UNHCR のサイト アーキテクトがテクノロジーを活用してバングラデシュのロヒンギャ難民を救済

by Redshift Video
- 2018年10月11日

ロヒンギャ難民がバングラデシュへ大量に流入する中、より安全なシェルターを迅速に提供すべく、UNHCR (国連難民高等弁務官事務所) が懸命な努力を続けている。このビデオではサイト アーキテクトのフォービー・グッドウィン氏が、提供された土地をテクノロジーにより最大限に活用する様子を紹介。うねりの強い土地のナビゲーションから絶滅危惧種に指定されたゾウの移動経路まで、グッドウィン氏が直面するチャレンジは多岐にわたる。そうした問題全てへの対処にソフトウェアが活用されている。

関連記事

Success!

ご登録ありがとうございました

「創造の未来」のストーリーを紹介中!

日本版ニュースレターの配信登録