リアリティ キャプチャとは?

by Kylee Swenson
- 2017年10月10日
グレン キャニオン ダム メッシュ
グレン キャニオン ダムの最終的なメッシュ [提供: Autodesk/BOR]

建設業者や建築家、エンジニアのために現況をキャプチャする伝統的な手段は、何世紀も変わっていない。測量には水準器や巻き尺、水平角と垂直角を計測するセオドライト、大量の複雑な計算が伴うものであり、測点ごとのデータ収集は退屈で時間のかかるプロセスとなる。その結果として得られる書類が、不完全で不正確なことも多い。

なぜこれが問題なのか? 世界各地で老朽化し、崩落の危険にある公共建築やインフラが増え続けている。その多くは CAD の登場以前に建設されたもので、伝統的な測量手法が用いられているため、紙に描かれた古い設計図を現況と照らし合わせて修復や復元を進めるのは困難だ。

今日の建設業者は、対象物や建造物、現場をスキャンしてそのデジタル モデルを生成するプロセスであるリアリティ キャプチャによって、現場データを素早く、より正確にキャプチャして、データをデジタル デザイン プロセスへダイレクトにコネクトできる。その結果、ビル改築でもインフラのプロジェクトでも、現場全体にマッピングされた無数のデータ ポイントに基づいた、包括的な 3D モデルが得られるようになった。また多くの場合、地下で機能するシステムの様子も確認できる。

ここではリアリティ キャプチャのツールとテクニック、そしてグレン キャニオン ダムを例に、世界各地のインフラの老朽化への対処に、このテクノロジーをどの使用できるかについて紹介しよう。

リアリティ キャプチャとは

Images courtesy Autodesk/BOR.

関連記事