GIS、CAD、ドローン、UAV のためのマップ

3D 作図ソフトウェア / 3D マッピング ソフトウェア

オートデスクの 3D マップ作成ソフトウェアと 3D マッピング ツールを使用すると、プロジェクトを簡単に作成、解析、視覚化、共有できます。

画像提供:lorem ipsum

3D マッピング技術とは

3D マッピング技術は、マシン ビジョンを使用してオブジェクトを 3 次元でプロファイリングし、実世界にマッピングします。視覚化と情報取得の最新の技術的手法を提供します。3D マッピングでは、実世界にオブジェクトをマッピングするために、3 次元でのオブジェクトのプロファイリングが必要となります。また、アクティブ方式の 3D イメージング技術やその他のプレノプティック手法を使用して光照射野を検出することにより、3D エフェクトを作成することもできます。

3D マッピングの種類

3D マッピングにはさまざまな種類がありますが、オートデスクが特に力を入れているのは、3D プロジェクション マッピング、GIS マッピング、ドローン マッピングです。

画像提供: Andrei Visuals

3D プロジェクション マッピング

3D プロジェクション マッピングでは、従来のスクリーンを使用する代わりに、物理的な空間や物体を映像投影の対象サーフェスとして使用できます。このプロセスは「ビデオ マッピング」とも呼ばれ、視覚的に驚きを与える効果をもたらします。3D プロジェクション マッピングでは、4 つの要素(コンテンツ、投影ハードウェア、サーフェス、マッピング)を組み合わせて使用して、ビジュアル エクスペリエンスを作り出します。

詳細はこちら

GIS マッピング

GIS マッピングは、データ レイヤを GIS ソフトウェアに入力してマップを生成するプロセスで、生データだけでは表現できない見やすい情報をユーザーに提供します。GIS マッピングはデータをビジュアル マップに変換し、最も効率的な方法で地理データを表示できるようにします。

ドローン マッピング

ドローン マッピングは、複数の航空画像を取得し、専用のソフトウェアでそれらをデジタル データとして結合し、より大きく正確な合成画像を作成するプロセスです。ドローン マッピングの手法は写真測量と呼ばれ、地形図、建築、エンジニアリング、製造、品質管理などの分野で使用されます。

詳細はこちら

オートデスクと Esri のコラボレーション

オートデスクと Esri の新しいコラボレーションは、GIS と BIM / CIM をプロジェクトの中心に置き、優れた意思決定、設計の最適化、プロジェクト承認の迅速化、コストの削減、よりスマートな都市、回復力のあるインフラの推進を目指します。

GIS と BIM の連携により、これからの建設計画、設計、建築は変革されます。

3D マッピング ソフトウェア

Comparar
詳細はこちら

CAD マッピング ソフトウェアの使用事例

  • ANDREI VISUALS

    3D プロジェクション マッピング市場に光を当てる AutoCAD

    Andrei Visuals は、AutoCAD の 3D モデリング機能を使用して、インタラクティブなメディア イベントのために印象的な 3D アートワークとプロジェクション マッピングを作成しています。

  • 米国水利再生利用局

    重要なインフラの保護に役立つ 3D モデル

    米国政府機関は、リアリティ キャプチャと 3D モデリングを使用して、次世代のためにグレン キャニオン ダムを管理、保護しています。

  • THOMAS AND HUTTON

    建築設計の未来を推進する土地/敷地開発

    エンジニアリング企業である Thomas & Hutton は、現場計画、土木設計、景観建築サービスで、エネルギー効率を考慮した基盤づくりを行っています。

Map 3D ツールセットのメリット

AutoCAD のサブスクリプションでは、業種別ツールセット Map 3D を利用できます。AutoCAD Map 3D ツールセットの生産性検証レポートをダウンロードして、地図設計の一般的なタスクで作業時間を短縮する方法をご覧ください。

3D マッピングのリソース

チュートリアル、ガイド、ヒントを活用して 3D 作図をマスターし、コミュニティの他のユーザーから役立つ情報を得ることができます。

  • AutoCAD Map 3D 2021 ツールセット リリースで行われた変更の概要。

  • 一連のチュートリアルには、AutoCAD Map 3D ツールセットのさまざまな機能や使い方が学べる製品の概要と実践的な演習が用意されています。

  • リアリティ キャプチャとは、物体や構造物からデータを集めて、そのアウトラインをインフォグラフィックとして表示する方法であり、重要なインフラを保護するのに役立ちます。

  • オートデスクのインフラ設計ソフトウェアは、プロジェクト対象地域の地形フィーチャの特定やマッピングを簡略化します。

  • フランスでリアリティ キャプチャを手がけるこの企業は、原子力施設やその他の危険な環境など、ヨーロッパの最も課題の多い場所の一部を調査しています。

  • ツールや無料リソース、チュートリアルを利用して、すぐに写真測量を開始できます。

3D マッピングに関するよくある質問(FAQ)

3D マッピングとオートデスク ソフトウェアに関して最もよく寄せられる質問を以下にまとめて掲載します。

3D マッピングを使用すると、オブジェクトを 3 次元でプロファイリングでき、ビジュアライゼーションと情報取得の最新の技術的手法を利用できます。3D マップでは現場の実状況に近いビューを得られるため、地方自治体やプランナーなどが活用できます。建設分野では、3D マップは青焼き図面と同じように役立ちます。3D マップ上でフロア プランを簡単に視覚化し、建設中に発生する可能性のある障壁を特定できます。

はい。オートデスクの 3D マッピング ソフトウェア スイートには、AutoCADAEC CollectionInventorRevitRecap が含まれています。3D マッピングは広告やアート作品によく利用され、建物やステージなど、従来は静的と捉えられていた物体に立体感、動き、奥行きを与えることができます。

オートデスクの AutoCAD Map 3D チュートリアルでは、製品の概要のほか、ソフトウェアのさまざまな側面やツールについて知ることができる実践的な演習を提供しています。チュートリアルの一部では、AutoCAD Map 3D ツールセットの詳細、マップ ファイルの作成、座標系の割り当て、データへの接続などについて学習できます。

オートデスクは、学生と教育者向けに 3D マッピング ソフトウェアを無償で提供しています。世界のトップ レベルのプロフェッショナルが使用しているのと同じ 3D マッピング ソフトウェア、ビデオマッピング ソフトウェアを使用できます。利用資格を確認し、ソフトウェアをダウンロードすれば、利用を開始できます。詳細はこちら

はい。ドローンとドローン マッピング ソフトウェアは、プロジェクト現場の貴重なデータをより正確かつ安全にキャプチャするために、建設中に使用されます。ドローン測量ソフトウェアでは、航空写真の 3D マッピングのデータを効果的かつ包括的に利用することができます。詳細はこちら (英語)

${RESELLERNAME}に紹介されたお客様へ

お客様の同意書

私は、オートデスクが私の氏名、メール アドレスを ${RESELLERNAME} と共有し、${RESELLERNAME} が製品インストールに関するサポートを提供し、マーケティング情報を配信するためにこの情報を使用することに同意します。この情報は、${RESELLERNAME} のプライバシー ステートメントに従って取り扱われることを了承します。

電子メール アドレスが必要です 入力された電子メール アドレスが無効です

${RESELLERNAME}