2017 年に「Redshift 日本版」へ掲載された計 150 本以上のストーリーから、アクセス数トップ 10 をリストアップ。

ジェネレーティブ デザインや VR/AR、BIM など最新のテクノロジーによるものづくりから、サステナビリティやコネクトされた建造物など、地球への負担を減らしつつ最良の成果を得られる方法の考察まで。「創造の未来」のストーリーが支持を得る一方で、フランク・ロイド・ライトの記事もリスト入りし、イノベーティブなデザインは決してその価値を失わないことを体現している。

1. スターバックス コーヒー ジャパンが BIM と VR で追求する新たな体験

サードプレイスの先駆者的存在として、心地よい体験を提供し続けてきた スターバックス は、BIM の導入、 VR の活用など最先端の取り組みにより、その体験をさらに向上させている。

2. 「モアナと伝説の海」が起こすアニメ業界の次なる波

ディズニーがアニメーション界に残された最後の未開拓分野である、非常にリアルな水の表現を実現した方法とは。

3. 建築家 藤本壮介氏の考える「創造の未来」

次世代を担う日本の建築家の中でも、今もっとも注目を集める藤本壮介氏が Autodesk University 2017 で語った、建築の世界における「創造の未来」とは。

4. リスペクト: フランク・ロイド・ライトのデザインが時代を超える 3 つの理由

フランク・ロイド・ライトのアイコニックなデザインは広く知られているが、前進的、サステナブル、モダンという過激なデザイン思想こそが、真の遺産として生き続ける。

5. スター建築家の時代から、ドリームチームによる実践の時代へ

スター建築家、孤高の天才が建築を生み出す時代から、コラボレーションの時代へ。プリツカー賞を受賞したRCRアーキテクツにチームに見る、グローバル化と新技術が推し進めるコラボレーションと、建築教育と実践の変化。

6. 1964 TOKYO VR: フォトグラメトリーで実現するタイムマシン

東京オリンピックが開催された 1964 年当時の東京の町並みを、写真から再構築。最新のテクノロジーを活用して、VR 体験を実現するプロジェクトに込められた想いとは。

7. 建設現場での AR 活用で壁の向こう側を透視

X 線透視のように機能するヘルメットで BIM モデルを活用。建設現場での AR という未来の環境が、すぐそこまでやってきている。

8. 慶應アルファ: ハイパーループ構想を学生チームが加速

アジア各国からの留学生によるチーム慶應アルファが、ハイパーループ構想の実現に向けたコンペティションにチャレンジ。独自の磁気浮上システムを採用して、ファイナルへと進出。

9. ヘルスケア分野における VR で受け入れる医療の現実

世界的な高齢化が進む中、OhmniLabs などのヘルスケア ロボットが、高齢者を必要とするサポートや安全性とコネクトする。

10. ORBITREC: ジェネレーティブ デザインの 3D 金属プリントで実現する IoT ロードバイク

ジェネレーティブ デザインを活用したパーツを 3D 金属プリントすることでマスカスタマイゼーションを実現。イノベーション アワードに輝く IoT ロードバイクのデザイン。

関連記事