Splash がアジアとアフリカで浄水と衛生の環境を向上させている方法

浄水 衛生
Splash は中国の孤児院へ飲用と手洗いに安全な水を提供するというミッションを掲げ、現在は毎日ほぼ 10 万人の子供たちへ提供を行なっている [提供: Splash.org.]

3 月 22 日は、現在と未来における水の安全性と希少性の危機を考える、「世界水の日」に制定されている。国連による「持続可能な開発のための 2030 アジェンダ採択」では、「すべての人々に水と衛生へのアクセスと持続可能な管理を確保する」ことが目標のひとつになっている。この達成には、各国の政府や企業、非営利団体や個人による協力が必要不可欠だ。

Splash は、アジアとアフリカの子供たちのため、安全な水と衛生 (WASH: Water, Sanitation, and Hygiene) のソリューション開発を目標に活動する組織のひとつ。その設立者で事務局長を務めるエリック・ストー氏は、2030 年までに全ての人へ安全な水と衛生を提供することの最大の障害は、WASH ソリューションへ政府から得られる協力の規模だと感じている。だが、水関連の組織と政府、公共団体の間でコラボレーションと情報共有の意欲が高まり、そのテクノロジーが利用できる点に希望を見出している。

「2030 年までには、その部門に大規模な浄水ソリューションのコストや長期的な運用、維持方法に関する基準ができる筈です」と、ストー氏。「このところの、組織間でコラボレーションと情報共有を行うための、従来は不可能だった方法による能力の向上には目をみはるものがあります」

water sanitation and hygiene Eric Stowe Splash
エチオピアの学校の前で話す Splash の設立者、事務局長のエリック・ストー氏 [提供: Splash]

ストー氏が Splash を始めた 10 年前、当初の目標は中国の全ての孤児院に浄水を提供することだった。その当時はかなり大胆な目標にも思えたが、Splash はそれを 2017 年末に達成し、32 省 1,100 孤児院の、ほぼ 10 万人に安全な浄水を提供している。

現在、Splash は中国で学んだ拡大戦略によってリーチを拡大し、ネパールのカトマンズやエチオペアのアディスアベバ、インドのコルカタ、バングラデシュのダッカの各都市の学校で WASH プロジェクトを展開。8 カ国で 40 万人以上の子供への提供が行われており、2023 年までに毎日 100 万人以上に到達するという計画を順調に進めている。

ストー氏は、発展途上国のツアー客向けのホテルやレストランへ浄水が提供されれば、その地域の公共団体やビジネスが正しく介入することで、都市部で増加する貧困層に対しても同じようになると考えている。また Splash は地域のサプライチェーンやパートナーシップ、デザインによるソリューションを活用して、WASH の介入を、より低コストかつイノベーティブで自立したものとしている。

中国の孤児院へ浄水器を導入するため、ストー氏は世界のマクドナルド レストランへ濾過システムを提供する Antunes グループへアプローチした。両チームは、そのシステムを適用し、メンテナンスやカートリッジ交換が少なく機能するよう、10 バージョン以上もの VZN 超濾過システムの開発と設計、製造を共同で行った。

「そこに恐ろしく濁った、本当に汚れた水を入れていました」と、ストー氏。「コストを下げるため、ステンレスの使用を半分にして、ボリュームを増やし、プラスチックを 30% 減らす、といったことを行いました」。この Antunes VZN システムは、現在では同社の濾過製品の中でも、最も人気のある製品になっている。

Splash は「水飲み」と「手洗い場」の両ステーションのデザインを、サステナビリティを重視して継続的に改良している。2015 年に発表されたユニセフのレポートによると、WASH プロジェクトの 30 – 50% は 5 年未満で失敗している。「デザインを考慮していなかったので、世界中に WASH プロジェクトの墓場があります」と、ストー氏。「ユーザービリティや子供の数、その地域特有の自然災害や破壊行為などに対する耐久性などは、考えられていませんでした」。

water sanitation and hygiene filtration system
Splash は商用部品製造業者とのコラボレーションにより、VZN 超濾過システムのデザインを行なった。写真はエチオペアのアディスアベバ [提供: Gavin Gough.

そうした要求に対応できるよう、Splash のステーションは耐久性が高く、構成を変更可能な上に破壊されづらく、子供にも扱いやすくてカラフルだ。地方公共団体にとって魅力的なのは、低価格で修理や掃除も簡単な上、目詰まりもしにくい。

「ソフトウェア面での介入も、非常に重要です」と、ストー氏は語る。「それを環境の実現と呼んでいます」。飲料水を由来とする病気を抑止するには、人間の振る舞いが重要だ。Splash が都市部の学童をターゲットとしているのは、飲料水を由来とする病気にかかる率が高いだけでなく、より柔軟であるため、自ら学校で身につけた衛生習慣によって、その家庭で家族に影響を与えることができるからだ。「子供たちには、例えば手洗いなどによって、両親の考えや行動を変える大きな力を持っています」。

Splash のステーションは手洗いを促進するよう、ユニセフのガイドラインに沿って、子供たちが対面するようにアングルも付けられている。また、社会に影響を与えられるような衛生クラブ、規則を覚えるための曲、ステーションの戦略的な配置や、そこへ向かう足跡のペイント、派手なカラーとロゴなど、Splash は子供の行動に影響を与えるための、あらゆる手段を講じている。

「最大の目標は、ステーションに引き寄せられるような軌道を作ることです」と、ストー氏。「子供たちを十分に近づけることができれば、手を洗うのです。あらゆることを試しましたが、彼らを近づけるのに最も効果的だったことのひとつが、鏡を置くことです。子供たちは、見た目に敏感なんです! ステーションに鏡を付けると、手を洗うことも増えるのがわかりました」。

2017 年 10 月、Splash は水飲みや手洗い場をさらに洗練させるため、オートデスク基金 (Autodesk Foundation) のパートナーとなる。

Splash はプロトタイピングや製造を全て地元で行うため、アディティブ マニュファクチャリングによるラピッド プロトタイピングのメリットを享受していない。オートデスクとのコラボレーションは、ファイバーグラス製のプロトタイプと木製の鋳型を手作りすることに対する、ストー氏の欲求不満から始まった。Splash は、長期的にはプラスチックをステーション用のプラスチック素材としてリサイクルし、捨てられた水筒のプラスチックを水飲みや手洗い場という形で学校へ戻すことを考えている。

Splash は、Autodesk AutoCADCivil 3D を活用するサードパーティのエンジニアとともに、各都市が学校における WASH ソリューションを地方公共団体が引き継いで拡大できることを示すという最終的な方向性に向かって、大きな進歩を記すことができる。AutoCAD で作業することで Splash のステーションを最適化して、水が有効利用され、幅広い学校でプラグ&プレイで使えるプレハブ ユニットになるよう、そのデザインを磨くことができるのだ。

water sanitation and hygiene hand washing stations
子供たちを飲料水を由来とする病気から守るため、インドの 140 以上の学校で Splash のステーションが使われている [提供: Gavin Gough]

「都市全体を見るには、我々の活動を Civil 3D を使って上下水道の当局や建設局、教育局と共有して、WASH が何を提供するかを公共団体に示すことができます」と、ストー氏。そして、これは公共団体へ「私たちがデザインしたので、これを作ってください」と提唱する方法になると、氏は述べている。

TedxSeattle talk で、ストー氏はチャリティを止め方を規定した。Splash は、参入する全ての地域で出口戦略を持っており、Splash が定めた WASH ソリューションは、地方公共団体が受け継いで拡大可能だと証明されている。例えばカトマンズで Splash がインストールした濾過システムは学校が必要とするより多くの浄水を提供するため、学校はそれを市場レートよりも安く売ることができ、それによってメンテナンスや運用の費用をまかなうことができる。

「意図すべきなのは、組織でなくソリューションの拡大です」と、ストー氏。「2 年以内に中国を退出できると考えています。中国政府は、それを永遠に引き継ぐことができます。エコシステムを作り上げたので、それは実現可能で、かつ低価格です。そのことに、とても興奮しています」。

関連記事