読者がビルやインフラ、製造業のデザイナーやエンジニアであれば ジェネレーティブ デザイン という言葉を耳にしているだろう。それに興奮を覚えた方も、懐疑的な方もいるはずだ。

ジェネレーティブ デザインなど初耳だという人もいるだろう。これが創造の未来へとつながるものなのだろうか? それとも人工知能 (AI) が政権を奪取して人間性の絶対君主になるのだろうか。

ここで、読者が人工知能アルゴリズムや無限のクラウドコンピューティング パワー、ジェネレーティブ デザイン ツール (たとえば Autodesk WithinDreamcatcher など) を活用してコンピューターとコラボレーションを行い、自分だけでは実現が困難な、何百というデザインのオプションを作り出すことを想像してみて欲しい。

それによって、より大きな問題を解決できたり、ソリューションをもっと素早く反復できるのだとしたら? 世界が進化し、より複雑になるにつれてエンジニアやデザイナーの仕事も進化する。そして、より強くて優れており、より効率的なものを作るために、あらゆる援助を必要とするだろう。

そうした援助は既に存在している。ジェネレーティブ デザインとは何であり、どのように実現するのか、そしてそれが革新的である理由を以下で確認しよう。

ジェネレーティブ デザインとは

関連記事

Success!

ご登録ありがとうございました

「創造の未来」のストーリーを紹介中!

日本版ニュースレターの配信登録