マインクラフト建築: 建築家がテレビゲームから学べること

by Kim O’Connell
- 2016年3月27日
マインクラフト建築 Climate Hope City
マインクラフト内に作られた"Climate Hope City" [提供: BlockWorks]

2009 年にゲームシーンへ登場以来、「マインクラフト」は世界で最も有名なテレビゲームとなった。それは、このゲームとその親会社を、2014 年にマイクロソフトが実に 25 億ドルで買収していることからも明白だ。

今日では、この世界を構築するプラットフォームが建築家やデザイナーからも注目を集めている。テレビゲームが、建築の教育や実践の方法を変えることはあるのだろうか?

このゲームをよく知らない人 (あるいは学齢の子供を持たない人) に説明しておくと、マインクラフトでは異なる素材を示すドットテイストの 3D 立方体を使って、家や都市、地下壕や仮想世界を作ることができる。この優雅ではない立体派の芸術家のプラットフォームで、飾りのないレゴセットのように見える、ピクセル化された景色を作ることが可能だ。マインクラフトでは、自由形式のファンタジーの世界に加えて、タージ・マハルやホワイトハウス、ブルジュ・ハリファなど、実在のあらゆる有名な建築物をユーザーが複製できる。

マインクラフト建築 blockworks climate
マインクラフト内のクリーンでサステイナブルな都市に都市生活の現代的なビジョンを作り上げるという「Guardian」誌の要求を受け、BlockWorks が既存のグリーンテクノロジーと達成可能なサステイナブルデザインのプロトタイプを使って制作したClimate Hope City [提供: BlockWorks]

デザイナー達はマインクラフト建築の現象に気付いていた。その一例となる BlockWorks はゲームやメディア、教育の範囲の様々なプロジェクトにマインクラフトを使う建築家、アニメーター、その他のデザイナーで構成された世界的なチームだ。現在はケンブリッジ大学の建築科の学生であるジェームス・デラニー氏の指揮のもと、2013 年に始まった BlockWorks には現在、14 歳から 44 歳まで、10 以上の国から計 41 名のデザイナーがいる。

「このチームは、オンラインでマインクラフトを、クリエイティブにゲームとしてプレイしていた 4 人から進化しました」と、デラニー氏。「より大規模に、そして細部まで作るようになり、マインクラフトにはシリアスなデザイン・ツールとしての潜在力があることが、すぐに明白になりました。ゲーム業界で働き始め、マインクラフトのプレイヤーに向けてゲーム マップやワールドを作り始めました。仕事を受け始めたので、この需要に応えられるようチームを拡張しました」。

マインクラフト建築 blockworks
Planet Minecraft の“産業革命”コンテストへの応募のため、BlockWorks チームがマインクラフト・ビルドの形で作業プロセスを紹介 [提供: BlockWorks]

デラニー氏と彼の仲間にとって、マインクラフトは実際にコンピューター支援によるデザイン・ツールだった。彼は、このプラットフォームには人々 (ユーザーとして幼稚園児も含めている) が建築を始めたくなる気軽さがあると信じている。それが、マインクラフトが移動して空間に住む、氏が言うところの「人間の視点」で動作するのに役立つ。

リアルタイムでのコラボレーションの強調とその能力も、重要な要素となっているとデラニー氏は言う。オンライン共有はミレニアム世代を証明するものであり、ビルディング インフォメーション モデリング (BIM) など現行の建築ツールを思い起こさせる。これはデザイナーやクライアント、エンドユーザーが、これまでよりずっと細かい部分までパフォーマンス情報を交換可能としている。

マインクラフト建築 faberge
Planet Minecraft の“水中の不思議の国”コンテストに向けて作られた、ファンタジーとスラブ建築様式をブレンドした Faberzhe Palace [提供: Rowan Van Tuijl and BlockWorks]

本質的には、マインクラフトは建築によって民主的かつ人民主義的なアプローチを奨励できる。これは BIG の主要創立者であるデンマークの建築家ビャルク・インゲルス氏が映画「Worldcraft」で力説していることで、この映画はニューヨークで毎年行われている「Future of StoryTelling」サミットで 2014 年に上映された。この映画の中では「1 億人以上の人がマインクラフトをやっていて、自分独自の世界を作り、プレイすることでそこに住まわせたりしている」と語られている。「このフィクションの世界が、ツールによって人々の環境を変容する力を与えています。これこそ、建築がそうであるべきものです」。

マインクラフトの共有文化は、ヘルシーでクリエイティブなコミュニティを維持する活力になっている、とデラニー氏は語る。「これが、我々がデジタル・ポートフォリオを重視している主要な理由のひとつです。このポートフォリオは、新たなクライアントを魅了する目的も果たしています」。

BlockWorks のポートフォリオには、王立英国建築家協会 (RIBA) と共同で建てられた、古典主義者のアンドレーア・パッラーディオ氏による著名なヴィラ・ロトンダの再現も含まれており、これはパラディオ風コンセプトの背景情報と他のパラディオ式建造物のフロアプランを伴うため、他のマインクラフトユーザーは同様の建築を試すことができる。

マインクラフト建築 brutalist
王立英国建築家協会とのコラボレーションで制作され、RIBA の展示にもなったマインクラフト・プロジェクト。より若い層をブルータリズム建築に誘うことを目的としていた。[提供: BlockWorks]

「The Guardian」紙が提供する別のプロジェクトは、既存のツールとテクノロジーを活用して可能な限りサステイナブルな都市環境を創造するよう依頼している。この“都市”は湾曲した有機的なもので、風車群とロンドンのセントポール大聖堂をベースにした構造となっており、そのクラシックなドームは植物のように成長する、過去と現在、未来が融合した「バイオドーム」となっている。

昨夏に行われた RIBA の「Day of Play」イベントで、BlockWorks は Brutalist ワークショップ&コンペを開催。これは若いプレイヤーが自分のラップトップを持ち込んで RIBA のマインクラフト・サーバーへ接続すると、そこで見取り図が割り当てられ、Brutalist に刺激されたビルを作るよう依頼される。約 120 名の若者が参加したが、年齢は 12 歳から 20 代半ばまでで、22 カ国の代表だった。

マインクラフト建築 neverland
ネバーランドをテーマにしたビルド [提供: BlockWorks]

マインクラフトは、どこでも教育的なツールだと考えられている。シカゴ建築財団は 7 歳から 15 歳の学生向けにマインクラフト・サマーキャンプを提供したし、ユタ州の課外教育センター Zaniac はマイクラ建築クラスを提供。MinecraftEdu は教室での使用と教師の融通性のためにデザインされた公式認可バージョンのゲーム。授業プランには、数学や歴史から芸術、コーディング、そしてもちろん建築まで含まれている。

「現在の建築家達はレゴで遊んで育ちましたが、次世代はマインクラフトで遊んだ人たちに違いありません」と、デラニー氏。「もうゲームだと考えるのは止めなくてはいけません。CAD ツールであり、世界で最も幅広く使われています。デザインと現実の間をつなぐのを楽しみにしています」。

関連記事

Success!

ご登録ありがとうございました

「創造の未来」のストーリーを紹介中!

日本版ニュースレターの配信登録