ビジュアル エフェクト界のベテラン、ケヴィン・ベイリー氏が生み出す新たな世界とビジネス

ケヴィン・ベイリー氏は、19 歳でジョージ・ルーカスと仕事をするなど、ビジュアル エフェクト業界で素晴らしいスタートを切った。その後、Atomic Fiction を立ち上げ、映画「ザ・ウォーク」や Netflix のヒット シリーズ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」などに参加。そのキャリアで学んだことを反映させ、先ごろビジュアル エフェクトやアニメーション業界向けのクラウド レンダリング サービス、Conductor をスタートしている。その彼が語る、クリエイティブなバックグラウンドにより、優れた企業家となったストーリーを紹介。

 

関連記事

Success!

ご登録ありがとうございました

「創造の未来」のストーリーを紹介中!

日本版ニュースレターの配信登録