Asset 12 Asset 10 Asset 15 Asset 15 - - - - autodesk_icon_font_04_06_16_kl Asset 11 autodesk_icon_font_04_06_16_kl autodesk_icon_font_1_18_17_start_over-01

Keyboard ALT + g to toggle grid overlay

コンサルティング サービス

新しいビジネスプロセスやテクノロジーの効率的な導入を支援

オートデスク コンサルティング概要

オートデスクではお客様における新しいビジネスプロセスやテクノロジの効率的な導入を支援するために、各種のサービスプログラムを提供しています。

システムのセットアップ、ソフトウェアのの使用方法に関するトレーニング、ライセンス管理ソフトウェアの導入支援などコンサルティングについてご案内いたします。お客様はオートデスクとそのパートナーによる豊富なサービスを選択することが可能です。また、オートデスク デベロッパ ネットワーク (Autodesk Developer Network あるいは ADN) に加入登録されている各社においては、アプリケーションソフトウェアの開発販売や受託開発サービスも提供しています。

コンサルティングメニュー概要

機械製造、建築、土木、測量、インフラストラクチャーなど各業種向けにコンサルティングをご提供いたします。 オートデスクはお客様のビジネスの成功のため、オートデスクの各ソリューション製品をご活用いただきたいと願っています。 お客様がビジネスの目的のために何を必要としているのか、システムと業務をどのように関連付けていくのか、効率的なインプリメンテーションや運用フローはどのようにするべきなのか。 お客様のプロジェクトの各フェーズを支援するための各種コンサルティングを準備しております。

導入支援

オートデスクの製品を使用してお客様のビジネスを成功に導くにあたり、計画と効果の算出、インプリメンテーション、フローやドキュメントの設定など、お客様におけるシステムの導入プロセスや各フェーズを支援するコンサルティングをご提供します。

生産性向上支援

お客様の生産性向上のため、社内標準化マニュアルの作成やトレーニングプログラムやガイドラインを組み立てることは重要です。 現状の業務や作業プロセスを見直し、目標や効果の試算など生産性向上計画を支援するコンサルティングをご提供します。

システム マイグレーション支援

システム変更やソフトウェアのアップグレードを成功させることは非常に重要な課題です。ユーザー数やシステムの規模が大きい場合には計画的に進めることが必須となります。お客様のシステム移行を、既存データの移行や変換なども十分に考慮したうえで、問題を予測し、スムースな計画遂行を支援するコンサルティングをご提供します。

カスタマイゼーション支援

お客様のシステム開発にあたり、コンセプトや実現手法の策定、オートデスク製品のプログラミング知識、アプリケーション開発パートナーによる支援など重要なパートがいくつかあります。お客様の効率化とそのシステム化のために、システム設計や開発を支援するコンサルティングを提供します。

 

カスタムコンサルティング

上記のカテゴリのほか、お客様のニーズによりコンサルティングメニューを組み立てることが可能です。

 

カスタムコンサルティング 例

Autodesk Inventor を機械製造業における 3 次元設計に使用するにあたり、各フェーズのインプリメンテーションを支援するためのコンサルティングメニューの例です。

チーム設計とデータ管理

部門やプロジェクトで CAD を導入し、目標設定、コンセンサス、そして効果を出すためにチーム設計とデータ管理についてコンサルティングを行います。
お客様専用のプランの策定や、運用マニュアル作成、実業務に適したシナリオによるベンチマークテストの実施について指導・アドバイスいたします。

設計手法の構築

特に 3 次元 CAD を導入する場合は、対象製品や目的により現状の設計手法の見直しと再構築が必須となります。また、CAD システムの機能や実現手法を考察し、最終のモデリングやアセンブリだけではなく、もっとも効率的な手続きについて知り、また、最も困難な箇所においては対応策や回避策を決めておく必要もあります。
また、これらの手法は設計者個々のものでなく標準化され、均一な手法と品質でデータベース化するルールも必要となります。お客様の業務や設計製品を理解し、設計手法の提案から運用マニュアル作成について指導・アドバイスいたします。

設計手法の構築と CAE

3 次元 CAD の導入とともに CAE を活用した品質改善や設計短縮など効果を狙います。新しい設計手法の中では、設計者が CAE を活用できるようになることがキーポイントと考えています。もちろん経験豊富な CAE 技術者との連携もスムースでなければなりません。このオプションでは設計者のための CAE を考えコンサルティングを行います。