redshift の記事から想像してみましょう。ストーリーのアイデアや、ほかの読者とシェアする考えをお持ちでしたら、メッセージを送るか、記事にコメントをお寄せください。Facebook や Twitter、Google+ 経由でも、ぜひコネクトしてください。友人へシェアしたり、今後 Redshift のニュースレターを購読したりするには、アカウントの作成をお願いします。

Redshift はオートデスクがサポートしています。