未来の交通: 2050 年までに交通手段はどう変化するのか?

BY BONNIE CHA

2050 年までに世界人口の約 70% が都市部に集中すると予測されており、今後 30 年間で交通手段のニーズは劇的に変化するだろう。今後の交差点の姿と交通手段のあり方を大幅に変化させるであろう、7 つの交通テクノロジーを紹介しよう。

自動運転車用の駐車場

カーシェアリング サービスや自動運転車が広く採用されると、街中心部の大型駐車場の必要性は減少するだろう。自動運転車は、個人用でもシェアリングでも、目的地で乗客を降ろした後は離れた場所にある駐車場に自動駐車できるため、一等地には、より多くの公園や公共の場を設けることができる。

ドローンによる配達

Amazon、UPS、Google などの事業体は、既にドローンを配送に使う試験をスタートさせている。その用途は、ギリギリで注文されたクリスマス プレゼントだけではない。企業各社は、ワクチンや他の医療品の輸送など、人道支援活動向けにもドローンの検証を行っている。

無数のセンサー

アナリストは、2020 年までにつながる「モノ」の数は 210 億個になると予測している。車両や建造物、交通信号、道路に埋め込まれたセンサーは、リアルタイム データを提供して交通の流れを向上し、使用パターンを監視することができる。事故を防止し、命を救うことも可能だ。

充電スタンド

交通手段の変化による進展には、化石燃料への依存度の低下もある。気候変動の原因である温室効果ガスの 14% が交通手段に由来するものであり、都市部の空気汚染の 90% はエンジンを搭載した車両により生み出されている。アメリカ合衆国国家資源防衛審議会と電力研究所の研究によると、電気自動車の使用が拡大すれば、2050 年には炭素汚染を年間 5 億 5,000 万 t 削減可能。これは、現在の自動車 1 億台分の排出量に相当する。

ラストワンマイル ステーション

軽量の電動車両のネットワークは、短距離移動に新たな選択肢を提供するかもしれない。企業各社は、現行のバイクシェア プログラムの先を行く、公共交通機関の駅から最終目的地までの短い距離、すなわち「ラストワンマイル」をカバーする移動手段の新方法を生み出している。例えば VeloMetro は、ユーザーを悪天候から守り、操作に運転免許を必要としない非露出型電動車両を開発している。

自動補修する道路

ケンブリッジ大学、バース大学、カーディフ大学の研究者は、道路に応用可能な「自己回復」する材料を実験中だ。この材料が、路面の穴を過去のものにすることができるかもしれない。その一方で、 Scania や Solar Roadways といった企業は、エネルギーを生成して送電網に供給したり、電気車両を充電したりするソーラーパネル道路をテスト中だ。

オンデマンドの公共交通機関

公共交通機関は、固定路線と時刻表を超越して進化するようになるだろう。つながるデバイスとビッグデータにより、その時々のユーザーの需要に応じて電車やバス、フェリーなどの適切な便数を随時調整できるようになる。オーストラリアのニュー サウス ウェールズ州は、そうしたシステムの実験を年内に行う予定であり、また東京大学はユーザーがスマートフォンを使用して呼び出すことができるオンデマンド バスを開発している。こうしたソリューションは運用効率を向上でき、長い待ち時間や満員電車など、通勤通学者の悩みの種を緩和することができる。

Images and Animations Courtesy Max Erhlich.

2050 年の交通の姿は?

メガシティの未来について

長距離旅行の未来について